What's New

特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」が開幕しました
2022年12月17日
DSCN7511.JPG

 本日12月17日(土)、特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」が開幕しました。

 地面の下のことは、人々には意外に知られていません。この特別展では、地面の下のことをどのように調べるのか、そして地面の下は、どのようになっているのか、私たちがうかがい知る事の出来る範囲ではありますが、ご紹介します。地層の重なる様子が見られる地質試料「ボーリングコア」や、クジラや植物の化石、鉱物など、様々な標本を展示します。

 会期中は講演会、ギャラリートーク、子どもワークショップなど、様々な関連イベントを実施します。詳しくは特別展HPをご覧ください。

http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2022underground/index.html


 皆さまのご来館をお待ちしております。




■会 期
令和4年12月17日(土)~令和5年2月26日(日)

■開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)

■休館日
月曜日(ただし1月9日は開館)、1月10日(火)、年末年始(12月28日~1月4日)

■会 場
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)

■観覧料
大人500円、高校生・大学生 300円
期間内特別展フリーパス 大人1000円、高大生600円
※本館(常設展)とのセット券は、大人700円、高大生400円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要です(セット券を除く)。

■後 援
大阪府教育委員会、大阪市教育委員会

【12/14まで募集期間延長】<ご招待>特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」の情報発信にご協力をいただける方をご招待します
2022年12月10日

 特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」の情報発信にご協力をいただける方のご招待(ブロガー招待)について、募集締切日を延長しましたのでご案内いたします。

以下、募集概要です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS」では、広報に協力していただける方20名を、開幕前日のプレス内覧会(12月16日)、または12月17日(土)〜12月27日(火)の間のご希望の1日に無料でご招待します。
 参加には申込みが必要です。以下をご確認の上、お申込みください。締切は12月9日(金)必着です。 →【延長】12月14日(水)必着です。


【ブロガーの皆様のご招待について】


●ご招待期間
・令和4年12月16日(金) プレス内覧会 午後1時~4時30分
・令和4年12月17日(土)〜12月27日(火)
 午前9時30分~午後4時30分(入場は随時、最終入館は午後4時まで)
上記のうち、いずれかご希望の1日

●定員
20名

●会場
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター 2階)

●応募いただける方
以下の2つの条件を両方とも満たす方
①ご自身でブログを開設されていること
または
SNSアカウントを公開設定にしており、フォロワー数が500名以上の方
②ご自身のブログまたはSNSに特別展の紹介記事を必ずお書きいただけること。特にSNSは展示の内容が伝わるような複数の投稿をお願いします。

●申込締切
令和4年12月9日(金)必着 →【延長】令和4年12月14日(水)必着

●申込方法
電子メールにて、以下をご記入いただき、自然史博物館 総務課宛(s-nyukansha@ocm.osaka)に令和4年12月9日(金) →【延長】令和4年12月14日(水) までに届くようにお申込みください。
・件名:「特別展ブロガー招待申込み」
①名前
②居住地の都道府県名
③電子メールアドレス
④ブログの方:ブログのURL・ブログのタイトル
④SNSの方:SNSアカウント名・SNSアドレス

●その他
・当日参加はできません。必ず申込みをしてください。
・当選者のご来場は1回限りとさせていただきます。
・当選された場合、掲載いただいたブログ記事をブロガー招待担当者(s-nyukansha@ocm.osaka) までお知らせください。展覧会がブログに掲載された事を博物館HPにてご紹介させていただく場合がございます。
・抽選のうえ、令和4年12月11日(日)までに結果を申込者全員に電子メールにて返信いたします。当選者のみ参加方法等の詳細をあわせてお知らせいたします。

 
【変更】
12月9日(金)までにお申込みの方は12月10日(土)、申込者全員に参加方法等の詳細をお知らせいたします。
12月10日(土)以降にお申込みの方は12月15日(木)に、結果を申込者全員に電子メールにて返信いたします。抽選の場合は、当選者のみ参加方法等の詳細をあわせてお知らせいたします。


【本件に関する問い合わせ・申込先】
大阪市立自然史博物館・総務課
電話:06-6697-6221
メール:s-nyukansha@ocm.osaka
  
特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」については、こちらをご覧ください。
http://www.omnh.net/whatsnew/2022/10/post_527.html

【イベント告知】特別展普及講演会「都市地盤としての大阪平野の地下をみる」
2022年12月10日

 12月18日(日)、当館講堂にて特別展普及講演会「都市地盤としての大阪平野の地下をみる」を開催します。

 日本の大都市である大阪は、淀川のデルタ地帯に発展してきました。大阪平野の地下には第四紀に堆積した未固結の地層が厚く分布します。これらの地層は都市の建造物を支えるだけでなく、貴重な水資源を蓄えています。今回の講演では、大阪平野地下に分布する第四紀層の調査手法、関連資料の蓄積、都市を支える地盤としての特性、災害・環境とのかかわりなどについて紹介します。

博物館講堂での聴講の申込みが定員に達しなかったため、当日の受付も行います。(ただし当日参加の方は先着順となります。受付開始は午後1時から)


●日時
12月18日(日) 午後2~4時(受付開始:午後1時)
●場所
自然史博物館 講堂(YouTubeでの配信も行います)
●講師
三田村宗樹 氏(大阪公立大学 大学院理学研究科 都市科学・防災研究センター 教授)
●定員
講堂での聴講:170名
●対象
講堂での聴講:どなたでも参加できます(小学生以下は保護者同伴)
ネット配信:インターネットに接続することができる方
●参加費
無料(博物館での聴講の場合は博物館入館料が必要)
●申込
申込みは不要です。
※申込が定員に達しなかったので、当日の受付もします。ただし当日参加の方は先着順です(受付開始は午後1時から)。
※YouTubeを使った配信での聴講をご希望の方は、申込み不要です

イベントの詳細ページはこちら
特別展普及講演会「都市地盤としての大阪平野の地下をみる」

特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」関連グッズのご紹介
2022年12月08日

 大阪市立自然史博物館では、令和4年12月17日(土)から令和5年2月26日(日)まで、特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」を開催します。


 本展では、地面の下のことをどのように調べるのか、そして地面の下は、どのようになっているのか、私たちがうかがい知る事の出来る範囲ではありますが、みなさんにご紹介します。地層の重なる様子が見られる地質試料「ボーリングコア」や、クジラや植物の化石、鉱物など、様々な標本を展示します。この展示は、令和3年度に実施したものの、新型コロナウイルス感染症の流行第4波の休館要請により、8日間のみの公開となった第51回特別展「大阪アンダーグラウンド-掘ってわかった大地のひみつ-」を再構成した特別展です。

 また、当館ミュージアムショップでは、本展に関連したオリジナルグッズを販売します。
当館学芸員の監修のもと製作されたオリジナルグッズは、どれも知的好奇心をくすぐるものばかり。各商品に添えられた監修学芸員の解説コメントもお楽しみいただけます。

<マスコミの皆様へ>
プレスリリースはこちら

<アンダーグラウンドTシャツ>

アングラTシャツ2.jpg

大阪の地下から見つかっている、クジラ、ナウマンゾウ、マチカネワニ、メタセコイアや貝の化石のイラストTシャツ。

●価格/3,080円(税込)
●カラー/子ども用(130、150) ナチュラル、大人用(S~XXL) ミルキーグレー
 ※サイズによりカラーが異なります




大阪平野の地質断面図<地下鉄中央線沿い>マグカップ

大阪平野の地質断面図マグカップ.jpg

ボーリング調査で明らかになった柱状図を並べ、似た地層同士をつないで作られた「大阪平野の地質断面図」のマグカップ。
地下鉄中央線沿い「深江橋駅」から「堺筋本町駅」の地下が分かります。

●価格/1,320円(税込)
●容量/360ml




アンモナイトトートバッグ

アンモナイトトート.jpg

和泉層群から見付かったアンモナイト化石ゴードリセラスをプリントしたトートバッグ。アンダーグラウンド展に合わせたキャメル色!第42回大阪市立自然史博物館特別展「来て!見て!感激! 大化石展」でデビューして以来の人気デザインです。
片面には自然史博物館のロゴマークが入っています。A4サイズがすっぽり入るサイズ。

●価格/2,970円(税込)
●サイズ:タテ35cm× ヨコ30cm × 底マチ10cm 持ち手50cm
●仕様/内ポケット付き




大阪層群の総合層序図クリアファイル

大阪層群の総合層序図クリアファイル.jpg

日本で最も詳しく研究された第四層のひとつ、大阪層群の総合層序図クリアファイル。同じ図が大阪市立自然史博物館本館 第2展示室のパネルでもご覧いただけます。
図の部分以外は透明で、中の書類が見えやすくなっています。

●価格/330円(税込)
●サイズ/A4サイズ用(310×220mm)


<ご招待>特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」の情報発信にご協力をいただける方をご招待します
2022年11月28日

 特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS」では、広報に協力していただける方20名を、開幕前日のプレス内覧会(12月16日)、または12月17日(土)〜12月27日(火)の間のご希望の1日に無料でご招待します。
 参加には申込みが必要です。以下をご確認の上、お申込みください。締切は12月9日(金)必着です。


【ブロガーの皆様のご招待について】


●ご招待期間
・令和4年12月16日(金) プレス内覧会 午後1時~4時30分
・令和4年12月17日(土)〜12月27日(火)
 午前9時30分~午後4時30分(入場は随時、最終入館は午後4時まで)
上記のうち、いずれかご希望の1日

●定員
20名

●会場
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター 2階)

●応募いただける方
以下の2つの条件を両方とも満たす方
①ご自身でブログを開設されていること
または
SNSアカウントを公開設定にしており、フォロワー数が500名以上の方
②ご自身のブログ・SNSに特別展の紹介記事を必ずお書きいただけること。特にSNSは展示の内容が伝わるような複数の投稿をお願いします。

●申込締切
令和4年12月9日(金)必着

●申込方法
電子メールにて、以下をご記入いただき、自然史博物館 総務課宛(s-nyukansha@ocm.osaka)に令和4年12月9日(金)までに届くようにお申込みください。
・件名:「特別展ブロガー招待申込み」
①名前
②居住地の都道府県名
③電子メールアドレス
④ブログの方:ブログのURL・ブログのタイトル
④SNSの方:SNSアカウント名・SNSアドレス

●その他
・当日参加はできません。必ず申込みをしてください。
・当選者のご来場は1回限りとさせていただきます。
・当選された場合、掲載いただいたブログ記事をブロガー招待担当者(s-nyukansha@ocm.osaka) までお知らせください。展覧会がブログに掲載された事を博物館HPにてご紹介させていただく場合がございます。
・抽選のうえ、令和4年12月11日(日)までに結果を申込者全員に電子メールにて返信いたします。当選者のみ参加方法等の詳細をあわせてお知らせいたします。


【本件に関する問い合わせ・申込先】
大阪市立自然史博物館・総務課
電話:06-6697-6221
メール:s-nyukansha@ocm.osaka
  
特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」については、こちらをご覧ください。
http://www.omnh.net/whatsnew/2022/10/post_527.html

<マスコミの皆様へ>「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」 のプレス内覧会を行います
2022年11月24日

 大阪市立自然史博物館では、令和4年12月17日(土)から令和5年2月26日(日)まで、特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」を開催します。
 開催にあたり、開幕前日の令和4年12月16日(金)にプレス内覧会を開催します。詳細については、プレスリリースをご覧ください。

プレスリリースはこちら


アンダーグラウンド_チラシ.png

A4チラシビジュアル


 地面の下のことは、人々には意外に知られていません。この特別展では、地面の下のことをどのように調べるのか、そして地面の下は、どのようになっているのか、私たちがうかがい知る事の出来る範囲ではありますが、みなさんにご紹介します。地層の重なる様子が見られる地質試料「ボーリングコア」や、クジラや植物の化石、鉱物など、様々な標本を展示します。


<開催概要>
■名 称
特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」
■主 催
大阪市立自然史博物館

■会 期
令和4年12月17日(土)~令和5年2月26日(日)

■開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)

■休館日
月曜日(ただし1月9日は開館)、1月10日(火)、年末年始(12月28日~1月4日)

■会 場
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)

■観覧料
大人500円、高校生・大学生 300円
期間内特別展フリーパス 大人1000円、高大生600円
※本館(常設展)とのセット券は、大人700円、高大生400円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要です(セット券を除く)。

■後 援
大阪府教育委員会、大阪市教育委員会

特別展 「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」 を開催します
2022年10月21日

 大阪市立自然史博物館では、令和4年12月17日(土)から令和5年2月26日(日)まで、特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS-掘ってわかった大地のひみつ-」を開催します。


 私たちの生活を足下で支える地面。地面の下には植物が根を張り、様々な種類の動物や昆虫たちの生活の場にもなっています。人間が使う建物の基礎を支えているのも地面ですし、さらには地面の下に地下街や地下鉄のような建造物を作って利用しています。地下水や鉱物、化石燃料など、生活を支える地下資源もまた、地面の下から手に入れています。人の過去の暮らしの痕跡である遺跡や、動物や植物などの化石もまた、地面の下から発見されます。時には、地震や火山などの地質災害が起きますが、これもまた、地面の下の出来事です。
 地面の下のことは、人々には意外に知られていません。この特別展では、地面の下のことをどのように調べるのか、そして地面の下は、どのようになっているのか、私たちがうかがい知る事の出来る範囲ではありますが、みなさんにご紹介します。地層の重なる様子が見られる地質試料「ボーリングコア」や、クジラや植物の化石、鉱物など、様々な標本を展示します。
 この展示は、令和3年度に実施したものの、新型コロナウイルス感染症の流行第4波の休館要請により、8日間のみの公開となった第51回特別展「大阪アンダーグラウンド-掘ってわかった大地のひみつ-」を再構成した特別展です。


<開催概要>
■名 称
特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」

■主 催
大阪市立自然史博物館

■会 期
令和4年12月17日(土)~令和5年2月26日(日)

■開館時間
9:30~16:30(入館は16:00まで)

■休館日
月曜日(ただし1月9日は開館)、1月10日(火)、年末年始(12月28日~1月4日)

■会 場
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)

■観覧料
大人500円、高校生・大学生 300円
期間内特別展フリーパス 大人1000円、高大生600円
※本館(常設展)とのセット券は、大人700円、高大生400円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要です(セット券を除く)。

■後 援
大阪府教育委員会、大阪市教育委員会


<主な展示>

画像一覧_1.jpg

画像一覧_2.jpg

画像一覧_3.jpg


特別展「大阪アンダーグラウンドRETURNS -掘ってわかった大地のひみつ-」公式HP
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2022underground/index.html

プレスリリースはこちら

カテゴリー

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧