What's New

ミニガイド No.30「瀬戸内海の海浜植物」を刊行します
2017年07月20日

hyoshi.jpg


 ミニガイド No.30「瀬戸内海の海浜植物」を平成29年7月22日(土)に刊行します。

 大阪市立自然史博物館では、平成29年7月15日(土)から夏の特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ-生き物のにぎわいとその恵み-」を開催しています。この特別展に合わせて瀬戸内海沿岸の海浜植物の入門書としてミニガイドNo.30「瀬戸内海の海浜植物」を作成しました。

 瀬戸内海沿岸に生育する海浜植物と、内陸にも生育するが海浜でよく見られる植物計41種、塩湿地に生育する植物13種について約200枚のカラー写真を用いて紹介しています。海辺で出会った植物の名前を調べるための手引きになるだけでなく、その生態や人による利用も含めて様々な情報を掲載しており、瀬戸内海の海浜植物を知るためには欠かせない書籍です。また、夏休みの自然観察や自由研究にもピッタリです。




■目次(抜粋)

本書での瀬戸内海の範囲・・・・・・・・・・・2
海浜植物の生態・・・・・・・・・・・・・・・3
図鑑ページの見方・・・・・・・・・・・・・・6
海浜植物の紹介・・・・・・・・・・・・8~39
塩湿地の植物の紹介・・・・・・・・・40~44
オススメ観察ポイント・・・・・・・・46~47
瀬戸内海の海岸植物一覧・・・・・・・48~49

naka1.jpg  naka2.jpg
(中ページ見本)


■書籍情報

ミニガイド No.30「瀬戸内海の海浜植物」
著 者   横川昌史(大阪市立自然史博物館)、澤田佳宏(兵庫県立淡路景観園芸学校)
価 格   500円(税込)
判 型   横113×縦182mm(ほぼ新書サイズ) 50ページ
発 行   大阪市立自然史博物館


■入手方法

博物館ミュージアムショップおよびネットショップにて販売

ミニガイド No.29 「裸子植物ーイチョウ・ソテツ・球果をつける仲間ー」を刊行しました
2017年04月12日

 裸子植物は、美しい花びらをつけるわけではないので、あまり注目されませんが、美しい雌花を咲かせ、とても多様です。
 イチョウは、サクランボにつくりが似た、黄色の「実のようなもの」を付けますが、裸子植物です。球果とは、マツで言えば「松ぼっくり」のことで、雌花が成長したものです。球果のつくりは、精密であり、芸術品のようでもあります。ミニガイド「裸子植物」を手に、身近な裸子植物を観察してみてください。
 64ページ、333枚のカラー写真を掲載しています。販売価格は500円です。お求めは博物館ミュージアムショップや友の会ネットショップ でどうぞ。

mini29-1.jpg


mini29-2.jpg

大阪市立自然史博物館叢書シリーズ第4弾「鳴く虫セレクション 音に聴く虫の世界」が出版されました!
2008年10月28日

 自然史博物館の学芸員や博物館に集う人たちを中心に執筆される「大阪市立自然史博物館叢書シリーズ」。その第4弾である「鳴く虫セレクション 音に聴く虫の世界」(2800円+税)が東海大学出版会から出版されました。
http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-01815-5

 本書はセミ、バッタ、コオロギ、キリギリスなどの「鳴く虫」たちの生態・分布・進化などについて、「鳴く虫」好きの人たちがその生活と鳴き声のふしぎを熱く語ります。それに加え、鳴く虫に関わる文化や鳴く虫たちの飼い方についても紹介しています。巻末には日本の鳴く虫たちのリストもついた充実の331ページ。この本を読んで、みなさんも草原や森で彼らの鳴き声に耳を傾けにいきましょう。

 全国の一般書店や自然史博物館のミュージアムショップで発売中です。ぜひご購入下さい。

ミニガイド ビルの石材(改訂版)が刊行されました
2008年05月20日


ご好評を頂いております、ミニガイド No.13 「ビルの石材」を一部内容を改訂して刊行いたしました。副題にアーバンジオロジー入門としたとおり、岩石学の手軽な入門書としてご活用ください。
石材の紹介だけでなく、地下街などの化石観察のガイドもついています。
販売価格は600円となっております。お求めは博物館ミュージアムショップや通信販売などでどうぞ。
buildstone2.jpg

大阪市立自然史博物館叢書シリーズ第3弾「干潟を考える 干潟を遊ぶ」が出版されました!
2008年05月01日

 自然史博物館の学芸員や博物館に集う人たちを中心に執筆される「大阪市立自然史博物館叢書シリーズ」。その第3弾である「干潟を考える 干潟を遊ぶ」(2500円+税)が東海大学出版会から出版されました。
 http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-01781-3
 この本は、博物館から2000年に刊行された特別展解説書「干潟の自然」の全面改訂版で、新しい知見や情報がたくさん盛り込まれています。生き物のことだけでなく、どのように干潟ができるのかや、日本の干潟の現状や問題点、干潟を保全するにはどうしたらよいか、そして干潟での様々な遊び方まで含んだ、干潟を学ぶのには決定版といえる本となっています。この本を読めば、干潟に“ハマる”こと確実です。
 全国の一般書店や自然史博物館のミュージアムショップで発売中です。ぜひご購入下さい。

大阪市立自然史博物館叢書シリーズ「標本の作り方−自然を記録に残そう−」の出版
2007年07月28日

 自然史博物館の学芸員や博物館に集う人たちを中心に執筆される「大阪市立自然史博物館叢書シリーズ」。その第2弾である「標本の作り方−自然を記録に残そう−」(2500円+税)が7月20日に東海大学出版会から出版されました。
http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-01769-1
 化石や岩石、植物、昆虫、動物など自然史資料全般について、お家や学校でできる標本の作り方を紹介しています。また、自然史データのを残す意義などについても述べています。夏休みの自由研究の参考書にもぴったりです。
 全国の一般書店や自然史博物館のミュージアムショップで発売中です。ぜひご購入下さい。

大阪市立自然史博物館叢書シリーズ「大和川の自然」の刊行
2007年06月30日

 自然史博物館の学芸員や博物館に集う人たちを中心に執筆される「大阪市立自然史博物館叢書シリーズ」が、東海大学出版会より刊行されます。

 その第1弾は、昨年の特別展解説書でもあった「大和川の自然」(2800円+税)が6月20日に刊行されました。
http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-01767-7
 全国の一般書店などで発売中です。

 第2弾のご案内も来月下旬にはできるはずです。しばらくお待ち下さい。

「世界一のセミ展」関連出版物・記者内覧会のご案内
2007年06月28日

大阪市立自然史博物館では、第36回特別展「世界一のセミ展—でっかい・ちっちゃい・やかましい?…セミ大集合—」を平成19年7月7日(土)〜9月2日(日)、を開催いたします。この特別展にあわせ、2種類の書籍が発行されます。いずれも特別展当日より、特別展会場・ミュージアムショップで販売されます、ご期待下さい。
都会にすむセミたち●「都会にすむセミたち—温暖化の影響?—」
沼田英治(大阪市立大学大学院理学研究科教授)・ 初宿成彦(大阪市立自然史博物館学芸員)著
(株)海游舎より発行B6版 176ページ 定 価  1,680円(税込)にて
7月11日から全国主要書店で。7月7日(特別展開幕日)から大阪市立自然史博物館の特別展会場やミュージアムショップでも販売。


sekai.jpg●「図鑑・世界のセミ200種」
初宿成彦(大阪市立自然史博物館学芸員)著
大阪市立自然史博物館 発行、B6版 128ページ 定 価 1,000円
にて7月7日(特別展開幕日)から大阪市立自然史博物館の特別展会場やミュージアムショップで販売。
ご期待下さい。




なお、開幕前日の平成19年7月6日(金)午後2時より記者内覧会を開催します。関係の方は以下のプレスリリースをご参照下さい。
関連出版物・記者内覧会についてのプレスリリース(PDF 48K)

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧