What's New

オープンセミナー(web版)「大阪府におけるオオバナミズキンバイ(広義)の現状」 #おうちミュージアム
2020年07月04日


大阪市立自然史博物館では、広く市民の方向けの普及行事として、不定期でオープンセミナーを開催しています。
2020年7月3日現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、博物館の普及行事はすべて中止していますが、替わりに学芸員がzoomミーティングで行ったセミナーの動画をご覧ください。

オオバナミズキンバイ(広義)は特定外来生物に指定されている水生植物です。
2014年ごろから大阪府でも生育が確認されるようになってきて、博物館でも情報を集めてきました。
2019年秋時点の大阪府におけるオオバナミズキンバイ(広義)の生育状況を紹介しました。

大阪市立自然史博物館研究報告に掲載されたオオバナミズキンバイ(広義)の論文も合わせてご覧いただくとより理解が深まります。
http://doi.org/10.20643/00001429

子どもワークショップ「外来生物って、なあに?」web版を公開しました。 #おうちミュージアム
2020年07月01日

ouchimuseum_logo_WEB_01.jpg
 6月9日から特別展「知るからはじめる外来生物」もオープン、皆さんに楽しんでみていただいてます。でも、ワークショップを楽しめるまでにはもう少し時間がかかりそう。
そこで今月もweb版ワークショップをご用意しました。


 こどものみんなといっしょに普段気づかないようなところまで展示をじっくりみつめたり、学芸員のお話をしっかり聞いてもらうためのプログラムが子どもワークショップ。いつもの感じとはちょっと違うけど、たのしんでみてください。博物館へお出かけする前、あるいは帰った後に見てみてね。

外来生物展かぁ、どんな展示があるのかなぁ、と気になっている人はキッズマップをごらんください。
会場でも配布しています

PDF版はこちら


お家ミュージアムできょうりゅうはりえをもっと楽しんでもらうために動画を作りました。
2020年05月30日

毎月、博物館で楽しんでいただいている自然史子どもワークショップ。残念ながら、4月、5月と実施できませんでした。そこで、これまで台紙しか公開していなかった、「きょうりゅうはりえ」を解説付きで充実させてみました。
harie.png
博士のおまけトークもたっぷり。どうぞこちらからお楽しみください。

動画は字幕もありますのでご利用ください。
また、期間限定ですが、コンビニプリントもできます。

学芸員による解説トークシリーズをYOUTUBEで始めます #エア博物館
2020年05月19日

スクリーンショット 2020-05-19 18.00.07.png

6月2日より展示活動を再開する自然史博物館ですが、講座や観察会などを再開できるのはもう少し先のことになりそうです。そこでTwitterなどでのアンケートなどでもご要望の強かった項目のうち、「外来生物展のギャラリートーク」をはじめ順次進めています。
今回は、学芸員による解説セミナーシリーズの一つとして、標本紹介をお届けします。


アングラ収蔵庫トーク#01「長居公園の地下の地層」

大阪市立自然史博物館の地下の収蔵庫に眠る標本資料を引っ張り出してきて、担当の学芸員が解説する「アングラ収蔵庫トーク」のシリーズです。第1回目は、博物館の収蔵庫(花と緑と自然の情報センター)を建てる際、その地下の地層をはぎとって保存した「はぎとり標本」について、第四紀研究室の中条武司学芸員が解説し、他の学芸員がツッコミを入れます。
このようなミニセミナーのようなトークシリーズを今後も月に1−2本、公開していきたいと考えています。よろしければ、ご感想などはSNSなどでお寄せください。

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧