メイン

2017年01月27日

地域自然史と保全 38巻( 2 ) のPDFを公開しました。

KONC38_2_00.png

地域自然史と保全 38巻(2) のPDFを公開しました。
2016年度のパスワードは、1月28日付にて会員の皆様に郵送いたしますので、
書面にてご確認ください。

http://www.omnh.net/konc/konc_member/382/
から御覧ください。

目  次
表紙の言葉 サシバ♂………………………………………………………………東 淳樹・浅野俊雄
巻頭言
 日本の人と自然-コウノトリによせて………………………………………………………江崎保男…… 81
特集 大阪のサシバは生き残れるか? サシバの生息環境とその現状
 日本のサシバの生息状況と生息地の環境条件………………………………………………東 淳樹…… 83
 かつての南大阪のサシバの生息状況と繁殖生態……………………………………………小島幸彦…… 89
 大阪府のサシバの現状:近年の生息状況と生息に影響を与える要因……………………大西敏一…… 95
KONC現地見学会 兵庫県立コウノトリの郷公園
 再導入コウノトリの長距離移動と目撃情報の提供のお願い………………………………大迫義人…… 103
短報
 奈良県生駒市の溜め池で採集された国内外来魚オヤニラミ
        …………………………………井藤大樹・北川哲郎・朝隈良一・池ヶ谷健吾・細谷和海…… 109
 滋賀県湖東地域における水鳥による一年を通した被食型種子散布…………薮内喜人・浜端悦治…… 115
報告
 滋賀県彦根市の水路における魚類の種相と分布
   ―地理情報システムを導入した大学実習の事例―………………………中野光議・岩間憲治…… 121
 愛媛県岩松川河口域のヨシ原とその周辺に生息するカニ類と腹足類…………………深尾剛志…… 129
地域自然史と保全研究発表会2016・関西自然保護機構(KONC)2016年大会プログラム・講演要旨… 137

2016年06月29日

地域自然史と保全 38巻(1) のPDFを公開しました。

KONC38_1_00.jpg
地域自然史と保全 38巻(1) のPDFを公開しました。
2016年度のパスワードは、6月29日付にて会員の皆様に郵送いたしますので、
書面にてご確認ください。

http://www.omnh.net/konc/konc_member/381/
から御覧ください。

目  次
表紙の言葉 徳島市吉野川河口のシオマネキ………………………………………………………………和田恵次
巻頭言
 大阪市立自然史博物館と友の会-連携と協働……………………………………………………………谷田一三……  1
特集 フィールドシンポジウム「徳島県吉野川河口域の自然と開発事業」
 徳島県吉野川河口域の自然と開発事業……………………………………………………………………和田恵次……  5
 吉野川河口部における代償的人工海浜創出からの教訓…………………………………………………大田直友……  9
 吉野川河口の貴重性とその保全活動……………………………………………………………………井口利枝子…… 19
原著
 大阪府における外来哺乳類,アライグマ,ヌートリア,ハクビシンの分布拡大状況
   -農業被害アンケートによるモニタリング-………………………………………………………幸田良介…… 29
 ミトコンドリアDNA解析から推定する香川県メダカの集団史
        ……………………………山下佳那・勝村啓史・尾田正二・今井 正・吉浦康寿・太田博樹…… 41
 絶滅危惧種タチスズシロソウ(Arabidopsis kamchatica ssp. kawasakiana)個体群の個体数推定
        ………………………………………小杉亜希・高倉耕一・野間直彦・河邊 昭・原田英美子…… 51
短報
 愛媛県来村川に生息するタケノコカワニナ(トゲカワニナ科)とカワニナ(カワニナ科)………深尾剛志…… 61
 大阪府泉南地域で分布拡大している国内外来種アオモジの初期成長特性
………………………………………………………………………………………上森真広・奥田史郎・幸田良介…… 67
書評
 「樹木の実生図鑑 芽生えと樹形形成」…………………………………………………………………渡辺弘之…… 77
 「シカの脅威と森の未来 シカ柵による植生保全の有効性と限界」…………………………………渡辺弘之…… 78
四手井賞
 平成27年度四手井綱英記念賞選考理由…………………………………………………………………………………… 79

2016年01月27日

地域自然史と保全 37巻(2)のPDFを公開しました。

KONC37_2_00.jpg

地域自然史と保全 37巻(2) のPDFを公開しました。
パスワードは、2015年6月26日付にて会員の皆様に郵送いたしました
2015年度用のパスワードをご利用ください。
(わからない方は、事務局へお問い合わせください。お返事に10日程度必要な場合もあります。)

http://www.omnh.net/konc/konc_member/372/
から御覧ください。

目  次
表紙の言葉 伊吹山のお花畑……………………………………………………………………前迫ゆり
巻頭言
 タンポポ調査とCitizen Science………………………………………………………………伊東 明…… 81
特集 シンポジウム 「つくるレッドリストでなくつかうレッドリストへ」
 レッドリストを生物多様性保全ツールとして活用するために……………………………佐久間大輔…… 83
 絶滅のおそれのある野生生物種の保全戦略について……………………………………徳田裕之…… 87
 地域で保全を実行するために………………………………………………………………大嶋範行…… 91
 レッドリスト種の保全事例と今後のレッドリストに向けて…………………………………山崎俊哉…… 97
原著
 淀川河口域におけるアユ仔魚の出現………………………………………大美博昭・日下部敬之…… 103
 和泉葛城山ブナ林の衰退と土壌化学性の劣化………伊藤和男・慈幸真志・竹内康晃・岡田和也…… 115
短報
 滋賀県彦根市の農業用水路におけるスジエビPalaemon paucidensと
   カワリヌマエビ属Neocaridina spp.の分布……………………森井清仁・中野光議・岩間憲治…… 125
報告
 滋賀県高島市の琵琶湖沿岸における魚類の生息場所利用様式…中野光議・上原和男・浦部美佐子… 133
資料
 自然史系博物館資料の保存管理者に求められる行動規範…………………伊藤 玄・藤井伸二…… 147

2015年06月26日

地域自然史と保全 37巻(1)のPDFを公開しました。


地域自然史と保全 37巻(1) のPDFを公開しました。
2015年度のパスワードは、6月26日付にて会員の皆様に郵送いたしますので、
書面にてご確認ください。

http://www.omnh.net/konc/konc_member/371/
から御覧ください。

目  次
表紙の言葉 兵庫県宍粟市の里山のタムシバ…………………………………………………伊東 明・名波 哲

巻頭言
 環境省「侵略的外来種リストと行動計画」と今後の新たな外来種対策………………………………山田文雄……  1-3

特集 2010年代の里山管理シンポジウムII/里山資源の循環的利用
 二酸化炭素排出抑制と生物多様性の二兎をおうために利用促進から改めて里山管理を考える
……………………………………………………………………………………………………………佐久間大輔……  5-10

 里山林を管理するということ………………………………………………………………………………大住克博…… 11-14
 薪ストーブ利用のコストベネフィット……………………………………………………………………中田兼介…… 15-20
 芸北せどやま再生事業の開始30ヶ月における成果………………………………………………………白川勝信…… 21-24
 粗朶の生産と利用による里山の保全………………………………………………………………………柳沢 直…… 25-34

原著
 京都市久我水路における魚類群集……………………田中和大・川瀬成吾・須藤允之・辻 晃一・細谷和海…… 35-45
 湿地の植生復元を目的とした埋土種子の評価:ベイズモデルに基づく実生発生法と直接観察法の統合的評価
……………………………………………………郭 英華・高倉耕一・西川博章・西田隆義・浜端悦治…… 47-59

報告
 大阪府石川流域におけるカワバタモロコ個体群の冬期減耗
   ~子どもたちによるカワバタモロコの生態調査の結果~………………石田真隆・吉村元貴・升方拓郎…… 61-65

追悼記事 千地万造先生を偲ぶ
 自然保護の活動家として,博物館の先輩として…………………………………………………………山西良平…… 67
 千地万造先生を偲んで………………………………………………………………………………………布谷知夫…… 69-71
 名誉会員 千地万造先生を悼む……………………………………………………………………………渡辺弘之…… 73-74

書評
 「冬芽と環境 ~成長の多様な設計図~」………………………………………………………………渡辺弘之…… 75

四手井賞
 平成26年度四手井綱英記念賞選考理由…………………………………………………………………………………… 77
編集後記……………………………………………………………………………………………………………………… 78
エラータ……………………………………………………………………………………………………………………… 79

2015年01月21日

地域自然史と保全36(2) 会員向けPDF公開


地域自然史と保全 36巻(2)
のPDFを公開しました。

http://www.omnh.net/konc/konc_member/362/
から御覧ください
目  次
表紙の言葉 安威川の上流域…………………………………………………………………………………上原一彦
巻頭言
 博物館にとっての自然保護…………………………………………………………………………………布谷知夫…… 81
原著
 滋賀県彦根市の生活用水路の魚類相およびタナゴ亜科Acheilognathinaeの水路利用様式…中野光議…… 83
 ミシシッピアカミミガメが彦根城中堀に自生するオニバス群落に与える影響の検証
        ………………………………………………………………曽我部共生・浦部美佐子・渡邊輝世…… 95
 礫浜の希少カニ類マメアカイソガニの地理的分布と生息場所特性……………………中岡由起子・和田恵次…… 109
 奈良県におけるコガネグモArgiope amoenaの分布と個体群サイズ……………………………………関根幹夫…… 115
報告
 大阪府南河内地域における魚類相~石川流域を中心として~
        …………………………………………吉村元貴・大門 聖・中野修一・石田真隆・升方拓郎・
                        柳本春樹・吉村知秦・仲村華人・川村 圭・吉村圭介…… 125
 芥川水系(大阪府高槻市)から2009年~2013年に記録された魚類……………………………………花﨑勝司…… 135
関西自然保護機構(KONC)2014年大会プログラム・講演要旨……………………………………………… 147
編集後記……………………………………………………………………………………………………………………… 152

2014年06月26日

地域自然史と保全36(1)会員向けPDF公開

KONC36_1_00.png

地域自然史と保全 36巻(1)
のPDFを公開しました。

http://www.omnh.net/konc/konc_member/361/
から御覧ください

IDとパスワードは会員に送付されるKONCニュースに掲載されています。また冊子版も発行、送付いたしました。

表紙の言葉 越冬中のオシドリの群れ 樋口広芳

巻頭言
林業と自然保護 大住克博 1

特集1 鳥の渡りと生物多様性の保全
鳥の渡りと生物多様性の保全
樋口広芳 3

特集2 
シンポジウム「大阪府のレッドリスト改訂について」

大阪府のレッドリスト改訂 
新たな取り組みと残された課題,及び大阪府の水田環境の危機について
和田 岳 21
レッドリスト改訂に向けた課題整理:メーカーとユーザーの相克
藤井伸二        27
改訂版大阪府レッドデータリストにおける昆虫類掲載種
 -特に減少の著しい水田周辺の昆虫に注目して-
平井規央   37

短報 
淀川淡水域における魚類相の現状
                            内藤 馨・石橋 亮・金丸善紀・宮下敏夫 41
武庫川水系に生息する野生メダカの遺伝子型分布及びヒメダカ遺伝子の移入実態
                           横田弘文・桑原なつき・中野瑛子・江口さやか 53
春日山原始林におけるツクバネガシの種子および当年生実生の初期動態
                          依田綾子・前迫ゆり・名波 哲・神崎 護 59

報告 
ハッタミミズ(ハッタジュズイミミズ)の分布
                          渡辺弘之・南谷幸雄 67
滋賀県大津市千丈川における1979年と2009年の魚類相
                         中川雅博・鈴木誉士 77

四手井賞
平成25年度四手井綱英記念賞選考理由

編集後記


2014年01月28日

地域自然史と保全35(2)会員向けPDF公開

KONC35_2_00.png

地域自然史と保全 35巻(2)
のPDFを公開しました。


http://www.omnh.net/konc/konc_member/352/

から御覧ください

IDとパスワードは会員に送付されるKONCニュースに掲載されています。また冊子版も発行、送付いたしました。


目  次

表紙の言葉 袋状埋積谷としての中池見
                                       宮本真二

巻頭言

都市域における地域環境資源の保全
                                       矢持 進  89


特集 中池見湿地の保全と北陸新幹線ルート変更問題

フィールドシンポジウム 「中池見湿地の保全と北陸新幹線ルート変更問題」 を開催して
                                       岩崎敬二 93

中池見湿原堆積物の花粉化石からみた最終氷期以降の植生変遷
                                       宮本真二  95

新幹線ルートと中池見湿地の水生植物−危惧される影響
                                       角野康郎 103

山地源流域の山体地下水が雨水の流出に果たす役割
                                      小杉賢一朗 105

チョウ類群集から見た中池見湿地の植生の変化
                                       石井 実 111

原著

兵庫県宝塚市西谷地区における準絶滅危惧種スズサイコVincetoxicum pycnostelma Kitag.の
   繁殖特性及び訪花昆虫相
                             中濱直之・丑丸敦史・井鷺裕司 115

 紀伊半島3河川における十脚甲殻類の分布−2011年台風12号による大洪水後の経時変化−
        田中薫子・浜崎健児・山田 誠・青木美鈴・遊佐陽一・和田恵次 125


短報

香川県小豆島における淡水魚類相と現状
                            井藤大樹・細谷和海 141

カワバタモロコ当歳魚の性成熟
                            吉村元貴・青木 隆 149

報告

 自然へのアプローチ −今,若い研究者がとりくんでいること−17
  地域社会の課題として野生動物保全に取り組む−“ねじれ”が生み出す Human Dimensions 研究−
                                       立澤史郎 155

編集後記   167

2013年08月02日

地域自然史と保全35(1)会員向けPDF公開

KONC35(1).jpg


地域自然史と保全 35巻(1)
のPDFを公開しました。

http://www.omnh.net/konc/konc_member/351/から御覧ください

IDとパスワードは会員に送付されるKONCニュースに掲載されています。また冊子版も発行、送付いたしました。33−34巻はhttp://www.omnh.net/konc/konc_member/からご覧いただけます。


目 次

表紙の言葉 中池見湿地のミズトラノオ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・笹木 進

巻頭言

海洋生物の保護:その現状と課題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩崎敬二・・ 1

特集1 中池見湿地の保全と新幹線建設問題
シンポジウム「中池見湿地の保全と新幹線建設問題」を開催して・・・・・・・・村上興正・・ 3

北陸新幹線中池見ルート-アセスメントの内容並びに今回計画の概要と問題点・笹木智恵子・・ 5

中池見湿地における水生動物の多様性とその変化・・・・・平井規央・森岡賢史・石井 実・・ 11
特集2
国内希少野生動植物種「アユモドキ」の保全:亀岡市の競技場建設に関連して
琵琶湖淀川水系のアユモドキの現状と保全・・・・・・・・・・・・・・・・・・上原一彦・・ 17

アユモドキ(Parabotiacurta)を保全することの難しさ

-岡山県における保全活動とその課題解決に向けて-・・・・・・・・・・・阿部 司・・ 23

原著

石川流域におけるカワパタモロコの生活史-市民によるモニタリング調査の成果-

・・・・・・・・吉村元貴・細沼美穂・柴田園江・吉村充弘・堀井宏行・

林 紀子・北井美喜子・林 武彦・升方拓郎・石田真隆・・ 33

短報

水田のナゴヤダルマガエル幼生は中干しまでにカエルになれるか?・・上瀧七美・大塚泰介・・ 45

報告

福井県中池見湿地に生息する淡水魚類・・山野ひとみ・増田 茂・北川哲郎・武内啓明・川瀬成吾・

野口亮太・小西雅樹・田中大喜・森下 匠・池田昌史・

井藤大樹・乾 偉大・小田優花・細谷和海・・ 53

和泉市信太山丘陵の開発計画中止の経緯 -自然環境の保全・活用への道のり-・花田茂義・・ 61


自然へのアプローチ -今,若い研究者がとりくんでいること-16

野生生物の保全のための多様なアプローチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高柳 敦・・ 67

書評

「世界遺産春日山原始林-照葉樹林とシカをめぐる生態と文化-」・・・・・・・神崎 護・・ 77

四手井賞

平成24年度四手井綱英記念賞 選考理由・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 79

要望書

亀岡市保津町上中島における専用競技場の建設に関しアユモドキをはじめとする

淡水生物群集の保全への配慮の要請・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 81
投稿規定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 82
執筆要領 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 83
編集後記

2013年02月01日

地域自然史と保全34(2)会員向けPDF公開

34(2)00.jpg

地域自然史と保全 34巻(2)
のPDFを公開しました。

http://www.omnh.net/konc/konc_member/342/から御覧ください

IDとパスワードは会員に送付されるKONCニュースに掲載されています。また冊子版も発行、送付いたしました。33−34巻はhttp://www.omnh.net/konc/konc_member/からご覧いただけます。

目  次
表紙の言葉 ナニワトンボ
  平井規央

巻頭言
 自然史研究の評価基準を考える−大学の現場から
  角野康郎…… 95

特集 これからのレッドデータブック−地域の生物多様性保全のツールとして−
 大阪生物多様性保全ネットワーク キックオフミーティング「これからのレッドデータブックのかたち」開催趣旨
   和田 岳…… 99

 大阪生物多様性保全ネットワークの取り組み
   道盛正樹…… 103

 兵庫県版生態系レッドデータリストの作成と活用
   三橋弘宗…… 107

 大阪府版レッドデータリストの更新にあたって−府内の淡水魚類の現状とリストの活用−
   上原一彦…… 115

 「生物多様性とくしま戦略」の策定と推進にむけた協働
   鎌田磨人…… 119

 生物多様性保全施策としてのレッドリスト
   佐久間大輔…… 131

報告
 大阪府南河内地域におけるため池の現状と魚類相,およびカワバタモロコの生息状況
  吉村元貴・浦部美佐子・鈴木規慈…… 137
 温帯河川の魚類群集における資源利用と種間のニッチ重複の日周変化−2007年度結果報告
  中川 光・山根秀征・八杉公基・藤田朝彦・横井謙一・足羽 寛・北田直樹・高野裕樹・鈴木規慈・岸本純平・前田 一・山野ひとみ・伊藤毅彦・丸山弘明・富永浩史・畠山絵美・後藤元保・高橋大輔………… 145

 奈良県産ニッポンバラタナゴ集団の保護の現状
  野口亮太・北川忠生…… 157

 滋賀県犬上川流域におけるタブノキ林の多様性保全の必要性
  前迫ゆり・野間直彦・金子有子・横川昌史・渡部俊太郎・東 善広…… 165

編集後記…… 181

2013年01月29日

地域自然史と保全34(1)会員向けPDF公開

34(1)00.jpg
地域自然史と保全 34巻(1)
のPDFを公開しました。
IDとパスワードは34巻(2)とともに送付されるKONCニュースに掲載されています。
http://www.omnh.net/konc/konc_member/_341/
(要パスワード)

目  次
表紙の言葉  琵琶湖水源域朽木のトチノキ林
  前迫ゆり
巻頭言
  「自然離れ」 の克服と自然史博物館の役割−大阪湾再生の連携軸としての事例−
  山西良平…  1

原著
 滋賀県犬上川下流域におけるハリヨGasterosteus aculeatus microcephalusの季節消長と
   生息場所利用
  上野篤史・金尾滋史・久米 学・近 雅博……  3
 淀川流域におけるヨドゼゼラの分布域の退縮
  川瀬成吾・木村亮太…… 13
 近畿地方中南部沿岸域におけるスナガニ属4種の分布—2002年と2010年の比較−
        …………………………………………渡部哲也・淀 真理・木邑聡美・野元彰人・和田恵次…… 27
短報
 春日山原始林の林床草本ミヤコアオイの個体群生態………………………………………鈴木 亮・前迫ゆり…… 37
報告
 和歌山県有田川河口干潟におけるマクロベントス相の市民参加型調査—2010年および
   2011年の結果報告
  村瀬敦宣・柚原 剛・加藤健司・古賀庸憲…… 45
特集 琵琶湖水源域朽木トチノキ林の危機と保全
 安曇川源流域のトチノキ伐採に関する一考察
  金子有子…… 53
 滋賀県高島市朽木西部地域におけるトチノキ巨樹の分布—航空写真判読による推定結果(予報)—
  築山省吾・浜端悦治…… 65
 安曇川流域のトチノキ等巨樹の現状と役割
  青木 繁…… 69
 トチノキの伐採を止めた関係者の奮闘と行政の役割
  今城克啓…… 73
 豊かな水辺林を将来に伝えるために
  崎尾 均…… 79

2012年09月05日

地域自然史と保全(関西自然保護機構会誌)34巻1号が発行されています

画像:地域自然史と保全34巻1号表紙
今号より、関西自然保護機構会誌「KONC」を「地域自然と保全」と改称いたしました。
今号は、滋賀県朽木のトチノキ巨木大量伐採に端を発した、自然と社会と地域が抱える重大課題に関して、「琵琶湖水源域朽木トチノキ林の危機と保全」と題した特集を組みました。朽木のトチノキ林保全にとりくんでおられる研究者、行政、ナチュラリストの方々から記事を寄せていただくとともに、日本の水辺林研究をリードされている新潟大学崎尾均氏に特別寄稿いただきました。



目  次表紙の言葉  琵琶湖水源域朽木のトチノキ林…………………………………………前迫ゆり
巻頭言
  「自然離れ」 の克服と自然史博物館の役割-大阪湾再生の連携軸としての事例-………山西良平…  1
原著
 滋賀県犬上川下流域におけるハリヨGasterosteus aculeatus microcephalusの季節消長と
   生息場所利用……………………………………………上野篤史・金尾滋史・久米 学・近 雅博……  3
 淀川流域におけるヨドゼゼラの分布域の退縮……………………………………川瀬成吾・木村亮太…… 13
 近畿地方中南部沿岸域におけるスナガニ属4種の分布―2002年と2010年の比較-
        …………………………………………渡部哲也・淀 真理・木邑聡美・野元彰人・和田恵次…… 27
短報
 春日山原始林の林床草本ミヤコアオイの個体群生態………………………………鈴木 亮・前迫ゆり…… 37
報告
 和歌山県有田川河口干潟におけるマクロベントス相の市民参加型調査―2010年および
   2011年の結果報告………………………………………村瀬敦宣・柚原 剛・加藤健司・古賀庸憲…… 45
特集 琵琶湖水源域朽木トチノキ林の危機と保全
 安曇川源流域のトチノキ伐採に関する一考察………………………………………………金子有子…… 53
 滋賀県高島市朽木西部地域におけるトチノキ巨樹の分布―航空写真判読による推定結果(予報)―…………………………………………………………………築山省吾・浜端悦治…… 65
 安曇川流域のトチノキ等巨樹の現状と役割…………………………………………………青木 繁…… 69
 トチノキの伐採を止めた関係者の奮闘と行政の役割………………………………………今城克啓…… 73
 豊かな水辺林を将来に伝えるために…………………………………………………………崎尾 均…… 79
四手井賞
 平成23年度四手井綱英記念賞 選考理由……………………………………………………………… 87
投稿規定…………………………………………………………………………………………………… 89
執筆要領…………………………………………………………………………………………………… 90
編集後記…………………………………………………………………………………………………… 94


入会のお申し込みはこちら
http://www.omnh.net/konc/2008/03/konc.html

バックナンバーの購入はこちら
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/3shop/konc_kakaku.html

2011年12月19日

関西自然保護機構会誌 第33巻2号 が刊行されました


関西自然保護機構会誌
第33巻2号 (通算62号)が発行されました。

目次はこちらからどうぞ

2011年06月19日

関西自然保護機構会誌 第33巻1号 が発行されました


関西自然保護機構会誌
第33巻1号 (通算61号)が発行されました。

目次はこちらからどうぞ

2010年12月19日

関西自然保護機構会誌第32巻2号 (通算60号)が発行されました。


関西自然保護機構会誌
第32巻2号 (通算60号)が発行されました。

目次はこちらからどうぞ

2010年08月14日

関西自然保護機構会報・会誌がCiNiiで検索できるようになっています

まもなく通巻60号を迎える関西自然保護機構会報・会誌ですが、過去の目次を「国立情報学研究所 論文情報ナビゲーター CiNii(サイニィ)」に登録しています。
現在のところ英文表題情報は未入力です。和文タイトルでしか検索できていませんが、過去の論文、記録などを検索することができます。なお、現在のところPDFの公開は予定しておりません。バックナンバーのお問い合わせはhttp://www.omnh.net/konc/2008/03/konc.html">事務局までお願いします。また、入力ミスなどの情報も事務局までお知らせください
なお、21巻(通巻38号)以降は本来「関西自然保護機構会誌」という誌名ですが、Niiのシステム上すべて関西自然保護機構会報と表示されています。ご容赦ください

CiNiiでの関西自然保護機構会報・会誌
http://ci.nii.ac.jp/search?q=関西自然保護機構&range=0&count=20&sortorder=2&type=0

KONC32(1)シンポジウム特集「信太山の丘陵の保全と活用」が発行されています


関西自然保護機構会誌 32(1)2010年6月 が発行されています
今号は、去る2009年10月に開催された公開シンポジウム「信太山の丘陵の保全と活用」からの特集が中心となっています。
詳細は以下でご確認ください
http://www.omnh.net/konc/Mokuji/59_Mokuji.htm

入会のお申し込みはこちら
http://www.omnh.net/konc/2008/03/konc.html

バックナンバーの購入はこちら
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/3shop/konc_kakaku.html

2009年12月19日

関西自然保護機構会誌 第31巻2号が発行されました。


関西自然保護機構会誌
第31巻2号 (通算58号)が発行されました。

目次はこちらからどうぞ

2009年06月19日

関西自然保護機構会誌 第31巻1号が発行されました


関西自然保護機構会誌
第31巻1号 (通算57号)が発行されました。

目次はこちらからどうぞ

2009年03月05日

KONC30(2)が発行されています

konc30-2.jpg
関西自然保護機構会誌30(2)が発行されています。
今号は、去る2008年3月1日に大阪市立自然史博物館で開催された公開シンポジウム「淀川のイタセンパラの絶滅を防げ」からの特集が中心となっています。

目  次
表紙の言葉 イタセンパラ Acheilognathus longipinnis の雄の産卵前放精…………………小川力也
巻頭言
 人の営みと生物多様性−ため池の現状から……………………………………………………角野康郎…… 73
シンポジウム「淀川のイタセンパラの絶滅を防げ−生態を踏まえた対策を−」
 何が淀川のイタセンパラを絶滅に導いたのか…………………………………………………村上興正…… 75
 淀川におけるイタセンパラ保全活動の歩み……………………………………………………紀平 肇…… 91
 イタセンパラの野生復帰の条件…………………………………………………………………上原一彦…… 95
 イタセンパラ仔稚魚調査からみた淀川の河川環境の変遷…………………………………河合典彦…… 103
 淀川におけるイタセンパラの生活史戦略………………………………………………………小川力也…… 113
原著
 春日山照葉樹林とナギ林における樹木実生集団の比較…………依田綾子・高柳 敦・神崎 護…… 123
 歴史的風土保存地区香久山における竹林拡大…………………………………………………前迫ゆり…… 135
報告
 近畿地方におけるカヤネズミの分布の現状……………………………………………………畠佐代子…… 145
随筆
 自然へのアプローチ−今,若い研究者がとりくんでいること−9
  堆積物の花粉分析に基づく近現代の植生変遷の解明………………………北川陽一郎・井上 淳…… 153
四手井賞
 平成20年度四手井綱英記念賞 選考理由書………………………………………………………………… 159
編集後記…………………………………………………………………………………………………………… 161

入会のお申し込みはこちら
http://www.omnh.net/konc/2008/03/konc.html

バックナンバーの購入はこちら
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/3shop/konc_kakaku.html

2008年08月19日

KONC30(1)が発行されています

KONC30_1.jpg
関西自然保護機構会誌30(1)が発行されています。
目次情報はこちらのpdfに掲載されています。

2008年06月19日

関西自然保護機構会誌29巻までの目次

関西自然保護機構会誌KONCバックナンバーの目次一覧


はこちらでご覧いただけます。
またCiNiiなどの論文検索サイトでも検索可能です。

2008年03月03日

関西自然保護機構会誌の投稿・編集事務のご案内

関西自然保護機構は機関誌として関西自然保護機構会誌を年2回刊行し,自然保護に関する会員相互の知識と経験の交流をはかっています。記事は編集委員の依頼した場合を除き、会員からの投稿(連名者に会員を加えているものも認めます)によっています。
投稿規定及び執筆要領は以下をご覧下さい。
■関西自然保護機構会誌/投稿規定・執筆要領
http://www.omnh.net/konc/toukou_kitei.pdf

なお会誌の編集に関わる事務は以下の編集事務局で行っております。

KONC会誌編集事務局
〒574-8530
大阪府大東市中垣内 3-1-1
大阪産業大学大学院人間環境学研究科(前迫研究室) 気付
TEL : 072-875-3001 FAX : 072-871-1259
e-mail: maesako★due.osaka-sandai.ac.jp
(★を半角@に置き換えて送信してください)