« ジオラボ(1月)「大昔の大阪にたまった火山灰を見てみよう」 | メイン

ジオラボ(2月)「いろんな植物化石」

2019年2月9日のジオラボは、「いろいろな植物化石」でした。
植物化石には、石になったマツボックリ、石の上に付いた葉っぱ、落ち葉のような葉っぱなど、様々な状態があります。また、葉・マツボックリ・幹など様々な部分の化石があります。


geo201902-1.JPG
実体顕微鏡やルーペで、いろんな植物化石を観察しました。


geo201902-2.JPG
石になったヤシの幹、木生シダの幹です。


geo201902-3.JPG
石になったナンヨウスギの球果(マツで言えばマツボックリ)の化石です。切断して磨いてあります。種子とその中にある胚(芽になる部分)が見えます。美しいですね。


geo201902-4.JPG
ツゲの葉の化石です。粘土層から取り出して、プレパラート標本にしました。落ち葉のようです。