2017年08月24日

特別展関連行事

メガ恐竜展2017 「恐竜エキスパート講演会~巨大恐竜の謎にせまる~」

「メガ恐竜展2017」開催中の大阪南港ATCホールにて、平成29年7月29日(土)、恐竜研究で世界をリードする小林博士(北海道大学総合博物館)と林博士(岡山理科大)による「恐竜エキスパート講演会~巨大恐竜の謎にせまる~」を開催しました。

DSCF3626.JPG

林講師は恐竜だけでなく哺乳類が巨大化するメカニズムについて、沢山の情報と写真を詰めて発表されました。
小林准教授はティラノサウルスの生態などを骨や脳の形から復元し、活き活きとした映像とともに紹介されました。
また、ご自身が帰ってきたばかりのアラスカ調査の写真や、いま話題の北海道むかわ町からでた恐竜化石の話題など多岐にわたって聴衆を魅了しました。
講演終了後にも参加者から多くの質問がありました。

DSCF3578.JPG

2017年08月02日

特別展関連行事

メガ恐竜展2017 ギャラリートーク

 7月25日 メガ恐竜展が無事オープンしました。恐竜展に関わった専門家のトークが実施されました。

07mega1.jpg
スペインのディノポリス、アルカラ館長の解説。

 7月27日 メガ恐竜展のギャラリートークを当館学芸員が実施しました。恐竜たちの巨大化等について、分かりやすく解説します。あと4回実施します(各回30分程度)。
8月4日(金) ①午前10時 ②午後1時
8月9日(水) ①午前10時 ②午後1時


07mega2.jpg
恐竜の骨の作りについて紹介しました。

2017年06月07日

野外行事

地域自然史誌リーズ「泉原」

棚田の残る大阪府茨木市の泉原で、初夏の昆虫や生き物、植物、キノコの観察をしました。
2017izuhara1.jpeg


満開のスイカズラです。
2017izuhara2.JPG


かつては、棚田にクロゲンゴロウやシマゲンゴロウがのどかに泳いでいたのですが、コシマゲンゴロウとマメゲンゴロウ類しか見られませんでした。
とはいえ、ため池ではヨツボシトンボの姿を見ることができました。
2017izuhara3.jpeg


他にも、カエル4種の成体やオタマジャクシ、モリアオガエルの卵塊を観察したり、シュレーゲルアオガエルを声聞くことができました。

気候に恵まれ穏やかな野外観察会となりました。

2017年05月23日

野外行事

やさしい自然かんさつ会「海辺のしぜん」

5月14日に、長崎海岸(大阪府泉南郡岬町)にて、やさしい自然かんさつ会「海辺のしぜん」を開催しました。


umi2017-1.jpg
前日の13日、補助スタッフの事前研修として、長崎海岸で採集調査を行いました。天気も海況も今一つでしたが、参加者はお構いなしで磯に張り付き、生き物を探しました。


umi2017-2.jpg
夜、近くの民宿にて、種同定の勉強会をしている様子です。恒例の有山さんの熱心な海藻レクチャーがありました。海藻の触感や匂いも、同定ポイントになるそうです。


umi2017-3.jpg
真ん中の1個体はアサリ、その他はヒメアサリです。今回のイベントとは直接関係ありませんが、今年の大阪湾生き物一斉調査のテーマは「アサリとヒメアサリ」。ということで、勉強にも熱が入りました。山西元館長、石田学芸員によれば、アサリの方がヒメアサリよりも水管が長いということでした。このため、アサリではヒメアサリよりも貝殻の中に水管をしまうためのスペースが大きくなり、貝殻の内側に残る外套膜の跡の湾入(外套湾入)が深くなるということでした。他にも、アサリの方が貝殻の模様(放射肋)がくっきりしている、という違いがあるそうです。この日の調査ではこの1個体を除き全てヒメアサリでした。ヒメアサリの方が外海の影響が強く塩分の高い環境に生息しているそうです。


umi2017-4.jpg
14日、イベント当日。前日とは打って変わって、天気も海況も抜群の一日でした。参加率も高く、賑やかなイベントとなりました。生き物を捕まえたときの少年少女たちのキラキラした表情と、張り切りすぎて深い所まで行ってしまいスタッフに注意されるお父さん達が印象的でした。


umi2017-5.jpg
班ごとに採集した生き物を分別している様子。たくさんの種が採れました。


umi2017-6.jpg
採集後、講師陣によるまとめの様子。種の同定はもちろんのこと、生態や進化にまで言及した解説に惹きこまれました。自然をもっと好きになるような、もっと大切にしたくなるようなお話でした。各班、講師の解説は、拍手喝采で幕を閉じました。

これからもしばらく磯観察のベストシーズンは続きます。是非、海に足を運び、生き物たちに会いに行ってみてくださいね。

2017年02月02日

館内・園内行事

自然史オープンセミナー「菌類講座2017 ナショナルとローカル:菌類ハーバリウム体系の理想を考え、現状を語る」

kinrui1.jpg
1月21日(土)に、自然史オープンセミナー「菌類額講座2017」を開催しました。
参加者は高校生からシニアまで約60名。


kinrui2.jpg
細矢さんからは国立科学博物館の菌類標本庫のこれまでのあゆみと、蓄積・整理や活用のための工夫と困難を話していただきました。


kinrui3.jpg
佐久間からは大阪を中心に地方博物館の菌類標本のコレクションの成り立ち、コレクション形成でのアマチュア研究者の重要性、その上で教育とコレクション形成が一体となった地方博物館と、国立を含む全体の自然史資料の連携が重要という話をしました。


kinrui4.jpg
全体の討議も、少人数でやっている変形菌や藻類のコレクションのネットワークの参考事例や、地方のキノコ会の中には世代交代に苦労しているところもあるなど、各地の実情やいかに間口を広げ、敷居を下げて多くの人の参加を促すか、その上で同時に研究資料活用を勧めていくかなど、様々な役割を博物館に期待している声も多く聞かれました。

2016年11月22日

野外行事

やさしい自然かんさつ会「ドングリと秋の木の実」

161106-1.jpg

11月6日(日)、少し寒かったですが秋のお散歩にはバッチリの天気。枚岡(ひらおか)神社と枚岡公園でやさしい自然かんさつ会「ドングリと秋の木の実」をおこないました。


161106-2.jpg

集合場所の枚岡神社の鳥居の近くでさっそくドングリみっけ! 何のドングリかな?みんなでひろってみよう。


161106-3.jpg

ドングリをひろったときは必ず上も見てみましょう。ドングリも木の実ですから、近くにドングリがなっている木があるはずです。


161106-4.jpg

落ちていたドングリはシラカシでした。


161106-5.jpg

ここではみんなでシイのドングリを拾っています。


161106-6.jpg

ドングリはタネですから、芽がでてきます。これはクヌギの子ども。まだドングリが付いています。


秋の木の実はドングリだけじゃありません。トキリマメやクサギなど鳥が食べる果実やチヂミザサやヌスビトハギ、キンミズヒキなどのひっつきむしも見ました。

今回の行事では、シラカシ、アラカシ、コナラ、クヌギ、アベマキ、ウバメガシ、シイ、ナラガシワ、9種類もドングリをつける木が見られました。枚岡神社・枚岡公園は気軽にドングリと秋の木の実が楽しめる場所です。
みなさんも秋の天気が良い日には近所の神社や公園にドングリさがしに出かけてみていかがでしょうか?

※写真はすべて補助スタッフの北田晴子さんが撮影したものです。

2016年09月02日

特別展関連行事

特別展関連行事「アビナン・ミュージアムの見学」

開催中の特別展「氷河時代−化石でたどる日本の気候変動−」に関連して、大阪市住吉区の我孫子南中学校の中にある「アビナン・ミュージアム」の見学に行ってきました。ここでは、校舎建設時に発見されたナウマンゾウやオオツノジカの足跡化石の複製や、地層のはぎとり標本などが展示されています。

abinan1.JPG

校舎の中に入ると目に飛び込んでくるのは、7mもある大きなはぎとり標本です!


abinan2.JPG

まずはこの巨大なはぎとり標本の前で、中条学芸員・石井学芸員から展示の概要や、地層から読み取れる各時代の気候や自然についての解説を聞きました。


abinan3.JPG

約12万年前の地層には貝がらの化石もあり、かつては海だったことがわかります。


abinan4.jpeg

はぎとり標本の下にはナウマンゾウやオオツノジカの足跡化石(複製)の上を歩けるようになっています。自分の足の大きさと比べてみよう。


abinan5.JPG

展示室には上町層から見つかった貝の化石や、最終氷期の大阪の様子などが展示されています。
他にも、土器などの考古学資料も展示されていました。