あくあぴあブログ あくあぴあの理念(ミッション)はこちら

おもしろいきものひろば

夏鳥??


ノビタキ

【生物名】ノビタキ(ヒタキ科)
【撮影日】平成30年9月22日
【撮影場所】塚脇の田圃
【コメント】毎年、彼岸花の咲く頃に来て、稲刈りが終わると居なくなります。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】秋の渡りに立ち寄るだけなので、見られる期間がとても短く残念です。

割っと可愛い!


モズ

【生物名】モズの雌(モズ科)
【撮影日】平成30年9月17日
【撮影場所】塚脇の田圃
【コメント】雄と違ってサングラスは無し、胸はウロコ模様です。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】メスのほうが模様のメリハリが薄いので、やさしい感じですね

派手々々


ナミアゲハ

【生物名】ナミアゲハ(タテハチョウ科)
【撮影日】平成30年9月17日
【撮影場所】塚脇の田圃
【コメント】バックも被写体も思いっ切り目立ってます!
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】ヒガンバナは毒草ですが、蜜は無毒なのかアゲハには無害なのか?

毛虫


イソヒヨドリ

【生物名】イソヒトドリ(ヒタキ科)
【撮影日】平成30年9月14日
【撮影場所】西之川原
【コメント】垣根の上から草むらに飛び込んで獲って来ました。物凄く視力が良いですね!
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】毛虫の毛はノドに引っかからないのでしょうか。

血吸いコウモリ?



アブラコウモリ

【生物名】アブラコウモリ(科)
【撮影日】平成30年8月29日
【撮影場所】西之川原
【コメント】夕闇に乱舞する蝙蝠の群れ!動きが速くてうまく撮れません。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】コウモリは飛びながら小さな昆虫を食べています。日本には血を吸うコウモリはいません。

真っ赤な赤とんぼ


ショウジョウトンボ

【生物名】ショウジョウトンボ(トンボ科)
【撮影日】平成30年9月11日
【撮影場所】西之川原
【コメント】目玉まで真っ赤でした!
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】真っ赤なのにアカトンボの仲間(アカネ科)ではなく、シオカラトンボなどに近い仲間です。

小魚

オイカワ

【生物名】オイカワ(コイ科)
【撮影日】平成30年8月21日
【撮影場所】トンボの池
【コメント】虹色の脇腹が綺麗です。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】婚姻色のオスですね。夏から秋が繁殖期でオスはとてもきれいになります。

ラブラブ!

ギンヤンマ

【生物名】ギンヤンマ(ヤンマ科)
【撮影日】平成30年8月6日
【撮影場所】トンボの池
【コメント】共同作業で産卵中ですね。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】前がオス、後ろがメスです。オスはおしりの先でメスの目をつかみます

色とりどり


ヤブガラシ

【生物名】ヤブガラシ(セリ科)
【撮影日】平成30年7月10日
【撮影場所】西之川原
【コメント】色々な色の花が咲くので子どものころから宝石箱のように気にいっていました。
【投稿者】魔女
【学芸員のコメント】ヤブを枯らすツルなのでヤブガラシという名前ですが、花の色はきれいですね。

色違い


アマサギ

【生物名】アマサギ(サギ科)
【撮影日】平成30年6月22日
【撮影場所】塚脇の田圃
【コメント】濃淡の亜麻色や白色をとり混ぜて十数羽集まっていました。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】高槻では旅鳥です。繁殖後の渡りに立ち寄ったんでしょうか。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11