あくあぴあブログ あくあぴあの理念(ミッション)はこちら

過去のイベント

【3月20日(土・祝)】 工作教室「バードセイバー(野鳥の衝突防シール)づくり」

バードセイバーを知っていますか?鳥は窓ガラスに写り込む景色を見て、そこへ行けると思いガラスに当たって死んでしまうことがあります。
バードセイバーは窓に貼る、タカの絵などの衝突防止のためのシールです。
紙芝居でおはなしを聞いて、型紙に色を塗り、オリジナルバードセイバーを作ります。


紙芝居
紙芝居で、バードセイバーの役割をききます

色塗り
色を塗って、パウチします

完成
できた!
持って帰って、おうちの窓に貼ってね。

日程: 2021年3月20日(土・祝)
時間: 13:00~15:30の間いつでも
対象:どなたでも(小学生未満は保護者同伴)
講師:豊川尚子さん (特定非営利活動法人 日本バードレスキュー協会会員)
参加者:子ども24人、大人21人

【3月7日(日)】 自然観察会「コケ調べ観察のポイント」 報告

当初は高槻市城内町にある「高槻城公園(城跡公園)」に集まってもらっての観察会を予定していたのですが、
新型コロナウイルス感染症対策として、急遽オンライン講座に変更しました。
オンラインはムリ!という方、本当にごめんなさい。

公園のどんなところにコケがいるのか、コケの特徴や体のつくりの話を聞きました。
登場したコケは、ジンガサゴケやギンゴケなど合計21種類でした。

ジンガサゴケ
ジンガサゴケ

YouTube見逃し配信中。3月28日まで。
https://www.youtube.com/watch?v=-8K7Hzlq_BY


日時:2021年3月7日(日)13時30分~15時30分
場所:オンライン(Zoomミーティング)
講師:道盛 正樹 氏(日本蘚苔類学会会員)
当日参加者数:27名

【2月27日(土)】 講座「自然を守るために私達ができること」 報告

多目的ホールに集まってもらっての講座を予定していたのですが、
新型コロナウイルス感染症対策として、急遽オンライン講座に変更しました。
オンラインはムリ!という方、本当にごめんなさい。

持続可能な開発目標(SDGs)として、私たちにできることは、
環境に配慮した商品を買うことや、身近な自然を見直すこと。
講師の中瀬さんは高槻市在住なので、高槻市内を歩き回り、
たくさんの鳥や植物、町かど遺産などを調べているそうです。

後半は、特定外来生物 ナガエツルノゲイトウの駆除の現状報告についてお話しました

3月21日までYouTubeで見逃し配信しています。
https://www.youtube.com/watch?v=aA-eME0fUZA

日時:2021年2月27日(土)13時30分~15時30分
講師:中瀬勲 氏(兵庫県立人と自然の博物館 館長、あくあぴあ顧問)
    高田みちよ(あくあぴあ主任学芸員)

企画展『「私の水辺」北部地域交流会水辺活動展示会』

企画展『「私の水辺」北部地域交流会水辺活動展示会』がオープンしました!
新型コロナウイルス感染症予防のため、2月7日までのイベントは中止になりましたが、
企画展、常設展は通常どおりやっています。
この展示は、「水辺の楽校」で子ども達が水辺の楽しさ、安全について学んだ成果をパネル等で発表展示しています。
子ども達の力作を見に来てください。

展示風景  展示風景

開催期間:2021年1月16日(土)~2月7日(日)
開催場所:あくあぴあ芥川1階 企画展スペース
入館:無料

プレスリリースはこちら

2021水辺展ポスター


【あくあぴあ芥川情報】
住所:〒569-1042 高槻市南平台5丁目59番1号
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日が休館日)
開館時間:午前10時~午後5時
アクセス:電車の場合
 JR高槻駅 北5番乗場「平安女学院・関西大学」行き(乗車時間 約15分)「南平台小学校前」下車すぐ
 JR摂津富田駅 1番乗場「奈佐原」行き(乗車時間 約15分)「北南平台」下車徒歩約10分

【駐車場のご案内】
 芥川緑地駐車場 利用料金
 普通自動車 1時間ごとに100円(一日最大400円)
 利用時間 8:00~18:30(6月~9月は19:30まで)

企画展「持ち寄り写真展~四季・楽しみ憩う芥川~」

内容:市民の皆さまから募集した、四季を通じての芥川の風景、人や生きものの憩いの場となっている様子、これからも残しておきたい芥川の景色や珍しい写真などの写真を展示しました。

開催期間:2020年10月10日(土)~2021年1月11日(月・祝)
開催場所:あくあぴあ芥川1階 企画展スペース
入館:無料

芥川写真展ポスターol.jpg
●プレスリリース(PDF)はこちら

【子どもワークショップ】 芥川のでっかい鳥  ※中止

今回の子どもワークショップは「芥川のでっかい鳥」です。
どのくらいの大きさかな?
芥川で見られる大きな鳥を、剥製でじっくり見るよ。

※新型コロナウイル感染症予防のため、中止になりました(2021/1/15/18:05)

開催日:2021年1月16日(土)・17日(日) / 2月6日(土)・7日(日)

時間:1日6回、各回20分程度(11:00~/11:30~/13:30~/14:00~/14:30~/15:00~)

場所:当館1階鳥のはくせい展示前
対象:となたでも(4才以上の人にぴったり)
定員:各回8名
備考:参加費無料、申し込み不要(当日会場にて、受付)

※新型コロナ対策のため、内容を変更する場合があります。
でっかい鳥ポスター.jpg

【12月16日】あくあぴあのおはなし会報告&次回予告

今日ははじめてのお友達がたくさん来てくれました。
紙芝居、パネルシアター、エプロンからサンタクロースも登場しました。
テーマは「きらきら」。あくあぴあからは昆虫や鳥の羽根など、キラキラ輝く構造色を持つ生きものを紹介しました。
みんな興味津々で、昆虫の標本箱を見たり、鳥の羽根にさわっていましたよ。
次回のおはなし会は2月24日(水)11時スタートです。
ほんものの生きものが出てくる、ちょっと特別なおはなし会。
みなさん遊びにきてください。

おはなし会 おはなし会
おはなし会 おはなし会
日時:2021年2月24日(水)11時~11時30分
場所:あくあぴあ芥川 3階 多目的ホール
講師:おはなしうさぎ
対象:未就学児とその保護者
参加者:17人
申込:不要  参加費:無料

子どもワークショップ「おさかなスタンプで川をつくろう」 報告

今回の子どもワークショップは「おさかなスタンプで川をつくろう」でした。
2階の水槽にいる生きものを観察したあと、スタンプカードをつくりました。
壁の画用紙にも貼って、みんなで大きな川をつくりました。

2つのグループにわかれて、3種類のお魚たちをじっくり見たよ。
s-IMG_8819.jpg

・ピンクグループは、【ウナギ・ミナミメダカ・ドンコ】
s-P1290660.jpg ピンクグループのカード用紙.jpg

・みどりグループは、【イシガメ・オイカワ・ムギツク】
イシガメの水槽前.jpg みどりグループのカード用紙.jpg

お気に入りのおさかなスタンプを、カードに押したよ。
スタンプ用紙にさかなスタンプを押している様子 距離をとってスタンプを押している参加者たちの様子

別のカードにもお気に入りのおさかなスタンプを押して、
壁の大きな川に貼って、生きものいっぱいの川を作ったよ。
どこに貼ろうかな 川の作品


生きものいっぱいの大きな川ができあがりました。
参加してくれたお友だち、ありがとう!
P1290862.jpg

当館スタッフは、みんなが作ってくれたこの川には、どの魚が何匹いるのか、気になりました。
後日、頑張って数えてみようかな。
__________________________________

開催日:2020年10/17(土)・18(日)、11/14(土)・15(日)、12/12(土)・13(日) 〔6日間〕
時間:11:00~/11:30~/13:30~/14:00~/14:30~/15:00~ (各回20分)
定員:各回8名
参加費:無料
申込:不要、当日受付
参加者数:子ども182名、大人144名 〔合計326名〕
※新型コロナウイルス感染症対策として、2グループに分かれて実施
__________________________________

【12月6日(日)】工作教室「芥川で冬の植物をひろってリースに飾ろう」報告

リースの土台を作ります。
堤防に生えているクズをとってきて、
ぐるぐる…まきまき…。
P1290804.jpg
土台ができたら、飾りの植物を探します。
あくあぴあの周りに生えている植物を、
今回は特別に採集しました。
よくみてみるとかわいい実や花がついていたり、きれいな色をしていたり。
意外な発見がたくさんありました。
P1290822.jpg
あくあぴあにもどり、植物の解説を聞いた後、
リースの飾りつけをしました。
みんな、すてきなリースに仕上がっていました。
飾るのが楽しみですね!
P1290828.jpg

開催日:2020年12月6日(日)
時間:13:30~16:00
場所:当館3階 多目的ホール
講師:ネイチャーたかつきのみなさん
対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
参加者数:24名
参加費:無料

11月23日(月・祝)講座「自然と本と博物館~自然観察は楽しい!~」

『心のさんぽ ありふれた 景色が特別になる』など、自然観察の入門書の著者による、自然の見方の講座の後、芥川緑地で自然観察をいつもと違う見方で実践しました。

自然の見方のお話を聞きました。
楽しむ、知る、感じる、考える!「知ってるつもり」ではなく、能(よ)く見ることが大切!
お話 講座全景


お話のあと、芥川緑地に出て自然観察を実践しました。

落ち葉さがし 大きさいろいろ
ケヤキの落ち葉で一番大きい葉、一番小さい葉だと思う葉をみんなで拾いました。
なんでこんなに大きさが違うんだろう…。

ムクノキ
ムクノキの葉で小枝をこすってみました。
小枝がつるつるピカピカに!昔の人は、やすりとして使っていたのか~!

アリの道
この線なんだろう…。(アリが何回も通ってできた道「蟻道(ぎどう)」)

”壁のシダ"
なんでここにだけ生えてるん?!

ケヤキ
木の枝の広がり方を見てみる。
などなど、こんな自然観察の仕方があることに実践を通して気づかせてもらいました。

多目的ホールに戻ってからは、海辺の自然観察として微少貝の観察をしました。
貝殻さがし 貝殻さがし
海や浜辺にこんなにたくさんの種類の小さい貝がいるんだね。

微少貝
探し出した微少貝は、こんなに小さいのに大人です。
そして、全部形が違うということは全部違う種類です。
広い広い海の中に、こんな小さな貝がたくさんいるとは驚きですね。
拾って並べた貝殻は、小さなケースに入れて持って帰りました。

――――――――――――――――――――――――――
開催日:2020年11月23日(月・祝)
時間:13:30~15:30
場所:当館3階多目的ホール、芥川緑地
講師:菅井啓之 氏(京都光華女子大学こども教育学部教授)
対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
当日参加者数:18名
備考:事前申込み制(定員20名)
――――――――――――――――――――――――――

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11