あくあぴあブログ

過去のイベント

9月10月子どもワークショップ「とりのくちばし とりのごはん」終了しました

9月10月は、この時期に開催される企画展「高槻の空を渡るタカ」に合わせて、鳥に注目した子どもワークショップをしました。

今回のワークショップは、鳥のくちばしに注目。
よーく見ると、鳥の種類によってくちばしのかたちが違います。
ほそながい、とがってる、ちいさい、ひらべったいなどなど。
くちばしのかたちは、その鳥が食べているものと大きな関わりがあります。
あくあぴあにあるいろいろな鳥のはく製のくちばしを見たあとに、くちばしのかたちを想像しながら鳥のお絵かきをしました。
作品の1枚は、あくあぴあで飾るために、置いていってもらいましたよ。
1階で開催中の企画展コーナーで展示していますので、ぜひ見に来てくださいね。

写真は9月16日(土)の様子です。

ohanasi1 ohanasi2
oekaki1 oekaki2 oekaki3
dekita1 dekita2 dekita3
minnanosakuhin kodomotosutaffu

日時
9月16日(土)、17(日)※暴風警報発令による閉館のため実施なし、10月14日(土)、15日(日) 10:45、11:30、13:30、14:15、15:00
場所
あくあぴあ2階展示室
参加数
130人

【10月13日(金)】講座「自然と本と博物館 ①あくあぴあの使い方」

子どもの育成や教育にかかわる人を対象にした講座の第1回目を行いました。
あくあぴあをもっと利用してもらいたいと思い、企画した講座です。
はじめに、多目的ホールであくあぴあの利用の仕方や貸出しできる標本・キットなどについて紹介しました。
その後は、普段は公開していないバックヤードを中心に館内を周りました。

171013kouza_01.jpg 171013kouza_02.jpg
171013kouza_03.jpg 171013kouza_04.jpg
171013kouza_05.jpg 171013kouza_06.jpg
171013kouza_07.jpg 171013kouza_08.jpg


日時
2017年10月13日(金) 10:30~12:00
場所
あくあぴあ3階多目的ホール
参加者
6人

【10月1日(日)】自然観察会「初秋のキノコ」終了しました

10月1日(日)に自然観察会「初秋のキノコ」を行いました。
お天気にも恵まれ、初秋の気持ちの良い気候の中、たくさんのキノコを見つけることができました。

今回の観察会で見ることができたキノコ
 ニガクリタケ,アセタケ,シラタマタケ,ルリハツタケ,ヒメカバイロタケ,カバイロツルタケ,ハツタケ,チチアワタケ,テングタケ,クサウラベニタケ,アカヤマドリ,アミタケ,ヌメリイグチなど

共催:大阪市立自然史博物館

kinoko_01.jpg kinoko_02.jpg
kinoko_03.jpg kinoko_04.jpg
kinoko_05.jpg kinoko_06.jpg
kinoko_07.jpg kinoko_08.jpg


日時
2017年10月1日(日) 10:30~15:00
講師
佐久間大輔氏(大阪市立自然史博物館学芸員)
場所
摂津峡など
参加者
22人

ハグロトンボしらべ隊調査会 最終回

今日は最後の調査でした。この時期にしては17頭も取れました。西山川と正恩寺橋に行きました。川の水は冷たかったです。今年は去年と同じぐらい取れました。ありがとうございました。
(Y.O.)


今日、最後のハグロトンボしらべ隊がありました。正恩寺橋と西山川に行きました。羽がボロボロのトンボがいました。この時期にしてはトンボがいました。修了式で今年の調査のまとめと表彰式がありました。一番長生きしたトンボは81日で、最も長距離移動したのは約1200m移動したことがわかりました。
(R.F.)


芥川で採集

芥川へ降りてみました。
予想外にハグロトンボがいました。


西山川

西山川へも降りてみました。


修了式

修了式。1年間のまとめと、最多参加者、最長移動個体採集者などの表彰式を行いました。

今年のハグロトンボしらべ隊の活動はこれでおしまいです。
データをまとめたら3階の手すりに掲示しますので見に来てください。

来年もまた調査を行います。
ぜひご参加ください。

ハグロトンボしらべ隊 第8回捕捉調査

今日は台風18号の後の調査でした。なので、台風で流れたか、もともといないのかわかりませんが、80頭しかいませんでした。今日はメスが多かったです。TOさんが1000頭を突破しました。おめでとうございます。また、今も更新中です。今日はあまりとれなかったので、午前しか調査しませんでした。調査中にカワセミも見ました。
(Y.O)


増水

昨日の雨で、芥川はかなり増水しています。


採集

水に入らない場所で採集とマーキングを行いました。


まとめ

ホールでまとめ。

次回は10月1日(日)です。
最終回は再捕獲調査と今年の調査結果発表、表彰式です。
隊員の皆様はぜひご参加ください。

【9月17日(日)】自然観察会「秋の虫たち」中止でした

9月17日(日)に開催予定だった自然観察会「秋の虫たち」は、暴風警報が発令されたことによる臨時閉館のため、中止しました。
とても残念ですが、またのご参加をお待ちしています。
日時
2017年9月17日(日) 13:00~15:00
講師
稲本雄太氏(けいはんな記念公園)
場所
あくあぴあ3階多目的ホール

企画展「芥川と魚たち」終了しました

企画展「芥川と魚たち」は終了しました。
みなさん、石は持ち上げられましたか?
ishi01
展示コーナーの一角にある、川の中の生物をさがして遊ぶところにある、この石です。
ishi02
お、重い・・・。



ishi03
と、思ったら!
なんと軽々持ち上げられます!
実はこれ、新聞紙で作った石の張りぼて。小さな子でも軽々持ち挙げることができます。
あくぴスタッフ渾身の手作りなんですよ。
本物の石そっくりで、「何岩だろう?」と思う人もいたようです。
常設展示のどこかに出そうと思っています。試せなかった方はご期待ください。

ハグロトンボしらべ隊 第7回調査

午前は、まず、正恩寺橋を渡り、川に入って正恩寺橋上流は100頭以上採れました。そして、西之川原橋て前で陸に上がり、西之川原橋上流でまた川に入り、7,80頭ぐらい採れました。水路も少し採れて、また陸に上がりました。トンボ池も20頭ぐらい採れました。そして、合計午前は221頭採れました。
(Y.O.)

午後はトンボ池に行ってから西之川原橋の下流に降りて採りました。そして、正恩寺橋から水道橋に向かって調査しました。今の時期のハグロトンボは水辺付近をよく飛んでいました。オスはなわばり争いをしていました。メスは産卵をしていたのか、尾がぬれていました。
午後は161頭捕まえました。午前・午後合わせて382頭でした。
(R.F.)


川で採集

成熟した大人のトンボをとりに川へ。


記録

採れたら記録


部屋で記録

部屋へ戻って地図作成。
たくさん採れると時間がかかります。


集計

みんなで採れた数を発表して集計。
今日は382頭でした。

【6月17日(土)~9月3日(日)】企画展「芥川と魚たち」終了しました

高槻市を北から南へ流れる芥川は、流路延長23.2㎞。
山間部の渓流域から摂津峡を通り、ゆるやかに市街地を流れ淀川にそそいでいます。
川の中をのぞいてみると、深いところや浅いところ、流れの速いところやたまっているところがあり、いろいろな環境がある芥川には、たくさんの種類の魚がすんでいます。

今回の企画展では、芥川の様々な環境とそこに生息する多様な魚たちについて、これまで当館が行ってきた調査結果を交えながら紹介しました。
この企画展が芥川にすむ魚たちの生息環境、生き方について目を向けるきっかけになれば幸いです。


20170616_01
芥川全体の様子がよくわかります。

20170616_02 20170616_03
あくあぴあや大阪市立自然史博物館に保存されている液浸標本を17点展示しました。
芥川で50年前に記録されて以降見つかっていない魚も登場しています。

20170616_04 20170616_05
川の中の大きな石の下には、魚をはじめ、いろいろな生き物が隠れています。

プレスリリースはこちら(PDF)
日時
2017年6月17日(土)~9月3日(日)
場所
あくあぴあ芥川1階企画展スペース

【7月28日~8月31日】出張展示「セミ」@篠山チルドレンズミュージアム終了しました

兵庫県にある子どものためのミュージアム、「篠山チルドレンズミュージアム」にて、あくあぴあの出張展示「セミ」を行いました。
たくさんの子どもたちが見に来てくれました。

20170727_01
展示風景1

20170727_02
展示風景2

20170727_03
展示風景3

20170727_04
セミとその仲間の昆虫の標本


20170727_05
アブラゼミのマント。なりきれます。

20170727_06
善意のあみは、チルドレンズミュージアム提供。みなさん網は持ってこられていたようです


篠山チルドレンズミュージアムは、楽しい展示やイベントがたくさん。
子どもだけでなく大人も楽しめる施設です。
ぜひ遊びに行ってみてください。
篠山チルドレンズミュージアム
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11