あくあぴあブログ

あくあぴあ ブカツ プロジェクト

あくあぴあではいくつかの調査や活動をみなさんと一緒に行ってきました。どんな活動があるのか、どうやったら参加できるのかがわかりにくいので、全部をブカツ(部活動)として位置づければもっとみなさんに参加していただけるんじゃないか、という試みです。現在9つの部があります。みなさんも参加してみませんか?

あくぴ・くらぶ あくあぴあのファンクラブ。年に4回程度あくあぴあからニュースレターが届きます。

おてつだい隊 あくあぴあで突発する仕事のお手伝い(池掃除やジャズスト、標本整理など)。

ハグロトンボしらべ隊  ハグロトンボのマーキング調査。6~10月の毎月2回。

芥川 鳥類調査隊 高田学芸員の芥川の定例鳥調査(ルートセンサス)に同行。月1回。

芥川おそうじ部 あくあぴあ周辺の芥川でごみ拾いをしています。たかつき環境市民会議水環境保全グループのメンバーが中心となり、毎月第3火曜日の午前中実施。

鳥剥団(とりむきだん) 鳥やほ乳類などを解剖して標本にします。(現在会員の公募はしていません。詳しくは高田主任学芸員まで)

チーム・ボンドガール トラップで採集した微小な昆虫(主にハチ)を標本にします。

芥川 たのしみ隊 芥川で澪筋(みおすじ)を作ったり、水草を駆除するなどの川づくりの活動をしています。NPO法人芥川倶楽部が中心となった活動です。

芥川緑地クラブ 芥川緑地の林を整備し、遊歩道作りを目的にしています。


活動報告や次回活動予定などは3階事務所前の手すりに掲示します。
ブカツのパネル
9つの部の様子がわかるようになっています。

それぞれの部
それぞれの部にお知らせボードがあります。

詳しくは館内掲示ポスターをご覧ください。入部に際しては、事務所までお問合せください。
みなさんの参加をお待ちしております。

JICA課題別研修「博物館とコミュニティ開発」

今日は、2016年度JICA課題別研修「博物館とコミュニティ開発」 個別研修「地域歴史博物館の運営」プログラム に協力しました。

難しそうなタイトルですが、世界各地の博物館のための JICA(国際協力機構)の博物館研修です。今日はJICAの世話人(?)の吹田市立博物館からの依頼で、エジプト、ヨルダン、メキシコ、ペルー、サモアからの5人の博物館学芸員にあくあぴあを紹介しました。

館内見学
午前は館内案内


ワークショップ体験

午後から子どもワークショップの紹介
子どもの気分になって、とっても楽しんでもらえました。


ディスカッション

あくあぴあの経営と、地域とのつながりを紹介。
その後ディスカッション

ディスカッションではボランティアは何人ぐらいいてどういう組織立てなのか、とか、
その費用はどう工面しているのか、とか、経営に係わる話になりました。
子どもワークショップについては自国に持ち帰りたい工夫や理念があったとのこと。

スタッフ持ち寄りのお菓子やお茶に興味津々。
なりきりマントや館内クイズで自撮りをしたり、大盛り上がり。
1日楽しく、新しい発見もあったようです。


みんなで写真

みんなで記念写真


あくあぴあが国際協力でき、参考になる博物館になったということが、
NPO芥川倶楽部NPO大阪自然史センターが運営するようになってからの成果であり、
世界の役に立ってるんだなぁと実感できる幸せな瞬間です。

【3月4日(日)】あくあぴあ・クラシックコンサート

家族3世代のアンサンブル、グループ・ジュネスによる室内コンサート。
バイオリン、ピアノ、フルート、チェロ、ギターの音色がとても美しいですよ。
クラシック音楽にふれたことのない方や、小さなお子さんもぜひ。

日時
2017年3月4日(土)14:00~15:00
参加費
無料
場所
あくあぴあ3階多目的ホール
対象
どなたでも
申込み
不要
定員
30人

【2月4日(土)】講座「特定外来生物のお話」

特定外来生物ってなに?
特定外来生物がいると、何なの?
そんな基本情報から事例紹介まで、お話します。
また、高槻市で今年初めて確認されたオオバナミズキンバイについての情報提供も行います。
オオバナミズキンバイ

日時
2017年2月4日(土)13:30~15:30
参加費
無料
場所
あくあぴあ3階多目的ホール
講師
池田哲哉さん(環境カウンセラー)、栗林実さん(近江ウェットランド研究会事務局長)
対象
小学生以上(小学2年生以下は保護者同伴)
申込み
1月5日(木)9:00~電話申し込み
定員
30人
チラシはこちら

【1月28日(土)】自然観察会「バードウォッチング」

芥川沿いを歩いて、鳥を探します。
初めての方も、ぜひどうぞ。

日時
2017年1月28日(土)13:30~15:30
参加費
無料
場所
芥川緑地付近
講師
高田みちよ(当館主任学芸員)
対象
小学生以上(小学生は保護者同伴)
申込み
1月5日(木)9:00~電話申し込み
定員
30人

【1月14日(土)】自然観察会「町のなかのコケ」

最近、さまざまな世代に人気のコケ。
芥川緑地に生えるコケをじっくり観察します。
小さくて美しい世界ののぞいてみませんか?

日時
2017年1月14日(土)13:30~15:30
参加費
無料
場所
芥川緑地付近
講師
道盛正樹さん(日本蘚苔学会会員)
対象
小学生以上(小学生は保護者同伴)
申込み
1月5日(木)9:00~電話申し込み
定員
30人

【11月13(日)】自然観察会「芥川の石ころ」終了しました

上ノ口バス停近くで100万年前のワニやカキが出た地層を見たあと、下条橋へ。
ここから上流側を見ると原盆地、下流側を見ると摂津峡と、まったく特徴の異なる景色見られます。
どうしてこうなってるんだろう?という講師の先生からの問いに対し、
ポイントとなる地質などを見ながら考える、謎解きのような観察会となりました。
風化した花崗岩の前で、風化するということはどういうことか?
岩石と地球の気温の変化との関係(!!)などのお話しもあり、おどろきがいっぱいの観察会でした。

IMGP0005.jpg IMGP0009.jpg IMGP0019.jpg IMGP0008.jpg
日時
2016年11月13日(日)10:00~15:00
講師
川端清司さん(大阪市立自然史博物館 学芸員)
参加者
14人

足環確認

翔三朗は高槻市の鳥なので、毎年市の担当部局が足環の確認を行います。

怒ってる
つかまれるのが嫌いなので、とても怒っています。

なでると喜ぶ
額を撫でられるのは好きなので、機嫌がなおってきました。

クチバシが少々伸びすぎです。
鳥のクチバシはホネの上に爪のような硬い皮がかぶっているので、先が徐々に伸びます。
野生だとちょうどぐらいに削れるのですが、飼育すると伸びすぎることがあります。
フクロウはついばむ鳥ではないし、今のところ食べるのに不自由はなさそうなので大丈夫でしょう。

池掃除をしました

今日はコイの池の掃除をしました。ボランティアのみなさんと、高槻市職員の総勢17名に手伝っていただきました。

池掃除
汚れた水とゴミを捨てて洗います。

コイを移動
きれいになったほうにコイを移動させます。

ほぼ完成
今日はとても作業が早く進み、昼過ぎには綺麗になりました。

コイを戻す
水を張った大きいほうにコイを戻します。

きれいになった
透明な水にコイが泳ぐのが見えるようになりました。お手伝いいただいたみなさん、ありがとうございました。

【12月17日(土)、18日(日)、1月21日(土)、22日(日)】子どもワークショップ「たまごごろん」

ニワトリ、カラス、ダチョウ・・・。
いろんなとりの たまごの かたちを くらべてみよう。
ころころころ・・・「せっけんねんど」をまるめて たまごのかたちも つくってみるよ。

tamago


日時
2016年12月17(土)、18(日)、2017年1月21(土)、22(日)、 10:45、11:30、13:00、13:45、14:45
場所
あくあぴあ2階展示室
参加費
無料
対象
4歳以上の人にぴったり
受付
当日会場にて受付
協力
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11