あくあぴあブログ

今日はボンドガール活動日

今日はボンドガールの活動日でした。先月から芥川緑地に仕掛けてあるトラップをみんなで回収しに行きました。

トラップ点検
トラップのビンの入り口に大きなクモが巣を作ってしまい、入ってくる虫をどんどん食べている状態でした。ビンを回収して新しいビンを取り付けます。


捕れた昆虫

トラップの中身です。それなりに昆虫が取れています。ほとんどハエの仲間で、ハチが少し、甲虫が少し、トビケラが少し、でした。フユシャクというガの仲間が取れました。冬に成虫が発生し、メスには翅がないとてもかわったガです。集まった昆虫はあくあぴあの標本として収蔵します。

次回活動日は3月11日です。この日は日本博物館学会&日本ミュージアムマネージメント学会の研究会が見学に来ます。その横での活動となりますので、ちょっと狭いですがご了承ください。

視覚障害者への対応研修をしました

あくあぴあに限らず、博物館のものはほとんど全部ケースに入っています。様々な障害がある中で、スロープや多目的トイレなどは充実しつつありますが、展示ケースはなかなか変わりません。あくあぴあも水槽やケースが多く、障害の中で視覚障害者が一番遠い存在であるように感じていました。
そこで、社会福祉法人日本ライトハウスの方に講師に来てもらい、スタッフ研修を行いました。


20170214UMkenshu1.jpg

最初に基本的な研修です。
視覚障害者といえば全盲を意識しがちですが、弱視の方のほうが多いとか、色盲では障害者認定されないとか。
「これ」「あれ」ではなく「右側」「10時の方向」などと言うこと、とか。
白杖は視覚障害者である目印として持っている方もいる、とか。
突然手をつかむとびっくりするので、先に「手引きしましょうか」と声をかけること、とか。
わからないことは直接聞けばいい、とか。
知らなかったことがたくさんありました。


20170214UMkenshu2.jpg

次に、館内を実際に見て回ります。
黒い眼鏡は弱視を体験するもので、
視野は広いけど全体にぼんやりしているもの、
視界はクリアだけど視野が狭いもの、
片目は完全に見えないもの、
などの体験眼鏡をかけて館内を歩いてみます。
実際にやってみると、真っ白な壁に真っ白な廊下はかなり怖いです。
階段の角の赤い滑り止めはデザイン的にイケてないと思っていましたが、とても重要なサインでした。


20170214UMkenshu3.jpg

全盲のスタッフさんの手引きも体験しました。
予想とちがってスタスタ歩いてくださるので、ヘンに気を使わなくても大丈夫ですが、「ここから下り階段です」とか、必須な言葉はあります。
自分と体格の違う方を案内する場合には特に要注意です。痛い目に合わせてしまうと信頼を失うので、二人分が通れることを確認することが大切。

みっちり研修していただきましたので、これからはちゃんと対応できるようになるはず。
展示室の安全性や案内ラベルなど修正ポイントがたくさんあったので、できるところからどんどん改善して、4月からは「どうぞいつでもお越しください」という案内を出す予定です。今来ていただいても、もちろん歓迎です。

【2月18日(土)、19日(日)、3月11日(土)、12日(日)】子どもワークショップ「ハネハネはりえ」

あくあぴあの前にながれる川は、冬になるとカモたちがやってくるよ。
カモのはくせいを じっくりみて、羽のもようや色をかんさつしたら、はりえを してあそぼうね。

2013harie1 2013harie2 2013harie3
(写真は前回の様子)

日時
2月18日(土)、19(日)、3月11日(土)、12日(日)、 10:45、11:30、13:00、13:45、14:45
場所
あくあぴあ2階展示室
参加費
無料
対象
4歳以上の人にぴったり
受付
当日会場にて受付

【2月22日(水)】あくあぴあのおはなし会

いきものいっぱいのあくあぴあおはなし会。
絵本をよんだり、手遊び歌遊びをします。
ほんものの生き物やあくあぴあの標本なども登場しますよ。
あくあぴあで、自然にふれるいちばんやさしい催しです。

先日は、おはなし会で絵本を読んだり、手遊び歌遊びをしてくださっている「おはなしうさぎ」のお二人と打ち合わせをしました。
2月のテーマは「おさかな」。
お二人が選んだたくさんの本を広げて、どれを読もうか、どんな順番でお話しようか、小さな子はこっちの方が好きかな?などなど、話し合いました。
「読み方ひとつで、子どもたちの反応も変わるんですよ」と、おはなしうさぎさん。

ohanasiusagi.jpg

子どもと絵本を楽しみたいけど、どんなふうにしたら?と考えている親御さんは、あくあぴあのおはなし会が何かのヒントになるかも??
お子さんと一緒に、お気軽にご参加ください。

館内には、授乳室、おむつ替えの台、キッズコーナーがあります。
またお湯が必要な方はお申し出くださいね。

協力:おはなしうさぎ

日時
2017年2月22日(水)11:00~11:30
場所
3階多目的ホール
参加費
無料
対象
未就学児とその保護者

「鳥の巣と卵」をちょっと修繕

3階の事務所前に設置してある「どの鳥の卵かな?」のパネルをちょっとだけ修繕しました。イラストの中に鳥とその巣が描かれていて、鳥の巣と卵を合わせ、卵カードを巣にくっつける、というものです。巣の中と卵の裏面にはマジックテープがついていたのですが、みんなが使ってくれるたびにテープが弱り、最近ではあまりくっつかなくなっていました。
そこで、卵の裏面を磁石、巣の中も磁石に変えました。


20170208torinosu1.jpg
  
20170208torinosu2.jpg

ところが、磁石同士だと中途半端に反発するので、鉄板に変えることにしました。
ちょうどいい鉄板がないので、物入れに使っていたお菓子の箱をつぶしました。


20170208torinosu3.jpg
  
20170208torinosu4.jpg

完成。巣の中がキンキラキンですが、使いやすくはなったんじゃないでしょうか。
あくぴは廃棄物や台所用品でなんとかする、主婦の知恵みたいな展示が多いです。
「手作り感があっていいね」とほめてくださる方が多くて有り難いです。

【2月4日(土)】講座「特定外来生物のお話」

6回目の特定外来生物のお話を開催。定員30名満杯。池田さんからは生物多様性と外来生物について。わかりやすい先生のお話は小さなこどものたちも面白かったようです。栗林さんからは、琵琶湖でのミズヒマワリ、ナガエツルノゲイトウ、オオバナミズキンバイの状況と、高槻市でのオオバナミズキンバイの状況。 大阪府、高槻市、茨木市、民間の垣根をなくした話し合いができたような感じ。スタッフのみんな、ありがとうございました。
20170204gairaishu1.jpg
会場はほぼ満席。小学生も来てくれました。

20170204gairaishu2.jpg
環境カウンセラーの池田哲哉さん。河川の環境と生物の多様性などの話をわかりやすく解説してくれました。

20170204gairaishu3.jpg
近江ウェットランド研究所の栗林実さんからは、琵琶湖とその周辺の水路や池に、オオバナミズキンバイなどの外来種の水草が恐ろしい勢いで繁茂する写真をたくさん見せていただきました。

オオバナミズキンバイ
オオバナミズキンバイはこんな花です。近所で見かけたら、あくあぴあか高槻市環境緑政課へ通報ください。

日時
2017年2月4日(土)13:30~15:30
参加者
30人
場所
あくあぴあ3階多目的ホール
講師
池田哲哉さん(環境カウンセラー)
栗林実さん(近江ウェットランド研究会事務局長)
チラシはこちら

オリジナルグッズ「オイカワはがき」発売中

2017oikawa_postcard

あくあぴあのオリジナルグッズ
「オイカワはがき」
できました!

オイカワの美しいからだの模様がよく分かるように、実物より少し大きめにして作りました。
120円切手を貼れば、ポストカードとして送ることができます。
お部屋に飾ってもかわいい。
他のどこにも売っていない斬新なはがき、ぜひお手に取ってご覧ください。

■オイカワはがき 1枚300円
3階ミュージアムサービスで発売中

常設展「ポンポン山」を模様替えしました

あくあぴあ1階にある「ポンポン山」の生きもののコーナーを模様替えしました。エレベーターのないほうの階段にある造花が古びてきたので撤収し、高槻にある花だけをポンポン山コーナーに移動させました。


Before

Beforeはこの状態。
シカやイノシシ、ヤマドリ、アオダイショウなど、ポンポン山にいる大型動物のジオラマ展示。
7年前に配置換えしてからずっとこの状態でした。


After

After!階段の造花を移動させ、花盛りにしたのですが、遠くからだとあんまり変化がわかりませんね。


フクジュソウやコスミレ

けものたちの足元にも小さな花を配置。
フクジュソウやコスミレなど、ポンポン山にある植物たちです。


ドクダミ

イノシシの前にはドクダミ。

この造花は15年ぐらい階段に展示されていたのですが、ほこりをはらって形を整えれば、生き返りました。
とても精巧に作られていて、ちゃんと種名がわかる造花たちです。捨てるなんてもったいない。
少々古びているのは大目に見てください。

階段も徐々に変わっていく予定なのでお楽しみに。

【2月4日(土)~3月5日(日)】企画展「『私の水辺』北部地域交流会水辺活動展示会」

「水辺の楽校」で子どもたちが水辺の楽しさ、安全について学んだ成果を、パネルなどで発表します。
子どもたちと川の関わりの様子を、ぜひご覧ください。

20170203_mizube1

20170203_mizube2

日時
2017年2月4日(土)~3月5日(日)
場所
あくあぴあ芥川1階企画展スペース

プレスリリースはこちら(PDF)

欲張り?


ニホンリス

【生物名】ニホンリス(リス科)
【撮影日】平成29年1月17日
【撮影場所】摂津峡
【コメント】口一杯に松葉を頬張って木から降りて来ました。一体何に使うつもりでしょうか?
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】おそらく巣材に使うのでしょう。リスは鳥のように木の上に木の皮を集めて丸形の巣を作ります。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11