あくあぴあブログ

冬にツバメ!


イワツバメ

【生物名】イワツバメ(ツバメ科)
【撮影日】平成28年12月4日
【撮影場所】名神高速の下
【コメント】季節外れに?十数羽の群れが飛び回っていました。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】ツバメ自身は寒くても大丈夫じゃないかと思います。エサになる虫が発生するような暖かい場所がどこかにあるはず・・・。

年末年始休館のおしらせ

あくあぴあ芥川は12月28日(水)から1月4日(水)の期間は休館です。新年は1月5日(木)から開館します。

何で陸上に?

イモリ

【生物名】ニホンイモリ(イモリ科)
【撮影日】平成28年11月22日
【撮影場所】釣堀の横
【コメント】普通は水底に沈んでいる様ですが...?
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】なんででしょう。井から引っ越しでしょうか?

色が付きました

トモエガモ

【生物名】トモエガモ(カモ科)
【撮影日】平静28年11月16日
【撮影場所】今城塚古墳の濠
【コメント】顔の巴模様がはっきりして来ました。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】10月26日に撮影された個体ですね。お嫁さん候補は来てるのでしょうか。

ツーショットPart3

オオタカ

【生物名】オオタカ(タカ科)(下)とチョウゲンボウ(ハヤブサ科)(上)
【撮影日】平静28年11月11日
【撮影場所】郡家本町
【コメント】裏返しに飛んだりして飛行能力をアピール??
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】どっちがどっちにちょっかいをかけてるのかわかりませんが、少なくとも仲良くなさそう。

ツーショットPart2


ホシハジロ

【生物名】ホシハジロ(カモ科)
【撮影日】平静28年11月2日
【撮影場所】今城塚古墳の濠
【コメント】こちらも雌の方が地味!
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】カモは一般的にメスが地味ですね。男子が着飾って婚活するのがカモ類の定番です。

ツーショット

キンクロハジロ

【生物名】キンクロハジロ(カモ科)
【撮影日】平成28年11月10日
【撮影場所】今城塚古墳の濠
【コメント】地味な方が雌ですよね?
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】そのとおり。手前がオスで、奥の茶色っぽいのがメスです。季節が進むとオスはもっと金黒羽白になります。

【12月14日(水)】あくあぴあのおはなし会終了しました

12月のおはなし会、終了しました。
12月のテーマは「鳥と鳥のはね」でした。

おはなしうさぎさんが、カラスの絵本やいろいろな鳥がたくさん出てくる絵本を読んでくださった後に、あくあぴあの鳥の標本(オシドリとヤマドリ)や、カラス・フクロウの羽を紹介しました。
ヤマドリの尾っぽの羽はとっても長く、参加してくれた子どもさんの身長と同じくらいでしたよ。

協力:おはなしうさぎ

otousannohiza
参加してくれたお父さんと娘さん。「心地いいのかな?」と、ほかの参加者のお子さんが、お父さんのひざに座りに来ていました。

torinoehon
「なんていう鳥かな?」の問いかけに、元気に答えてくれた子もいました。

oyako
おはなし会のあとは、鳥のおりがみをして遊びました。羽がぱたぱた動く鳥のおりがみ、おもしろかったね。

torinohakusei
今日紹介した標本たち。左上から、オシドリのはく製、フクロウの羽、カラスの羽。その下は、ヤマドリのはく製です。


日時
2016年12月14日(水)11:00~11:30
場所
3階多目的ホール
参加者
13人

部活「チーム・ボンドガール」の極小昆虫標本作成

今日は部活「チーム・ボンドガール」の活動日でした。9人の部員と館スタッフが参加。
このチームはマレーゼトラップという昆虫を捕まえる網で集めた昆虫類を標本にする作業をしています。今年8月から始め、今日で5回目。南三陸町で捕獲した昆虫類を標本化しています。指導してくれるFさんの専門がコマユバチという小さなハチなので、部員たちは小さな小さなハチをとても丁寧に拾い上げてきます。回収されたトラップの中の昆虫類を選り分ける「ソーティング」をする人、ソートされた昆虫を昆虫針につける「マウント」をする人、マウントされた昆虫に採集データが書かれたラベルを付ける人の3段階に分かれての作業です。

スズメバチみたいな大きなハチもトラップには入りますが、今回紹介するのはSさんがマウントした一番小さいハチです。

処理前
前回までにソーティングして、ハチだけを取り出したもの。
今日はこのハチをマウントします。


小さなハチ

今日一番ちいさいハチはこれ。
台紙の端についた黄色はシェラックという接着剤です。
先端にちゃんとハチがついています。


”ホソハネコバチ"

顕微鏡(ファーブルミニ)+スマホで拡大撮影してもらいました。
ホソハネコバチというコバチの仲間で、ハネが鳥の羽みたいにふわふわしてます。


コバチの仲間

こちらも小さなコバチの仲間。


完成前後

全部マウントできました。これだけ作業するのに約7時間。
右下の3列は何も貼ってない台紙です。
ちゃんとハチがついていても、サイズ感が変わらない・・・。

世の中にこんな小さなハチがいることも知らなかったし、ものすごくたくさんの種類がいることも知りませんでした。
チーム・ボンドガールの魅力は目の前にあるのに知らない世界をちょっとだけ見ることと、
ホコリみたいな小さな昆虫も拡大するとかなり美しい、ということでしょうか。
肩と目は疲れますけどね。

うれしいアンケートの声

現在開催中の企画展「高槻の街路樹」では、展示を見た方へアンケートのご協力をお願いしています。
先日そのアンケートで、お客様からのうれしい声をいただいたので、紹介します。


●展示を見て、誰かに伝えたい、おしえてあげたいと思った内容はありましたか?
→あった。
落葉で栞を作って、本を貸借する時に挟むのですが、一筆添え書きする時、企画展で戴いた「街路樹マップ」で、どこで見つけて何という木かをお知らせしてあげられるので、これから楽しみです。ありがとうございました。

●企画展の中で特に印象に残ったもの・コーナーはどこですか?
→木にやってくる鳥が見分けられるようになってうれしかったです。
街路樹の名前を「通り」の名前にしている我が町・高槻はとっても素敵です(例えば、けやき通り、など)

●企画展を見て、初めて知ったことがあれば教えてください。
→我が家のナンテンの木に集団でやってきて「アッ」という間もないうちに赤い実を全部食べていった鳥が「ヒレンジャク」という名だと知り、今度庭にやって来たら「コラーッ、ヒレンジャク」と言ってやろうと待っています。腹立ちから楽しみになって、あくあぴあのおかげです。ありがとうございました。

●今後、企画展への要望がありましたら教えてください。 →時に思いがけない事を知ることができるのは、とてもうれしい事です。何の企画でも見に行きますので、これからもいろいろ企画してください。「モズのはやにえ」展もとてもよかったです。

●あくあぴあへのご意見・感想などありましたらお願いします。 →いつも色々な催しを企画され、年中を通して楽しませていただいております。春の桜から5月のジャズストリート、おまけに無料なので感謝のきもちでいっぱいです。利用者としては100%の満足度です。ありがとうございました。

このようなお客様からの声を聞き、スタッフ一同元気になりました!
ありがとうございました。
前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16