あくあぴあブログ あくあぴあの理念(ミッション)はこちら

微妙な距離感


カワセミ

【生物名】カワセミ(カワセミ科)
【撮影日】平成29年11月24日
【撮影場所】芥川中流
【コメント】近過ぎず、遠過ぎず、何でしょうネ?
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】今の時期はなわばりの境界がはっきりしていないので、たくさんの個体を同時にみることができるようです。

普通の鴨


マガモ

【生物名】マガモ(カモ科)
【撮影日】平成29年11月21日
【撮影場所】今城大王の杜
【コメント】地元のお年寄りは「アオクビ」とか呼んでます。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】アオクビとは、一般にはマガモを改良したマガモと同じ色合いのアヒルのことを指します。

名は体を表す


キンクロハジロ

【生物名】キンクロハジロ(カモ科)
【撮影日】平成29年11月21日
【撮影場所】今城大王の杜
【コメント】金色の目、黒い頭、白い羽...覚え易~い!
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】海ガモと言われるように、海や大きな湖に多いカモですが、古墳の堀に毎年やってきます。

柿食えば...


オオバン

【生物名】オオバン(クイナ科)
【撮影日】平成29年11月7日
【撮影場所】芥川中流
【コメント】台風の後、水鳥にはめったにないチャンスでは?。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】オオバンは草食ですが、カキを食べるとは知りませんでした。

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

あくあぴあは4日まで閉館ですが、魚のエサやりと機械の点検に来ています。
新年は5日から開館します。
今年も身近な自然を一緒に楽しみましょう。

さて、今年は戌年なので、新年のご挨拶に「イヌ」と名前のつく植物を集めてみました。
植物の場合、有用植物に比べてちょっと小さいとか、あんまり役に立たない、という場合に「イヌ」を名前に入れることがよくあります。たくさんの「イヌ・・・」な植物がありますが、一部ご紹介。


イヌドクサ

イヌドクサ


イヌガラシ

イヌガラシ


イヌガヤ

イヌガヤ


イヌコウジュ

イヌコウジュ


イヌザンショウ

イヌザンショウ


イヌホオズキ

イヌホオズキ


オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ


オオイヌタデ

オオイヌタデ

2017年ありがとうございました。来年もよろしく!

今日から来年1月4日(木)まであくあぴあは休館日です。
今日はスタッフ総出で大掃除をしました。
開館中にはなかなかできない展示ケースの上や高い場所のほこり取りなど、いろいろなところを掃除して、館内ピカピカになりましたよ。

今年一年、ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

素敵な年末年始をお過ごしください。

20171227souji
あくあぴあスタッフ一同

学びのひろば2018年1~3月号修正のお知らせ

高槻市立生涯学習センターから発行されている「学びのひろば」2018年1月~3月号掲載の当館の行事内容に修正がありますので、お知らせいたします。

22ページ
講座「外来生物のおはなし」
誤→講師:アリ研究家 砂村 栄力さん
正→講師:当館研究員 中谷憲一ほか

どうぞよろしくお願いいたします。

【12月17日(日)】自然観察会「ウラジロ」

シダとは、①根・茎・葉の3つの器官がある。②根から水を吸い上げる維管束という管がある。③花が咲かず、胞子で増える。という特徴があります。今日は、正月飾りには欠かせないウラジロというシダがどんなふうに生えているのかを見に行きました。それ以外にもたくさんのシダを観察しました。

ウラジロ
これがウラジロの生えているところ。正月のお供えには大きすぎました

イワヒメワラビ
イワヒメワラビ。シダらしいシダ

マメヅタ
マメヅタ。シダらしくないシダ

他にもたくさんのシダが見られました。
観察したシダ:ベニシダ、ヤマイタチシダ、トラノオシダ、キジノオシダ、コバノヒノキシダ、ヤブソテツ、テリハヤブソテツ、ウラジロ、コシダ、イノモトソウ、オオバノイノモトソウ、タチシノブ、ホラシノブ、ホウライシダ、カタヒバ、ヒカゲノカズラ、イヌワラビ、イワガネソウ、ハリガネワラビ、マメヅタ、ノキシノブ、ヘラシダ、イワヒメワラビ、シシガシラ、ゲジゲジシダ、イノデ、オクマワラビ、オニカナワラビ、オオカナワラビ、ホシダ、カニクサ、トウゲシバなど。

日時
2017年12月17日(日) 10:00~12:00
講師
高田みちよ(当館主任学芸員)
場所
高槻市 原
参加者
10人

【12月13日(水)】「あくあぴあのおはなし会」終了しました

12月のおはなし会、終了しました。

12月のおはなし会のテーマは「たね」でした。
たねが出てくるパネルシアターや、野の花が美しく描かれた絵本を読んだ後は、あくあぴあにあるたねの標本をみんなで見ました。
今回紹介したのは、かぼちゃ、さくらんぼ、ボダイジュ、ラワンのたね。
かぼちゃのたねは、ご存知の親御さんも多かったですよ。
ボダイジュは、とても背の高い木。タネは高い木の上から風に乗ってくるくると舞い落ちるように飛んでいきます。
みんなの前で、実際にたねを飛ばして遊んでみました。

最後に、折り紙を使ったたねの模型を作って、みんなで飛ばして遊びました。
くるくると回りながら落ちていくたね、とっても不思議でしたね。

次回は来年、2月28日(水)です。
ときどき、「うちの子はじっとしてないから、参加しづらい…」という声もききますが、あくあぴあのおはなし会はじっとしていなくて大丈夫!
どんなお子さんもウェルカムです。
お子さんの興味に合わせて、出入りも自由ですよ。
気楽に遊びに来てくださいね。

20171213_01 20171213_02
もうすぐクリスマスなので、クリスマスらしいおはなしもありました。

20171213_03 20171213_04
紹介したタネは、左上から時計回りに、ボダイジュ、ラワン、さくらんぼ、かぼちゃ、でした。

20171213_05 20171213_06
細い紙をくるっと丸めただけのたねの模型、高いところから落とすと、くるくる回って落ちていきました。
お父さんにかたぐるましてもらったよ~。


協力:おはなしうさぎ

日時
2017年12月13日(水)11:00~11:30
場所
3階多目的ホール
参加者
23人

高次脳機能障がいの研修をしました

あくあぴあでは定期的にスタッフ研修をしています。今日は高次脳機能障がい。どんな障がいで、どんな対応をすべきなのか、を教えてもらいました。講師は「一般社団法人 高次脳機能障がいコミュニティ まるこや」の小林さん。ご自身の経験を交えながら、わかりやすく教えていただきました。


車いす研修
 
みんなで乗ってみる

みんなで車いすに乗って展示室を回ってみました。

前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12