あくあぴあブログ

企画展作成中!

明日で企画展「南三陸町復興支援展~南三陸町勝手に生物調査隊」は終了。まだご覧になっていない方はぜひ明日お越しください。
そして、17日からは企画展「芥川と魚たち」です。
現在、急ピッチで企画展作成中。さてさて、どんな展示になるのやら。

地図作成中  貼ってみる

【6月3日(土)】あくあぴあ ふれあいフェスタ2017終了しました

今年もあくあぴあふれあいフェスタを開催しました。
自然が大好き、生きもの大好き、わいわいす るのが大好き!そんなみなさんが集まって開催された「あくあぴあふれあいフェスタ 2017」は天気 にも恵まれ、開催時間帯の来館者数は、約 1000 名!
出展された団体の工夫をこらしたゲームや 工作をしたり、講座を楽しんだりして楽 しく過ごしてもらえました。

01_wanage
ネイチャーたかつき「輪投げ」・屋外

02_matsubokkuri
ネイチャーたかつき「松ぼっくり釣り」・屋外

03_katana
あそび塾「カタナ作り」・3階

04_surportcenter
高槻市市民公益活動サポートセンター「登録団体紹介」・3階

05_UVmedal
キッズファインカラー「UV絵具で太陽光メダルを作ろう」・4階

06_sakanaturi
芥川・ひとと魚にやさしい川づくりネットワーク(愛称:芥川倶楽部)「魚釣りゲーム」・2階

07_tirimon
茨木・高槻自然に親しむ会「チリメンモンスターをさがそう!」・2階

08_osakaplants
大阪植物観察会「葉っぱや花の不思議観察」・1階

09_hakurabo
はくラボ 大阪自然史センター「マーブリングで水のもよう」・4階

10_naturetakatsuki
ネイチャーたかつき「自然工作教室」・工作室

11_ponponza
ネイチャーたかつき ポンポン座「人形劇・ニョロリンとクネネ」・多目的ホール

12_onamomi
ネイチャーたかつき「オナモミダーツ」・屋外

13_takeuma
たかつき竹和の会「竹馬」・ごろっぱ広場

14_takepokkuri
たかつき竹和の会「竹ぽっくり」・ごろっぱ広場


日時
2017年6月3日(土)11:00~15:00
場所
水上ステージ・館内ほか
参加者
約1000人

ヒナを拾わないで!

この1週間ぐらい、「ヒナを拾ったんですがどうしたらいいですか?」という問い合わせが多くなっています。ヒナは「拾わないで」ください。巣の中で育てられるヒナは、びっくりするぐらい未熟で巣立ちます。この時期に「ヒナが落ちてる! かわいそう 保護しなきゃ」と思われる方々がやさしい心の持ち主であることはよくわかります。しかし、本来巣立つべき時期に巣立っているので、親鳥が見守りながら導いている時期で、人が保護することはむしろ親鳥から取り上げてしまっていることになります。「ネコが来たり、踏まれたりしない、少し高いところに置いて見守る」ようにしてください。保護しても、人の手では育てられないことがほとんどです。

スズメのヒナ
スズメのヒナが親鳥からエサをもらっているところ。
巣立ち直後のヒナはもっと羽もそろってなくて弱々しい。

あくあぴあではそれ、思い込みですよ!という冊子を発行しています。日本野鳥の会のホームページにも野鳥の子そだて応援キャンペーンという冊子が紹介されています。ぜひダウンロードして参考にご覧ください。

平成29年度博物館実習生を募集しています。

【平成29年(2017年度)の博物館実習受入れについて】

今年度も、当館において博物館実習を行う実習生を募集します。
要綱は以下の通りです。

★実習期間:8月17日(木)~8月23日(水) ただし、21日(月)は休館日のため休み

★受入れ人数:3人

★受入れ条件
・博物館に興味・関心があり、学芸員資格取得を目指していること
・地域博物館の業務に対して積極的に学ぶ意欲があること
・申込時に下記テーマで小論文を提出すること
テーマ「高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)で実習を希望する理由と、実習を通して学びたいこと」
様式は自由です。A4サイズ用紙1枚程度にまとめてください。

★申し込みの流れ
①個人または大学を通して、実習希望の旨を電話もしくはEmailでご連絡ください。
TEL:072-692-5041
Email:info@aquapia.net
件名「博物館実習について」でお願いします。
②その後、所属の大学を通して、上記の小論文と大学所定の申込書類を郵送してください。
書類郵送先:〒569-1042 大阪府高槻市南平台5-59-1 高槻市立自然博物館 あくあぴあ芥川 中村行き
「博物館実習書類在住」と朱書きしてください。
③期限までに書類を郵送していただいた後、6月初旬までに受入れ可否の連絡をします。

★申し込み期限:2017年5月31日(水)

★受入れ可否の連絡:6月初旬予定

不明な点は、電話またはEmailでお問合せ下さい。

【担当:中村】

【5月28日(日)】生き物講座「高槻のホタルたち」終了しました

5月28日(日)に、生き物講座「高槻のホタルたち」を行いました。
この「時期になると、あくあぴあにも問い合わせの多い生き物、ホタル。
今回の講座では、そのホタルのについてじっくり学びました。

前半は、多目的ホールで、ホタルのお話。
クイズも交えながら、1時間ほど講座をしました。 「蛹はどこにいるのか」、「光る期間はどのくらいなのか」、「ルシフェリンはホタルだけにあり、ホタル自身が造るのか」など質問も出ましたよ。

20170528_01 20170528_02

後半は、野外に出て、ヒメボタルが生息するトンボ池に向かいました。
昼間の講座なので、ホタルの光る様子は観察しませんでしたが、その分じっくりホタルについて知ることができる機会になりました。

20170528_03 20170528_04

日時
2017年5月28日(日)13:30~15:30
場所
3階多目的ホール
講師
藤江隼平さん(大阪市立自然史博物館 外来研究員)
参加者
26人

【5月27日(土)】企画展関連講座「勝手に調査隊活動報告会」

東日本大震災で被災した南三陸町ネイチャーセンターの支援事業として、認定NPO法人大阪自然史センターが中心となって行っている「南三陸町勝手に生物相調査隊」の活動を始めた経緯や、どんな活動をしているのか、今後の展開などを多目的ホールで紹介した後、企画展コーナーで標本や写真を見てもらいました。アンケートでは「南三陸町に行ってみたい」と、大変興味を持ってもらえました。南三陸ネイチャーセンター友の会の太齋彰浩さんが来られ、最新の情報も教えてもらえました。


講座の様子
講座の様子。

太齋彰浩さん
南三陸ネイチャーセンター友の会の太齋彰浩さんからの最新情報。ネイチャーセンターは現在建設予定はなく、市役所の2階で活動を続けるとのこと。

企画展を見学
企画展コーナーに移動して、新しく立ち上がった「火防戦プロジェクト」と、その活動で採集された昆虫類を標本化するボンドガールの活動状況を見学


日時
2017年5月27日(土)13:30~15:30
場所
3階多目的ホール
講師
西澤真樹子さん(認定NPO法人大阪自然史センター、なにわホネホネ団団長)
参加者
22人

今日は3つの部活の活動日でした

今日は3つの部活の活動日でした。


芥川緑地クラブ

芥川緑地クラブ。緑地の竹林を整備し、竹の繁殖を抑え、もっと歩きやすい遊歩道を整備しています。毎月第3土曜日の10時~12時。
どなたでも参加できます。次回は6月17日。山で活動できる服装でご参加ください。


芥川楽しみ隊

芥川たのしみ隊。川の環境整備として、川筋を変えたり、魚みちを整備したり。魚の採集と観察や川辺のハイキング、講座などもあります。
どなたでも参加できます。
基本的には毎週第3土曜日の10時~12時ですが、変更する場合もありますので、参加される方は事前にお問合せください。


チーム・ボンドガール

チーム・ボンドガール。マレーゼトラップという昆虫採集用のトラップでとれた昆虫類を標本化します。
どなたでも参加できます。毎月1回不定期に開催しています。10時~17時の都合のいい時間帯にご参加ください。
参加される場合は、事前にお問合せください。次回は6月25日です。

途中下車


キアシシギ

【生物名】キアシシギ(シギ科)
【撮影日】平成29年5月16日
【撮影場所】芥川緑地
【コメント】旅の途中、芥川で一休みでしょうか?
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】黄色い足なのでキアシシギ。わかりやすい名前ですが、黄色い足のシギは他にもいるので・・・。

暑~い!

オオヨシキリ

【生物名】オオヨシキリ(ヨシキリ科)
【撮影日】平成29年5月8日
【撮影場所】津之江公園
【コメント】ギョギョギョ...の声を聞く体温が上がる様な気がします。
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】ヨシ原で繁殖するため、オスは大声でナワバリ宣言をします。確かに暑苦しい・・・。


似てない!

オオルリ オス

オオルリ メス

【生物名】オオルリ(ヒタキ科)上がオス、下がメス
【撮影日】平成29年5月2日
【撮影場所】川久保
【コメント】色は違いますが、体のラインが同じなので雄雌では?
【投稿者】Yachoo PP
【学芸員のコメント】オスは青・黒・白のコントラストが美しいですが、メスは派手だと困るようです。

前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13