あくあぴあブログ あくあぴあの理念(ミッション)はこちら

【2月27日】あくあぴあのおはなし会報告

今年度、最後のおはなし会です。
P1240131.jpg
まずはみんなとたっち!こんにちは!

P1240136.jpg
今日のテーマは「おさかな」。
おさかなの出てくる本を読んだり、パネルシアターではおさかながパパの帽子に変身!?

P1240143.jpg
体あそびもたくさんしました。みんなで輪になってロープをにぎにぎ。

P1240187.jpg
あくあぴあで飼ってるおさかなの中で一番大きい「コイ」のお話をしました。
「これコイのどこの骨でしょう?」「歯かなぁ?」「正解!」

春から幼稚園や保育所へ行くお友達もいてました。
おはなし会には遊びに来れないかもしれないけれど、土日もたくさんイベントやっているのでまた遊びにきてくださいね!
この一年、おはなし会に遊びに来てくれた皆さん、どうもありがとうございました。

開催日:2019年2月27日(水)
開催時間:11時~11時半
開催場所:あくあぴあ芥川(高槻市立自然博物館)3階 多目的ホール
読み手:おはなしうさぎ
対象:0歳から未就学の児童とその保護者
参加者:13人

工作教室 「バードセイバー(野鳥の衝突防止シール)づくり」

窓に風景が映り込むと、鳥はそこへ行こうとしてぶつかってしまい、死亡する事故が多発しています。そこで、窓にタカなどのシール貼り、鳥が窓をよけるようにします。今日は鳥がなぜ窓にぶつかるのか、のお話を聞いて、バードセイバーをつくりました。付き添いの方を含めて60名の方にご参加いただきました。バードセイバーを貼って、窓にぶつかる鳥が減ると良いですね!

大盛況
たくさんの子どもたちが参加してくれて、場所が足りませんでした


色を塗って切る

お話を聞いた後は、カードに色を塗って切り取り、ラミネートをかけます


できた

素敵なバードセイバーが完成。
家に持って帰って窓ガラスに貼ってね。

開催日:2019年2月23日(土)
開催時間:13:00-、13:30-、14:00-、14:30-、15:00- 各回30分
講師:豊川尚子さん (NPO)日本バードレスキュー協会会員 

講座 「外来生物について考える」

2月9日(土)に講座が開催されました。


当日の内容は以下の通りです。
・(昆虫)ヒアリやクマゼミなどを含めた昆虫の外来生物について、世界への伝播や生態など
・(植物)オオバナミズキンバイとナガエツルノゲイトウの特性、日本各地と高槻市における駆除活動と参加募集について
・(魚類)第1(国外外来魚),第2(国内外来魚),そして第3(改良品種)について説明

また質疑応答も活発に行われました。
今回はお子さんの参加もありましたが120分の間、熱心に聞いていただけました。

外来生物講座の様子


次回は自然観察会
「菰(こも)で冬ごしする虫を見てみよう」

こもというワラで作ったムシロの中で冬ごしする虫を観察します。

講師:当館研究員 中谷憲一
開催日:3月10日(土)
開催時間:10:00-12:00

開催場所:芥川緑地
申込:必要 2月3日9:00-電話にて
電話番号:072-692-5041 あくあぴあ芥川
参加費:無料
定員:先着30名
対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)


皆様の申し込み、お待ちしております。

講座 「外来生物について考える」

2月9日(土)に講座が開催されました。


当日の内容は以下の通りです。
・(昆虫)ヒアリやクマゼミなどを含めた昆虫の外来生物について、世界への伝播や生態など
・(植物)オオバナミズキンバイとナガエツルノゲイトウの特性、日本各地と高槻市における駆除活動と参加募集について
・(魚類)第1(国外外来魚),第2(国内外来魚),そして第3(改良品種)について説明

また質疑応答も活発に行われました。
今回はお子さんの参加もありましたが120分の間、熱心に聞いていただけました。

外来生物講座の様子


次回は自然観察会
「菰(こも)で冬ごしする虫を見てみよう」

こもというワラで作ったムシロの中で冬ごしする虫を観察します。

講師:当館研究員 中谷憲一
開催日:3月10日(土)
開催時間:10:00-12:00

開催場所:芥川緑地
申込:必要 2月3日9:00-電話にて
電話番号:072-692-5041 あくあぴあ芥川
参加費:無料
定員:先着30名
対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)


皆様の申し込み、お待ちしております。

グループ・ジュネスあくあぴあコンサート

グループ・ジュネスによるクラシックコンサート。
薄く雨の降る中、70名以上のお客様が来られました!
未就学児でも楽しめるコンサートは嬉しいですね~
クラシックから最近の曲まで全11曲☆
あっという間の1時間でした。


コンサート

自然観察会「バードウォッチング」

今年の冬は暖冬なのに、今日に限って寒いとの天気予報。寒くても鳥はいるので大丈夫と思ったら、まさかの吹雪に!
しかし出発してすぐに天気が回復し、珍しいクサシギ、カワアイサを見ることができ、太陽の光にきらめくカワセミ、カワラヒワなど、21種類の鳥を見ることができました。


バードウォッチング

今日の参加者は19人。


アオサギ

アオサギは作り物のようにじっと立っています。


カワアイサ

珍しいカワアイサが長時間見られました。
クチバシと足の赤が美しい。

自然観察会「ウラジロ」

シダとは、①根・茎・葉の3つの器官がある。②根から水を吸い上げる維管束という管がある。③花が咲かず、胞子で増える。という特徴があります。今日は、正月飾りには欠かせないウラジロというシダがどんなふうに生えているのかを見に行きました。天気予報が雨だったので、参加者は少なかったのですが、その分じっくりと観察することができました。



ウラジロ

スギの植林の下にウラジロが群生しています。


ウラジロの葉

地面の上に見えている部分はすべて葉っぱです。茎は地下にあります。

観察したシダ:ベニシダ、ヤマイタチシダ、トラノオシダ、キジノオシダ、コバノヒノキシダ、ヤブソテツ、オニヤブソテツ、ウラジロ、コシダ、イノモトソウ、オオバノイノモトソウ、タチシノブ、ホラシノブ、カタヒバ、ヒカゲノカズラ、ホソバイヌワラビ、イワガネソウ、マメヅタ、ノキシノブ、ヘラシダ、イワヒメワラビ、シシガシラ、ゲジゲジシダ、イノデ、オニカナワラビ、ホシダ、カニクサ、トウゲシバ、クラマゴケなど。

【12月12日】あくあぴあのおはなし会報告

今日は小さなお友達がたくさん遊びに来てくれました。寒い中ありがとうございます!
ととけっこう♪お人形さんの挨拶からスタート。
P1230179.jpg

ひよこやにわとり・・・パネルシアターにもたくさんの動物が出てきましたよ。
P1230193.jpg

今日のテーマは冬越しする生きもの。
テントウムシやアメンボ、アマガエルにヘビ(脱皮殻)が登場しました!
P1230194.jpg

次回のおはなし会は2019年2月27日(水)です。それではみなさん、良いクリスマス&良いお年を!
P1230196.jpg

【12月2日(日)芥川で冬の植物をひろってリースを飾ろう

芥川のクズをとってきてリース作り!
PC020049.JPG P1230150.JPG
リースの飾りも、あくあぴあの周りでたくさん見つけました。
いろんな形、いろんな色の実や葉っぱがたくさんありました。
P1230158.JPG PC020125.JPG
身近な植物でリース作り。こんなにきれいなリースができました!
日時
2018年12月2日(日)13:30~16:00
場所
3階多目的ホール
講師
ネイチャーたかつきのみなさん
参加者
19人
対象
小学生以上(小学生は保護者同伴)

自然観察会「秋の木の実」

摂津峡を歩く予定でしたが台風による倒木のため、摂津峡青少年キャンプ場にルート変更しました。いろいろな木の実とひっつきむしを観察することができました。サワガニやカマキリなどの動物も捕まえて観察できました。


説明

植物の移動のチャンスであるタネがどうやって移動しているのか、という話を聞きました。
水や風に運ばれたり、動物に食べられてフンとして撒かれたり、動物にひっついたり。


ソヨゴ

ソヨゴ。鳥に食べられる実。


アラカシ

ネズミに運ばれるタネ。タネの中は双葉。


チカラシバ

チカラシバはタネの柄に逆トゲがついていて、動物の毛にひっつきます。


アレチヌスビトハギ

三角がたくさんなのは、アレチヌスビトハギのタネ。
小さなフックがたくさんついていて、マジックテープのようにひっつきます。

日時:2018年11月11日(日) 9:30~14:30
場所:摂津峡青少年キャンプ場~芥川~あくあぴあ
講師:大阪市立自然史博物館学芸員 横川昌史
参加者:31人


前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13