あくあぴあブログ あくあぴあの理念(ミッション)はこちら

【子どもワークショップ】ならべて くらべて いろんなタネ

10月から11月の子どもワークショップは、タネがテーマ。

博物館では、形や特徴の似ているものを集めて「仲間分け」します。
「仲間分け」をしたあと展示や研究をするよ。
あくあぴあにある色々なタネをよく観察して、色や形ごとに「仲間分け」してみました。

一緒に考える
仲間分けのやり方を聞いて、一緒にタネの特徴を観察します。

いろんなタネ
いろんなタネから分けたいタネを選びます。

完成
これは、「おちる・はこばれるなかま」で分けました。


日時
10月13日(土)、14日(日)、11月10日(土)、11日(日) 10:45~、11:30~、13:30~、14:15~、15:00~
場所
あくあぴあ2階展示室
対象
4歳以上の人にぴったり

研究活動報告会 鳥類&外来水草編

あくあぴあの仕事の内容を解説した後、そもそも研究とはなにか、から始まって、部活「芥川鳥類調査隊」の調査結果、外来水草のミズヒマワリ、オオバナミズキンバイ、ナガエツルノゲイトウの3種の駆除実績を紹介しました。
 研究報告会   講師
あくあぴあのお仕事内容紹介

ナガエツルノゲイトウバスターズ
ナガエツルノゲイトウの駆除にご協力ください!


日時
11月4日(日)13:30~15:30
場所
あくあぴあ3階多目的ホール
参加者
24人

【10月24日(水)】あくあぴあのおはなし会 報告

今日のテーマは「木の実・草のタネ」。
まずはりんごのタネが絵本で登場。いろんな姿のりんごをみんなで見たら、タネの音あてゲームをしました。アボカド、かぼちゃ、どんぐり、、、みんな音が違って楽しい!
P1220436.jpg
そしてあくあぴあのおはなしが登場。クヌギやシラカシのどんぐりと殻斗を触ってもらったり、ひっつきむしの本物を見てもらいました。アレチヌスビトハギはたくさんの人が知ってました。
P1220451.jpg
穴の空いたどんぐりを探して、、、中に入っていたどんぐり虫も見てもらいました。入っていたのはハイイロチョッキリの幼虫!
P1220467.jpg
「♪さ~るがいっぴき…」も盛り上がりました!
P1220485.jpg
絵本や手遊び、生きものも!楽しいがいっぱいのあくあぴあのおはなし会。
次回は12月12日(水)11時~11時45分です。
申込不要、無料です。みなさん、遊びに来てくださいね。
日時
2018年10月24日(水)11:00~11:30
場所
3階多目的ホール
参加者
21人

連続講座『自然と本と博物館~むしとうんこと自然について~』

楽しい虫のお話の後、ゴマダラチョウの幼虫・蛹、アマミナナフシなどに触らせてもらい、角正さんの虫のうんこコレクションを見せてもらいました。虫は鳥と同じでおしっこは尿酸という固体で出すので、うんことおしっこは別にはならないらしいですよ。


角正さん

やさしい語り口で虫とうんこについてのお話をしてくださいました。
伊丹市昆虫館では毎日3~4人で朝から午後2時ぐらいまで、虫の世話をしているとのこと。
温室にいつでも1000頭以上のチョウが飛んでいるようにするには大変な仕事があるんですね。


ゴマダラチョウ

手触りはベルベットのようにふわふわで、ちょっとしっとりしていて、ものすごく気持ちよかったです。


チラシ

開催日 10月20日(土) 13:30~15:30
場所 あくあぴあ3階多目的ホール
参加者 15名

【10月8日(月・祝)】ハグロトンボしらべ隊調査会 最終回・修了式

今年のハグロトンボしらべ隊もいよいよ最終回を迎えました。
最後の調査会には今年がんばって参加してくれた人達が25人も集まってくれました。
芥川のハグロトンボは一生懸命探さないと見つからないくらい数は減りましたが、まだ飛んでいます。毎年比較的よく見られる芥川の支流の西山川を見に行きました。まだ縄張り争いをしているオスが見られ、メスも1頭見つけました。
あくあぴあに戻り、今年のふりかえりと修了式を行い、今年の調査会は終わりました。

ハグロトンボしらべ隊は「部活」になったので、ハグロトンボが飛んでいない時期も活動を続ける予定です。
ハグロトンボしらべ隊の活動に興味を持った方は、ぜひ部員になってください!
お気軽に問合せくださいね。

参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました!また来年会いましょう~。

DSC05209.jpg DSC05225.jpg

【子どもワークショップ】むしのはね

今回のこどもワークショップは「むしのはね」でした。

まずは虫のシルエットを見て、なんの虫かを当てるクイズです。そのあとトンボやチョウなど身近な虫の標本を観察しながら、はねをどのように使うのかを考えました。さいごに折り紙をちぎって貼って「むしのはねカード」をつくりました。

むしシルエット
この虫はなんだろう?シルエットを見て考えます

チョウ標本
本物の虫を見て、どのようにはねを使うか考えます

むしのはねカード.jpg
おりがみをちぎって貼って「むしのはねカード」を作りました

日時
2018年7月14日(土)、15日(日)、8月18日(土)、19日(日)、9月22日(土)、23日(日)
場所
あくあぴあ2階展示室
対象
4歳以上の人にぴったり

【7~9月】子どもワークショップ むしのはね

トンボ、チョウ、カネタタキ…
普段よく見かける昆虫の標本を観察しながら「はねをどのように使うのか」を考えました。
 飛び方や鳴くために使うはねもあります。
色々なはねの使い方を学んだあとは、自分だけの「むしのはねカード」を作りました。

シルエットを見る
①このむしはなんだろう?シルエットのむしを見て考えます。

標本を見る
②トンボ、チョウ、カネタタキ…実際に博物館に収められている標本を観察して
どのように使うはねなのかを考えたり、教えてもらったり。

カードを作成
③じっくり標本を見た後「むしのはねカード」を作成。
折り紙をちぎってカードに貼っていきます。
ハサミを使わないので小さい子も安全です。

完成 できあがり♪

たくさんの方にご参加いただきました。
ありがとうございました。
次の子どもワークショップもぜひお越しください。

日時
8月22日(水) 11:00~15:30
場所
あくあぴあ2階
参加費
無料
対象
どなたでも(幼児~)
参加者
357人(子ども215人、大人142人)


10月からの子どもワークショップは
「くらべて ならべて いろんなタネ」
色々なタネを見比べて仕分けて…

10月13日、14日(土日)、11月10日(土)、11日(日)
11:00~、11:30~、13:00~、13:30~、14:00~、14:30~、15:00~
あくあぴあ芥川2階にて
申込不要(当日受付にて)、参加費無料

10月からの企画展「ひっつきむし」も一緒におたのしみください。

ハグロトンボしらべ隊 第8回調査結果

今日は台風のえいきょう?であまりいませんでした。参加者は多く、午前はオスとメスの数に差はありませんでした。水辺にいるのが多く、陸にはほとんどいませんでした。オスはなわばり争いをしていて、メスは産卵していました。午前は合計41頭とれました。
午後は下流と上流にわかれて調査しました。下流にはほとんどいませんでした。上流にはヤゴがいました。午後は合計21頭で午前午後合わせて62頭でした。(隊員 R.F)
P1210974.jpg P1210976.jpg 次回は最終回。
10月8日(祝・月) 10時~12時 1階水上ステージ前に集合です。
調査を少しと、今年の調査会の様子や調査結果の発表、修了式をします。
今年のハグロトンボしらべ隊調査に一度でも参加した人はぜひ来てください!

ハグロトンボしらべ隊 第7回調査結果

9月1日の調査会が中止となったので、9月9日に補足調査をしました。
今日は雨?くもり?のような天気でした。ですが午前だけやりました。いつもたくさんいるにしのかわらばしの下やトンボ池なども1頭いるかいないかというぐらいでした。そして全部で16頭とれました。台風でハグロトンボはどこに行ったの?というぐらい少ないです。ざんねん!(隊員Y.O)

次回の調査会は9月17日(月・祝)10時~12時です。
ハグロトンボはかなり少なくなっていますが、興味のある人はぜひ遊びに来てくださいね。

【8月12日(日)】工作教室「切って削って!竹のおはしとコップ作り」

今日のテーマは、竹はどういう植物なのかを生えているところから観察し、切り出し、小分けにしておはしとコップを作るために刃物の使い方を学ぶ、というものでした。初めて使う刃物に子どもも親も四苦八苦。

竹の話を聞く
タケはイネの仲間ですが、木でも草でもなく、タケです。
タケノコは伸びるだけで横方向には太らないんだそうです。

竹林で伐採
竹林に登って竹を切り出します。

コップづくり
切り出した竹を節ごとに切ってコップを作ります。

コップ磨き
コップの口の部分をやすりで削って口当たりをよくします。

お箸づくり
短く切ってもらった竹をナイフで削ってお箸を作ります。
削るのが難しかった~!

完成
コップ1つとお箸2膳を削って成型すれば完成!

日時
2018年8月12日(日) 10:00~12:30
講師
竹和の会
場所
あくあぴあ前の緑地と1階工作室
参加者
19人、保護者19人

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14