大阪自然史センターからのメッセージ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患された方々に謹んでお見舞い申し上げますとともに、ご快復を心よりお祈り申し上げます。一日も早くこの事態が終息し、皆さまが平穏な生活を取り戻せますよう心から願っております。

新型コロナウイルス感染拡大に関する理事長からのメッセージ
平素は大阪自然史センター(以下、センター)の活動をご支援いただき、ありがとうございます。新型コロナウィルス感染症の感染拡大が報じられるなか、個人にできることといえば、ただただ人との接触を避けるだけという、何とも歯がゆい状況が続いております。すでにご承知のように、感染拡大を防止するという観点から、センターの活動拠点である大阪市立自然史博物館(以下、博物館)は2月29日から休館されています。またその後、緊急事態宣言が発令され、休館は少なくともゴールデンウイーク明けの5月6日まで継続されることになりました。メッセージ全文はこちら



画像:自然史博物館友の会

自然史博物館友の会

子どもも楽しい おとなも楽しい

「大阪市立自然史博物館友の会」事業を実施しています。

バナー:友の会会員募集
画像:子どもワークショップ

子どもワークショップ

のべ6万人が体験

学習プログラムは学芸員など博物館スタッフとの緊密な連携で実施されています。

画像:ミュージアムショップ

ミュージアムサービス

自然とのつながりを作る窓口

自然とのつながりを広げ、深めるための窓口として、ミュージアムショップの運営、グッズの企画制作、書籍の出版、イベント出店などに取り組んでいます。

画像:関西自然保護機構(KONC)

関西自然保護機構(KONC)

関西一円における自然保護の諸問題に対する有力なアドバイザリー・ボティ(助言勧告機関)

バナー:関西自然保護機構(KONC)会員募集
画像:東北支援子どもワークショップ

東北支援子どもワークショップ

東日本大震災で被災した東北沿岸部の博物館の応援を目的とした出張子どもワークショップを行っています。

バナー:東北支援子どもワークショップ支援のお願い
画像:南三陸 勝手に生物相調査隊

南三陸 勝手に生物相調査隊

失われた南三陸の標本コレクションの再構築、施設の復活を、自主的な調査と採集・標本作製で応援しています。

バナー:南三陸 勝手に生物相調査隊支援のお願い

被災した東北の博物館と子どもたちを応援する活動は、個人様からのご寄付に加え、団体・企業様からのご支援を受けて実施しています。

地球環境基金へ バナー:三洋化成工業株式会社へ  

案内リーフレットダウンロード


このページの先頭に戻る