20年間のご支援に感謝をこめて


■ 20年間のご支援に感謝をこめて
~自然史センターと博物館と私の関わり~

認定特定非営利活動法人「大阪自然史センター」(以下、センター)は9月14日に設立20周年を迎えることになりました。この間、センターを支えてくださったたくさんの皆さんへお礼申しあげるとともに、今後も変わらぬご支援をお願いしたく、私と博物館、センターのかかわりの歴史のなかから、センターの値打ちをお話ししたいと思います。

10歳の年、父親に連れられて
1959年、10歳の年、自然史博物館の前身、大阪市立自然科学博物館の普及行事に父親に連れられて参加したのがきっかけで、現在の博物館友の会の前身、大阪自然科学研究会に入会し、今日まで60年以上、途切れることなく会員を続けています。その間、継続的に活動に参加していたわけではありませんが、毎月届くNatue Studyには目を通し、さまざまな知識を吸収してきました。

友の会とのかかわりの第二段階は1980年春の半日観察会、中之島の阪大病院構内でのタンポポ調査と、今も続く夏合宿です。これをきっかけに翌年から友の会のお手伝いをするようになりました。40歳までの10年間はほぼ毎年、合宿の世話役をつとめましたが、2009年末、還暦を機に友の会評議員を引退しました。この30年、いろんな行事、合宿や下見を通して得た経験は、私にとってなにものにも代えがたいものでした。単にお世話をするだけでは続かなかったと思います。さまざまな自然に触れるだけでなく、学芸員や友の会会員のみなさんとの交流を通して、知識を得るだけでなく、さまざまな経験ができたことは、人生の宝です。

順風満帆の15年と危機
2001年、活動の幅が広がりつつあった友の会を母体とし、博物館のサポートNPOとしての性格を併せ持つセンターが設立、同時に友の会の代表として理事になりました。2014年にはより社会的責任が大きい認定NPO法人になりましたが、設立から15年までは大きな波風にもあわずに事業の幅を広げてこられたように思います。センターの母体となる友の会の運営、ミュージアムサービスの拡充、子どもワークショップの企画運営、2003年からの大阪自然史フェスティバルの開催、あくあぴあ芥川の指定管理、震災で被災した東北の博物館支援などなど、さまざまな活動を展開できました。

ところが2015年1月、私が三代目理事長に就任以降はさまざまな難題に見舞われることになりました。最大の危機が昨年1月以来のコロナ禍であることは申すまでもありません。昨春、次のようなメッセージをお届けしたところ、皆さま方の温かいご支援をいただき、一息つくことができました。
新型コロナウイルス感染拡大に関する理事長からのメッセージ

ところが今年になって変異株による感染再拡大で博物館がまた長期休館、特別展の会期がわずか1週間に抑えられ、対面行事の中止が続くなど、危機的状況は現在のところ、改善の見通しが立ちません。技術の進歩に伴い、講演会などはインターネットを利用してオンラインで開催できるようになりましたが、自然とのふれあいは生身でするからこそ身につくものです。五感を駆使して知ることができる息づかい、手ざわり、香りなどはバーチャル技術が進歩しても代替することはできません。

子どものころから自然とのふれあいを通して身についた感覚こそ、今の私のベースです。そうしたきっかけの一つに博物館があったことは疑いようがなく、次世代を担う若い人たちにそうした経験を積んでもらいたい、それが今の私の願いです。

一生消えない自然との触れ合いを
近年、自然とふれあう機会は減りつつあります。子どものころの経験は途中でブランクがあっても、消えることなく、容易に復活しますが、経験できなければどうしようもありません。センターは博物館と協働して自然とふれあい、理解を深めてもらうためのさまざまな事業を継続してきました。これこそがセンターの値打ちです。

ところがこの1年半あまり、ただでさえ自然とふれあう機会が減っているのに、コロナが追い打ちをかけられています。将来、自然体験なしに子ども時代を過ごした方たちばかりになることを、とても心配しています。

感染防止対策上、生身のコミュニケーションを避けることが有効とされるなか、自然に親しむ第一歩としての子どもワークショップは大きな制約を受けています。緊急事態宣言下の友の会行事もすべて中止になりました。ミュージアムショップは開いていますが、来館者が少ないので、お客さまは少数です。私たちが集団免疫を獲得し、従来の生活をとりもどすまで、どれだけの時間がかかるかわかりませんが、その日に備え、センターのスタッフは心身の健康維持に留意しながら、明るい未来を信じて努力を続けています。今後ともご支援いただきますよう、よろしくお願いいたします。

おまけ
画像は2006年7月の友の会ハイキングで、箕面をご案内した折のものです。私の話を「うーん、ホンマかいな」という表情で聞かれているTさん、こんなふれあいを早くとりもどしたいものです。

 

2021年9月14日
認定特定非営利活動法人 大阪自然史センター
理事長 






大阪自然史センターへのご寄付はこちらから受け付けております(クレジットカード専用)

このページの先頭に戻る