1 2 3 4 5 6 7 8

What's New

3月10日(土)から特別展「新説・恐竜の成長」を開催します。
2012年01月06日

kyoryunoseicho.png


大阪市立自然史博物館では、平成24年3月10日(土)から6月3日(日)まで、特別展「新説・恐竜の成長」を開催します。

恐竜は子どもに大人気です。その中でも、知名度、人気ともに「ティラノサウルス」に勝る恐竜はありません。
特別展「新説・恐竜の成長」(原題:The Growth and Behavior of Dinosaurs)は、映画「ジュラシック・パーク」の監修で有名な、アメリカ・モンタナ州立大学ロッキー博物館の古生物学者ジャック・ホーナー博士とその研究チームによる研究の集大成となる“国際巡回展”です。門外不出と言われていた同館所蔵の「世界最大のティラノサウルス・レックスの実物頭骨化石」などを日本初公開します。
tyrano.png
ロッキー博物館は、世界最多8体のティラノサウルスコレクション、そして成長過程を考察することができるトリケラトプスコレクション標本群などを所蔵しています。今回、日本で展示されるロッキー博物館所蔵標本のほとんどはアメリカ国外で展示された例がなく、「日本初公開」となります。またその他、ホーナー博士監修による動く恐竜復元ロボットも登場し、全長12mを超えるティラノサウルスや色が変わるトリケラトプスロボットなども展示します。
wankel.png
「現在、学名がつけられた白亜紀の恐竜のうち、3分の1以上が異なる種ではなく、同一種の成長個体である」-。古生物学会に大きな議論を巻き起こしたホーナー博士の学説を展示という手法で表した本展は、コアな恐竜ファンから子どもまで幅広く楽しむことができることでしょう。
tricera.png

詳細は以下からプレスリリースをご覧ください
プレスリリース(PDF1MB)

「新説・恐竜の成長」公式ホームページ
http://dinogrowth.jp/

Museum of the Rockies (英文)
http://www.museumoftherockies.org/

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧