What's New

「メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-」を開催します
2016年12月27日

ポスター用.jpg


 大阪市立自然史博物館は、大阪南港・ATCホールにて平成29年7月25日(火)から9月3日(日)まで、「メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-」を開催します。

 なぜ恐竜は巨大化できたのでしょう。この展覧会では、恐竜のなかでも最も大きく、史上最大の陸上動物とされる「竜脚類(りゅうきゃくるい)」にスポットを当てました。竜脚類は長い首と尾が特徴の植物食恐竜で、全長が30メートルほどにおよぶものもあります。目玉となるのは、スペインで発見されたヨーロッパ最大のトゥリアサウルスです。関西初公開となる復元骨格(半身)は迫力満点です。他にもディプロドクスやカマラサウルスといった竜脚類をはじめ、アロサウルスやステゴサウルス、ティラノサウルスなどの全身復元骨格に加え、生体復元モデル、恐竜ロボットなど約200点を展示します。

■名  称  メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-

■会  期  平成29年7月25日(火)~9月3日(日) 会期中無休

■開館時間  午前9時30分~午後4時30分(入場は午後4時まで)

■会  場  大阪南港ATCホール 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 https://atchall.com/

■料  金  一般 1,600円(1,300円) 、 3歳~中学生 900円(700円)
         ※( )内は前売並びに20人以上の団体料金。
         ※前売券は5月13日(土)から7月24日(月)まで主要プレイガイドにて販売。
         ※心身に障がいのある方の介助者は無料。
           (ご本人は有料。1名につき1人まで。証明できるものをご提示願います。)

■主  催  大阪市立自然史博物館、読売新聞社、テレビ大阪、ATC

■後  援  スペイン大使館

■特別協賛  万代

■協  賛  大和ハウス工業、あいおいニッセイ同和損保

■学術協力
ディノポリス(スペイン)、ボン大学、天草市立御所浦白亜紀資料館、岡山理科大学、群馬県立自然史博物館、天王寺動物園、栃木県立博物館、三重県総合博物館、ミュージアムパーク茨城県自然博物館  ほか

■総合監修  マーティン・サンダー(ボン大学 教授)

■お問合せ  メガ恐竜展2017事務局 06-6615-5556


メガ恐竜展2017公式HP : http://mega2017.jp/




■主な展示
メガ恐竜展プレスリリース_主な展示_1.jpg
メガ恐竜展プレスリリース_主な展示_2.jpg

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧