What's New

【ご来館されるお客様へご協力のお願い 】2021年10月16日
2021年10月16日

政府による「緊急事態宣言」および「まん延防止等重点措置」の指定地域が大阪府を含めて全国的に解除されましたが、大阪市立自然史博物館では引き続き新型コロナウイルス感染防止の取り組みをしております。来館される皆様にもご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。


一般の来館者の方は予約不要です。また、ご予約はできません。
 

※団体・学校団体の皆様は事前予約が必要です。→参考【団体見学ご利用案内】
 
 
◆博物館では、館内の滞留人数の上限を決めています
上限を超える場合は一時的な入場制限を行います。これまで入場制限を行ったことはございませんが、検温に伴い入館時に少しお待ちいただく場合があります。

 
◆発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方は、ご来館をお控えください
入館時には、館内に設置したサーモグラフィー等により検温を実施しております。発熱の症状がある方は入館をお断りします。

 
◆マスクの着用、咳エチケット、手洗い、手指消毒の徹底にご協力ください
お持ちでないお客様の入館はご遠慮いただいております。
※乳幼児や心身の都合でマスクの着用が難しい方については、マスク着用は必須ではありません。

 
◆感染防止と緊急連絡のため、大阪コロナウイルス追跡システムへの登録にご協力ください
※大阪コロナウイルス追跡システムについては、大阪府ホームページへ→こちら
※大阪府コロナウイルス追跡システムへの登録、もしくはお名前と連絡先を記入いただくシートにご記入の上、入館時に提出ください。

 
◆集団での観覧や会話はお控えください(他のお客様との間隔はできるだけ確保願います)

 
◆展示物及び展示ケース、使用を中止している機器等には、お手を触れないでください

 
◆その他館内では、係員の指示に従ってください


 
【大阪市立自然史博物館における感染防止への取組について】

・職員のマスク着用、出勤前の体温測定を徹底しています。

・密接防止の観点から、
 観覧券購入等の際に十分な間隔をあけて整列をしていただくようにします。
 館内の滞留者数に応じて入場の制限などをする場合があります。

・施設出入口、館内トイレにアルコール消毒液を設置しています。

・案内カウンターに飛沫防止用の透明ビニールカーテン(またはシールド)を設置しています。

・多くのお客様が触れられる箇所は、適宜アルコール消毒を行います。

・トイレのハンドドライヤーは使用を禁止しております。

・空調設備等を利用して、換気強化を行っています。
 
 
ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

「ジュニア自由研究・標本ギャラリー」展示作品募集のご案内
2021年10月11日

自然史博物館は、小・中学生、高校生のみなさんの自由研究や標本作りを応援しています。作成した標本や、夏休みの宿題の自由研究を自然史博物館で展示して、たくさんの人にみてもらいませんか?
※自然史博物館友の会の展示企画「私の自然観察発表会」と同時開催です。

●対象:小学生・中学生・高校生による、生き物や岩石・化石の標本、および生物・地学分野の自由研究
 
●募集期間:令和3年11月20日(土)まで
 
●展示期間:令和3年12月11日(土)〜令和4年2月27日(日)
※毎週月曜日、12月27日〜1月4日、及び1月11日は休館(ただし1月10日は開館)

●展示場所:大阪市立自然史博物館 本館 ナウマンホール
 
●提出形態:実際につくった標本、模造紙や冊子にまとめた研究成果、または作ったものを撮影した写真
 
●提出方法:作品に、住所、氏名、学年、連絡先(電話番号またはメールアドレス)、自由研究のタイトル、作品の返却方法(博物館に来て直接受け取る、または着払いで郵送)を明記の上、以下の方法でお持ち下さい。
 
(1)自然史博物館に直接持ってくる (月曜休館、月曜が休日の場合は翌日が休館日です)
(2)郵送。送り先は〒546-0034大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館「ジュニア自由研究・標本ギャラリー」係宛です。
 
●問合せ:大阪市立自然史博物館 地史研究室・前川
メール(tmaekawa@mus-nh.city.osaka.jp) 電話(06-6697-6221)

「アインシュタイン展」は10月10日(日)まで~「アインシュタイン展」を楽しくスムーズに観覧いただくために
2021年10月07日

 7月17日(土)から始まった「アインシュタイン展」は、10月10日(日)までの開催です。毎日、たくさんの方に、楽しんでいただいていますが、緊急事態宣言解除後、会期末が近づき、土日は特に混雑するようになっており、整理券を発行するなど下記、対応をしております。

・感染対策のため会場内ではアルコールなどによる拭き取り対策、CO2濃度のモニタリングなどに加え、会場内の過密を避けるための人数制限を実施させていただいています。

・混雑時には入場券発券時に入場時間を示した整理券をお渡してしていますので、ご協力をお願いいたします。

・アインシュタイン展の入場時間までの間にアインシュタイン展チケットで博物館常設展、植物園などを先にお楽しみいただくことも可能です(常設展・植物園は当日に限り再入場可能です)。

・電子チケットなどの方にも整理券を発行していますが、チケット購入のための列には並ぶ必要がありません。電子チケット、前売り券などをお持ちの方は係員などにお尋ねください。

・これまでの週末では日曜日より土曜日のほうが若干余裕がありました。また、混雑のピークは午前11時台と午後2時〜3時台になります。お早めのご来場をおすすめします。

・なお、午後4時30分までにお並びの方は待ち列が長くなった場合でも、みなさんご入場できるようにしております。

・可能な方は平日のほうがゆったりとお楽しみいただけます。

 以上、お出かけの参考にしてください。
みなさまには、ご協力とご理解のほど、どうぞよろしくお願いします。

混雑状況等、会場の様子は、アインシュタイン展の公式ツイッターで発信しております。
https://twitter.com/einstein_osaka

博物館の行事再開のお知らせ
2021年09月30日

 10月1日に政府による「緊急事態宣言」と「まん延防止等重点措置」の全面的に解除されることに伴い、大阪市立自然史博物館では10月1日以降の対面形式を含めた博物館行事および友の会行事を再開します。

 4月8日(木)に、大阪府より、大阪モデルで非常事態を示す赤信号および「医療非常事態宣言」が発出されたことに伴い、自然史博物館では当面の間の対面での普及教育事業を中止としました。
その後の新型コロナウイルス感染症の継続的な拡大があって、国による「緊急事態宣言」の発出、「まん延防止等重点措置」の指定が約6ヶ月続いていて、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から自然史博物館ではオンライン配信の講演会などを除き、9月30日(木)までの対面での普及教育事業を中止としてきました。

 今回、10月1日をもって「緊急事態宣言」および「まん延防止等重点措置」の指定地域が大阪府を含めて全国的に解除され、同時に大阪府においても大阪モデルでの非常事態(赤信号)が解除され警戒(黄信号)レベルに変更されたことにより、10月1日以降の対面形式を含めた博物館行事および友の会行事を再開することとしました。
今回の「対面行事の中止」は約6ヶ月におよび、観察会等への参加を希望されるみなさまには大変お待たせすることになりました。
10月1日以降に実施予定の行事や申込み方法などは博物館ホームページでご確認ください。
 
 ただし新型コロナウイルス感染症が収束したわけではありません。
大阪府によるモニタリングでも、なんとか非常事態のレベルを下回った段階で、安心できる状況ではないとして、引き続きの感染予防の注意が呼びかけられています。
そのため、引き続き以下の感染リスクを低減する措置を継続します。

・原則として人数制限と申込み制による実施、可能な場合は昼食をはさまないプログラムとして実施する

・検温や健康確認のお願いとマスクの着用

・講演会やシンポジウムなど可能なものはオンライン配信のみよる実施

また今後の感染状況の変化によっては、行事を中止したり、開催方法の変更を行う場合もあります。

【行事への欠席を気にしないでください】

大阪府より府民への呼びかけとして、
○混雑している場所や時間を避けて少人数で行動すること
○都道府県間の移動の際は、感染防止対策を徹底
○感染防止対策を徹底すること。重症化リスクが高い40代・50代は、特に、注意すること
などが示されています。

 少しでも感染リスクが気になる方は行事への参加はより慎重に判断してください。博物館のイベントに当選していた場合でも、リスクを感じる場合にはイベントへの欠席をしていただいても構いません。
博物館はコロナ禍が過ぎた後も行事を行っていきます。どうぞまた状態の良いときにご参加ください。

館長 川端清司

「アインシュタイン展」を楽しくスムーズに観覧いただくために
2021年09月29日

 毎日「アインシュタイン展」をたくさんの方に、楽しんでいただいており、感謝しております。特別展「アインシュタイン展」の開催は10月10日までとなります。会期の後半となり、また大阪府下のCovid-19感染者数が減少するに連れ、土日、祝日は混雑するようになっています。

・感染対策のため会場内ではアルコールなどによる拭き取り対策、CO2濃度のモニタリングなどに加え、会場内の過密を避けるための人数制限を実施させていただいています。

・混雑時には入場券発券時に入場時間を示した整理券をお渡してしていますので、ご協力をお願いいたします。

・入場時間までの間にアインシュタイン展チケットで博物館常設展、植物園などを先にお楽しみいただくことも可能です(常設展・植物園は当日に限り再入場可能です)。

・電子チケットなどの方にも整理券を発行していますが、チケット購入列に並ぶ必要がありませんので、よりスムーズかと思います。電子チケット、前売り券などをお持ちの方は係員などにお尋ねください。

・週末では日曜日より土曜日のほうが若干余裕があります。また、混雑のピークは午前11時台と午後2時〜3時台になります。お早めのご来場をおすすめします。

・なお、午後4時30分までにお並びの方は待ち列が長くなった場合でも、みなさんご入場できるようにしております。どうぞご安心しておでかけください。

・可能な方は平日のほうがゆったりとお楽しみいただけます。

お出かけの参考にして、どうぞお楽しみください

コロナ対応情報に関しましては改めて発信させていただきます。

本日(9月18日)は通常通り開館の予定です
2021年09月18日

2021年9月18日7時現在、台風は和歌山県を東進中ですが、大阪市内には現在のところ警報は発令されていない状況です。今後、吹き戻しなどの可能性はありますが、今後暴風警報などが発令されない限り、
常設展示、アインシュタイン展ともに通常通り9時30分から開館の予定です。
どうぞ交通障害や天候にご注意の上ご来館ください。

台風14号接近に伴う開館・臨時休館対応について
2021年09月17日

 大阪市内に「特別警報」または「暴風警報」が発令された場合、臨時休館することがあります。
開館・臨時休館の基準は下記のとおりです。

――――――――――――――

〇午前7時00分の時点で、大阪市内に「特別警報」または「暴風警報」が発令され、直ちに状況の改善の見込みがないと判断される場合は、午前中または終日を休館とします。

〇午前11時までに、警報等が解除された場合、警報等解除後、館内の安全状況を確認のうえ、開館します。

〇午前11時の時点でも、警報等が解除されていない場合、午後からも長時間強い雨風が継続され、お客様に危険が及ぶと予想される場合は終日を休館とします。

 詳細につきましては、 http://www.mus-nh.city.osaka.jp/ 又はお電話(06-6697-6221)にてお問合せください。

大阪市に「特別警報」または「暴風警報」が発令された場合の休館について
2021年09月17日

「大阪市」に「特別警報」または「暴風警報」が発令された場合、臨時休館する場合がございます。
また、公共交通機関が計画運休を予定している場合は、当館への公共交通機関の状況を考慮して、
臨時休館する場合がございます。
詳細は、HP http://www.mus-nh.city.osaka.jp/・お電話(06-6697-6221)にてお確かめください。

大阪市立自然史博物館の学芸員(甲虫目を中心とした分野担当)の募集について
2021年09月13日

 大阪市立自然史博物館では昆虫学(甲虫目を中心とした分野)担当の学芸員を募集します。
※申込書類の提出期限は、令和3年10月15日(金)午後5時必着です。

地方独立行政法人大阪市博物館機構の正規職員(任期無し)となります。

大阪市立自然史博物館 昆虫学(甲虫目を中心とした分野)担当

 大阪市立自然史博物館で、甲虫目の分類・系統研究を中心とした昆虫学に関する資料の調査・研究、収集・保管、展覧会等の企画・立案・展示・撤収、普及・
教育、その他館の運営に必要な学芸事務の業務に従事します。
 なお、業務の遂行に当たっては、昆虫の分類・系統・生態学的な幅広い知識、標本の作成・維持管理能力、野外における調査能力、市民との協働活動の遂行能力を必要とします。


応募要項・選考スケジュール・応募方法など詳細は
以下の地方独立行政法人大阪市博物館機構 ホームページをご確認ください
学芸員(大阪市立自然史博物館1名)の募集について《令和4年4月1日採用》
https://ocm.osaka/recruit/8861/

書類提出先、提出期限にご注意ください。


当面の対面型行事中止または実施方法の変更について
2021年09月10日

 大阪府に発令されている新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言は、9月30日(木)までその期間が延長されました。

 大阪市立自然史博物館は、これまでと同様に期間中は感染拡大への対策を実施しつつ開館します。常設展および特別展「アインシュタイン展」(10月10日まで)とテーマ展示「メタセコイア」(10月9日~)は、予定通り開催します。一方で、当面の対面型の行事は中止または実施方法を変更します。

【中止する行事】 

・9月18日(土) ビオトープの日(9月)

・9月20日(月祝) テーマ別自然観察会「ため池の水草」 

・9月23日(木祝) 子どもから大人まで!博物館ワークショップ「うみべの砂時計」

・9月23日(木祝) テーマ別自然観察会「田んぼの水草」 

・9月25日(土) 長居植物園案内・動物編「秋の渡り鳥」

・9月26日(日) 友の会行事(9月)「初秋の低山で自然観察・京都松尾山」

・10月2日(土) 長居植物園案内(10月)


【内容を変更して実施する行事】 
※詳しい視聴方法や参加方法は、イベントページでお知らせします。

・子どもワークショップ(9月)「ハカセといっしょに 貝しらべ」
実施日:9月11日(土)・12日(日)
→個人で自由に展示を楽しんでもらう、ワークシート形式に内容を変更しています。
ワークシートは、博物館本館・第3展示室にて配布します。
実施日には貝ハカセが「ミュージアムサービスセンター(博物館受付のそば)」に待機しているので質問もできます。

・自然史オープンセミナー(9月)「植物化石のパズル」
実施日:9月18日(土)午後1時~2時頃
→オンライン行事としてYouTubeでのライブ配信を行います。参加申込みは不要です。
※自然史博物館本館・講堂での聴講は中止します。

・室内実習「ホネ標本の作りかた(大人向け)」
実施日:9月26日(日)
→オンライン行事としての実施を検討中です。

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧