What's New

特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ −生き物のにぎわいとその恵み−」閉幕しました ご来場ありがとうございました
2017年10月16日

setonaikai.JPG


特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ −生き物のにぎわいとその恵み−」は好評のうちに10月15日(日)、閉幕いたしました。

会期中はたくさんの方にご来場いただき、本展で初公開となったザトウクジラの骨格標本に、皆さまからのご応募により「ザットン」という愛称をつけることもできました。

皆様からいただいたご意見・ご感想は、今後の特別展や常設展での活動の参考にさせていただきます。

ありがとうございました。




来月11月18日(土)・19日(日)には「大阪自然史フェスティバル2017」も開催します。お楽しみに。
http://www.omnh.net/whatsnew/2017/09/post_300.html

「ジュニア自由研究・標本ギャラリー」作品募集のご案内
2017年09月26日

 自然史博物館は、小・中学生、高校生のみなさんの自由研究や標本作りを応援しています。作成した標本や、夏休みの宿題の自由研究を自然史博物館で展示して、たくさんの人にみてもらいませんか?


●対象:小学生・中学生・高校生による、生き物や岩石・化石の標本、および生物・地学分野の自由研究

●募集期間:平成29年11月25日(土)まで

●展示期間:平成29年12月16日(土)~平成30年1月28日(日)
       ※毎週月曜日、12月28日〜1月4日、及び1月9日は休館(ただし1月8日は開館)

●展示場所:大阪市立自然史博物館 本館 イベントスペース

●提出形態:実際につくった標本、模造紙や冊子にまとめた研究成果、またはつくったものを撮影した写真

●提出方法:
作品に、住所、氏名、学年、連絡先(電話番号またはメールアドレス)、自由研究のタイトル、作品の返却方法(博物館に来て直接受け取る、または着払いで郵送)を明記の上、以下の方法でお持ち下さい。
(1)自然史博物館に直接持ってくる  (月曜休館、月曜が休日の場合は翌日が休館日です)
(2)郵送 (送り先:〒546-0034大阪市東住吉区長居公園1-23 大阪市立自然史博物館「ジュニア自由研究・標本ギャラリー」係宛)

●問合せ:大阪市立自然史博物館 第四紀研究室・中条 (TEL.06-6697-6221)

「大阪自然史フェスティバル2017」を開催します
2017年09月21日

 大阪市立自然史博物館では、「大阪自然史フェスティバル2017」を関西文化の日である平成29年11月18日(土)、11月19日(日)に開催します。

 「大阪自然史フェスティバル」は、自然関連のサークル、地域の自然保護団体等が一堂に会して出展する文化祭です。100団体以上の関連する博物館や企業も参加し、活動紹介やワークショップ等を通じて、市民のみなさんに大阪周辺の自然の現状や自然に関わる楽しさを知っていただくために、自然史博物館と認定特定非営利活動法人大阪自然史センターの共催で開催します。


 「大阪自然史フェスティバル」は、2003年、2004年、2006年、2009年、2011年、2012年、2014年と過去7回開催し、2007年、2010年、2013年、2015年にはテーマを鳥に絞った「大阪バードフェスティバル」、2008年には「かんさい自然フェスタ」と、さまざまなフェスティバルを実施してきました。各回の来場者は1万人を超え、多くの方々に「自然の文化祭」を楽しんでいただいております。

 今回は、現在進行中の大阪市の生物多様性戦略に関連したシンポジウム「Do you know 生物多様性? ~大阪市生物多様性戦略に向けて~」が開催されます。大都市大阪で、なぜ生物多様性が必要なのでしょうか。どうしたら都市の身近な自然を守り、多様な生きものが見つかる場所を作っていくことができるのでしょうか。企業、市民、学識者、行政といった様々な立場の方の意見も聞きながら、みんなで考えていきます。
 
 今回も自然に興味のある多くの方々の来場をお待ちしております。




○期 間
平成29年11月18日(土)、11月19日(日)

○会 場
大阪市立自然史博物館 本館および博物館玄関前ポーチ、ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)

○入 場 料
無料
※平成29年11月18日(土)・11月19日(日)ともに「関西文化の日」のため、博物館本館入館料も無料となります。

○開催時間
9時30分から16時30分(ただし両日とも入館は16時まで)

○開催内容
◆ブース展示(両日とも開催)
本館・ネイチャーホール・ポーチなどで、出展団体による活動紹介や標本などの展示、自然をテーマとした参加体験型の工作・ゲームコーナーなど。水槽での生き物展示もあります。

◆ワークショップ(両日とも開催)
様々な自然観察・自然保護教育プログラムを実施します。受付は当日会場で行います。

◆世界の双眼鏡・望遠鏡が勢揃い(両日とも開催)
コーワ、ニコン、ケンコー、ツァイスなど、各社の双眼鏡・望遠鏡が勢揃いします。
場所:自然史博物館 玄関前ポーチ


そのほか、講演会などさまざまなプログラムを行う予定です。

詳細はプレスリリースをご覧ください。

台風に関するお知らせ
2017年09月17日

「大阪市」に暴風警報が発令された場合、臨時休館する場合がございます。詳細は、お電話(06-6697-6221)にてお確かめください。

ザトウクジラ(全身骨格標本)の愛称は「ザットン」に決定しました!!
2017年09月16日

zatton_1.JPG

(谷田館長と愛称応募者の皆様とそのご家族)


 特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ ―生き物のにぎわいとその恵み―」の目玉展示である、ザトウクジラ(オス・全身骨格標本)の愛称が「ザットン」に決定し、平成29年9月16日(土)午後1時、特別展会場において愛称命名イベントを行いました。

 今回の愛称募集で応募のあった総計561票のうち、決定した「ザットン」という愛称には36票の応募があり、応募された皆様を代表して、菅 優月(かん ゆづき)さん、長瀬 夏美(ながせ なつみ)さん、石塚 誉子(いしづか たかこ)さんの3名をイベントにご招待し、愛称のお披露目をしました。愛称を考えた際の想いや由来について、長瀬さんは「強そうなイメージだから」、菅さんは「みんなが呼びやすいように」、石塚さんは「標本にする過程では、作業に参加した市民の皆様の苦労があったと聞き、そういった市民参加の活動は珍しいので、長くつづくように」とそれぞれ話してくださいました。

 特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ ―生き物のにぎわいとその恵み―」は10月15日(日)まで開催しています。
名前が決まったザットンに会いに、ぜひ会場へお越しください。


特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ ―生き物のにぎわいとその恵み―」HP
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2017setonaikai/




zatton_2.JPG

9月18日(月祝)まで延長します!テーマ展示「パネルで見る2016年熊本地震 活断層に備えよう」
2017年09月09日

 自然史博物館 本館2階イベントスペースにて開催している、テーマ展示「パネルで見る2016年熊本地震 活断層に備えよう」について、会期を平成29年7月29日(土)~9月10日(日)としていましたが、少しでも多くの市民の皆さまに地震や活断層への理解を深めていただき、今回の展示が災害への備えのきっかけになることを願い、9月18日(月祝)まで会期を延長いたします。
 この機会にぜひお越しください。


展示は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

◆ 変更後の会期◆
平成29年7月29日(土)~9月18日(月祝)
※休館日:月曜日(ただし9月18日は祝日のため開館)
※開館時間:午前9時30分から午後5時まで(変更なし)


■会 場
大阪市立自然史博物館 本館2階 イベントスペース

■観覧料
常設展入館料(大人300円、高校生・大学生 200円)
特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ-生き物のにぎわいとその恵み-」と常設展とのセット券は、大人700円、高校生・大学生400円
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。


テーマ展示「パネルで見る2016年熊本地震 活断層に備えよう」についてはこちらをご覧ください

http://www.omnh.net/whatsnew/2017/07/2016_1.html

「メガ恐竜展2017」閉幕いたしました
2017年09月04日

ポスター用.jpg


大阪南港ATCホールにて開催の「メガ恐竜展2017」は好評のうちに9月3日(日)に閉幕いたしました。
たくさんの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。

ザトウクジラ(全身骨格標本)の愛称決定!! 9月16日(土)に愛称命名イベントを行います
2017年08月30日

zatou_1.JPG


 大阪市立自然史博物館では、平成29年9月16日(土)午後1時から、特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ −生き物のにぎわいとその恵み−」の目玉展示である、ザトウクジラ(全身骨格標本)の愛称命名イベントを行います。

 このザトウクジラの全身骨格標本は、平成27年9月、泉南郡岬町に死亡漂着したもので、全長約7メートルのオスです。自然史博物館ではこのザトウクジラを回収し、解体して骨格標本として収蔵していましたが、今回の特別展開催にあたり、骨格を組み立て、全身骨格標本として初めて公開しました。
 平成29年7月15日(土)から9月3日(日)までの期間、特別展の来場者にその愛称を募集しており、8月29日(火)時点で505票の応募がありました。締め切り後は、館内のザトウクジラ愛称選考委員会で選考のうえ、愛称を決定いたします。


■ザトウクジラの愛称命名イベント 開催概要

特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ −生き物のにぎわいとその恵み−」会場内にて愛称を発表し、命名します。

<日  時>
平成29年9月16日(土) 13:00~

<場  所>
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター 2階)
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL 06-6697-6221(代)
最寄り駅:大阪市営地下鉄御堂筋線「長居」又はJR阪和線「長居」
        
<次  第>
・愛称のお披露目
・愛称応募者へのインタビューおよび記念品贈呈

<そ の 他>
このイベントは参加費無料ですが、博物館特別展会場内で行うため、特別展観覧料(大人500円、高校・大学生300円)が必要です。
※ただし、中学生以下・障がい者手帳等をお持ちの方・大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。

■ザトウクジラの愛称募集について

愛称募集の応募状況

<募集期間>
平成29年7月15日(土)~9月3日(日)
募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございます。

<募集方法>
大阪市立自然史博物館の特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ −生き物のにぎわいとその恵み−」来場者を対象に、特別展会場備え付けの応募用紙で募集。

<応募総数>※8月29日(火)時点
505票

プレスリリースはこちら



zatou_3.JPGzatou_2.JPG

「メガ恐竜展2017」をブログで紹介いただきました vol.2
2017年08月22日

大阪南港ATCホールにて開催中の「メガ恐竜展2017」について、ブロガー招待にご応募いただいた皆様が記事を寄せてくださいました。第二弾としてご紹介いたします。ぜひご覧ください。

vol.1はこちら


1.まんぼうのごとく
http://hashibiro.blog12.fc2.com/blog-entry-278.html


2.海水魚が好き!
https://plaza.rakuten.co.jp/homurasp/diary/201708060000/


3.化隕鉱宝のブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/stonefestnahibi/15220923.html


4.プラダーウィリー症候群の情報のメモ
http://d.hatena.ne.jp/prader-willi/20170730/shizenshi


5. いきもの は おもしろい!
http://ikimono8000.blog36.fc2.com/?tag=MegaKyouryuu2017


「メガ恐竜展2017」は9月3日(日)まで。閉幕まであとわずかです。
まだご覧いただいていない方、もう一度見ておきたいという方、ぜひ大阪南港ATCホールへ!

イベントなど詳細については公式HPをご覧ください。
http://mega2017.jp/

特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ −生き物のにぎわいとその恵み−」会場にて 「瀬戸内海の海産物・特産品」を販売します
2017年08月22日

 大阪市立自然史博物館では、現在開催中の特別展「瀬戸内海の自然を楽しむ−生き物のにぎわいとその恵み−」の会場において、平成29年9月10日(日)、9月16日(土)、9月17日(日)、9月23日(土)に「瀬戸内海の海産物・特産品」を販売します。

 特別展では、瀬戸内海の自然だけでなく、魚や海藻などの瀬戸内海の海産物、塩や素麺などの瀬戸内海の気候を活かした特産品も紹介しています。
 そのような「瀬戸内海の恵み」を市民の皆様に楽しんでいただくために、会場内のワークショップスペースにおいて、香川県大阪事務所の協力により、香川県「瀬戸内海の海産物・特産品」を販売します。魚や海老などの乾物、海苔、生うどんなど、瀬戸内海の味覚、旬のこの時期にしか味わえない香川県の海産物・特産品を取り揃え、販売当日は香川県大阪事務所の職員の皆様が商品解説をしながら販売してくださいます。
 特別展の展示をご覧いただくと同時に、瀬戸内海の恵みをお楽しみください。

■販売日時
平成29年9月10日(日)、9月16日(土)、9月17日(日)、9月23日(土) 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■会場
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL:06-6697-6221 FAX:06-6697-6225
HP:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
地下鉄御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m
JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1000m

■入場料
特別展の会場内での販売のため、特別展入場料が必要です。

大人500円、高校生・大学生 300円
期間内特別展フリーパス 大人1,000円、高校生・大学生600円
※本館(常設展)とのセット券は、大人700円、高校生・大学生400円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要(セット券除く)。

■協力
香川県大阪事務所
〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋1丁目18-24
TEL:06-6281-1661  FAX:06-6281-1662


■販売予定の海産物・特産品(すべて香川県産の商品です)
・伊吹島大入り煮干
kaisan_1.JPG


・瀬戸内海産素干し海老
kaisan_2.JPG


・瀬戸内海産焼ばらのり
kaisan_5.JPG


・燧灘の珍味でびら
kaisan_3.JPG


・いかの鉄板焼
kaisan_6.JPG


・さぬき純生うどん
kaisan_4.JPG


・瀬戸内海産黒干のり
・瀬戸内海産芽ひじき
・6種の魚介のだし粉ふりかけ
・伊吹島煮干のだし粉
・鯛釜飯の素
・無添加ぬかどこ
・瀬戸の小魚
・キス胡麻煎餅
・あぶり焼あなご
・瀬戸内のり天煎餅
・海藻トロットスープ
・生そうめん
・小豆島ぶっかけそうめんだし
・小豆島産エキストラバージンオリーブオイル




プレスリリースはこちら


月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧