What's New

特別展「氷河時代 -化石でたどる日本の気候変動-」本日開幕です!!
2016年07月16日

ポスター_B3.jpg


本日7月16日(土)から、特別展「氷河時代 -化石でたどる日本の気候変動-」を開催しております。

 長い地球の歴史の中で、気候は大きく変動してきました。恐竜が暮らしていた1億年前は、今よりとても暖かな時代でした。一方、地球上のほとんどが氷に覆われた非常に寒冷な時代もありました。実は現在もまた、南極や高緯度地方、高山に氷河が存在する「氷河時代」であることは、意外に知られていません。

 この特別展では、気候変動がおきる仕組みを紹介し、過去の気候変動の歴史を振り返ります。気候変動により自然の様子がどのように変化してきたのかを、マンモス、ヤベオオツノジカなどの動物化石、大阪平野の地質資料、過去7万年の堆積物などの資料を中心にご紹介します。


特別展HPはこちら→http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2016hyougajidai/




毎週土曜日は特別展「氷河時代」ギャラリートークを行います

会期中の毎週土曜日は、さまざまな分野の学芸員による特別展ギャラリートークも行います。

【開催日・テーマ】
7月16日(土)地質、7月23 日(土)古生物、7 月30日(土)地質
8月6日(土)地質、8月13日(土)古生物、8月20日(土)昆虫、8月27日(土)植物
9月3日(土)地質、9月10日(土)昆虫、9月17日(土)地質、9月24日(土)植物
10月1日(土)古生物、10月8日(土)古生物、10月15日(土)植物

【時  間】12:30~13:00

【会  場】特別展会場(花と緑と自然の情報センター2 階 ネイチャーホール)

【対  象】どなたでも参加できます

【参加費】無料(ただし、特別展観覧料必要)

【参加方法】申込み不要。参加希望者は開始5分前までに特別展会場入口付近に集合してください。会場混雑時には、やむなく中止となる場合がありますのでご了承ください。

【その他】テーマや担当学芸員は変更になることがありますので、あらかじめご了承ください。   


みなさまのご来館をお待ちしております。

「教員のための博物館の日2016 in 大阪市立自然史博物館」を 開催します
2016年06月28日

kyoinnohi_osakashizenshi2016_image.png

 大阪市立自然史博物館では、平成28年8月3日(水)に、「教員のための博物館の日2016 in 大阪市立自然史博物館」を開催します。

 2012年から毎年開催している「教員のための博物館の日 in 大阪市立自然史博物館」は、学芸員によるガイドツアー、体験プログラムなど教員向けのさまざまなプログラムを通して、まずは教員自らが博物館を楽しみ、博物館を知ってもらう1日として、毎年100名前後の参加者を迎えています。この日の参加をきっかけに、博物館の貸出資料の利用や、学芸員と一緒に考える授業づくりなど、学校での学習に博物館を利用する例が少しずつ増えてきました。

 当日は、持続可能な開発のための教育(ESD)に関する講演会や、他の博物館施設の学校向けの取組みを紹介するブース、他の博物館施設による特別プログラムもあります。

■開催概要

 今年のテーマは、「博物館は教員のみなさんの『難しい!』をサポートします」です。
 春の遠足の下見に来られた小学校の教員を対象に、授業するのが難しいと感じている理科の単元を調査し、苦手意識の高かった「土地のつくりと変化」や「流水の働き」「人の体のつくりと運動」などを、プログラムの中に取り入れました。教員のみなさんには、標本の見方や、観察・実験の仕方を学んで、学校での実践につなげていただきます。

1 名  称 「教員のための博物館の日2016 in 大阪市立自然史博物館」

2 主  催 大阪市立自然史博物館、公益財団法人大阪市博物館協会、大阪市立科学館、国立科学博物館、公益財団法人日本博物館協会

3 後  援 文部科学省、大阪市教育委員会、大阪府教育委員会、堺市教育委員会

4 日  時 平成28年8月3日(水)午前10時〜午後5時

5 会  場 大阪市立自然史博物館
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
  TEL 06-6697-6221 FAX 06-6697-6225
  地下鉄御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m
  JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1000m
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/

6 参加対象 小学校教員、教職課程を学ぶ学生、そのほか学校教育関係者

7 参 加 費 無料

8 定  員 60名 先着順

9 申  込 8月2日(火)までに、申し込みが必要です。
学校名等所属・名前を書いて、下記まで電子メールでお送りください。

10 申込受付メール・問い合わせ先
大阪市立自然史博物館 学校と博物館連携担当 
電話 06-6697-6221
メール tm@mus-nh.city.osaka.jp

11 内容(予定)
・学芸員による展示室・植物園解説ツアー
・体験型プログラム
・持続可能な開発のための教育(ESD)に関する講演会
・他の博物館施設による特別プログラム
・各博物館等施設による学校向け事業紹介ブース展示・資料配布
参加予定施設:高槻市立自然博物館(あくあぴあ芥川)、大阪くらしの今昔館、大阪城天守閣、大阪市立科学館、大阪市立東洋陶磁美術館、大阪市立美術館、大阪新美術館建設準備室、大阪文化財研究所、大阪歴史博物館、オービィ大阪、きしわだ自然資料館、キッズプラザ大阪、JT生命誌研究館、天王寺動物園
※詳細別紙スケジュール予定を参照。

※「教員のための博物館の日2016 in 大阪市立自然史博物館」は、平成28年度笹川科学研究助成をうけて実施します。
http://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/

プレスリリース

チラシ

特別展「氷河時代-化石でたどる日本の気候変動-」のオフィシャルホームページがオープンしました。
2016年06月21日

#氷河時代展
hyougatop.jpg

平成28年7月16日(土)から10月16日(日)まで、大阪市立自然史博物館ネイチャーホールにて開催される特別展「氷河時代-化石でたどる日本の気候変動-」のオフィシャルホームページがオープンしました。

http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2016hyougajidai/

この特別展も子どもから楽しめるワークショップも、研究者の熱い語りに触れることができる講演会、植物園や野外での観察会などたくさんのイベントが目白押しです。
また、今年も昨年ご好評を頂いた特別展に何度も通えるフリーパスもあります。
どうぞ夏休みのご予定に、「氷河時代」

特別展「氷河時代 -化石でたどる日本の気候変動-」 ブロガーの皆様をご招待します
2016年06月17日

hyoga_logo.jpg
特別展「氷河時代 -化石でたどる日本の気候変動-」が、平成28年7月16日(土)から始まります。

この特別展では、広報に協力して頂けるブロガーの皆様を、開幕前日の一般内覧会(7月15日)、または開幕後3日間(7月16日〜18日)のいずれかにご招待します。
参加には申込が必要です。以下をご確認の上、お申し込みください。


-----------------------------------------------------------------------------------------
特別展の広報に協力して頂けるブロガーの方20名を、開幕前日の一般内覧会、または開幕後3日間のいずれかに無料でご招待いたします。

・一般内覧会:平成28年7月15日(金) 午後2時から午後4時30分まで(午後1時30分より受付開始)

・開幕3日間:平成28年7月16日(土)~ 18日(月祝)午前9 時30分から午後5時まで(入場は随時、最終入場は午後4時30分まで)

●会場
自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター 2階)

●参加頂ける方
以下の2つの条件を両方とも満たす方
①ご自身でブログを開設されていること
②ご自身のブログに特別展の紹介記事を必ずお書きいただけること

●申込
電子メールに 「特別展ブロガー招待申込み」と明記、名前、居住地の都道府県名、 電子メールアドレス、ブログタイトル、ブログ URL を書いて、平成 28 年 7 月 7 日(木) までに届くように自然史博物館 総務課宛に申込んでください。平成 28 年 7 月 8 日(金) に抽選を行い、結果を申込者全員にメールにて返信させていただきます。当選者のみ参加方法等の詳細を合わせてお知らせいたします。

●その他
・当日参加はできません。必ず申込みをしてください。

・当選された場合、掲載いただいたブログ記事をブロガー招待担当者(s-nyukansha@ocmo.jp) までお知らせください。特別展がブログに掲載された事を博物館HPにてご紹介させていただく場合がございます。

●問合せ/申込先
大阪市立自然史博物館 総務課 (ブロガー招待担当)
電話:06-6697-6221 メール:s-nyukansha@ocmo.jp

大阪市立自然史博物館研究報告70巻を掲載いたしました
2016年06月11日

毎年発行しています、「大阪市立自然史博物館研究報告」の70巻を発行、WEB掲載しました。
博物館情報センター、ミュージアムサービスセンターで閲覧できる他、以下で公開しています。
http://www.mus-nh.city.osaka.jp/publication/bulletin/index.html

冊子体をお望みの方はミュージアムショップまたはネットショップで購入することもできます。
また、自然史研究3−17も公開しています。

CiNiiでは来週末頃検索可能になる予定です。

特別展「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」をブログで紹介いただいています vol.2
2016年06月09日

大阪市立自然史博物館 ネイチャーホールにて開催中の特別展「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」について、ブロガー招待にご応募いただいた皆様が記事を寄せてくださっています。今回は第2弾としてご紹介いたします。ぜひご覧ください。

1.KAR FISH 別館3号

(ブログ記事)
http://karfish.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

(トゥギャッターまとめ)
http://togetter.com/li/963197

2.海水魚が好き!
http://plaza.rakuten.co.jp/homurasp/diary/201604290000/

3. 浦野院長の世界
http://www.uranoahp.com/seimei/seimei.htm

4. prader-willi(プラダーウィリー)症候群の情報のメモ
http://d.hatena.ne.jp/prader-willi/20160416/shizenshi




特別展「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」は6月19日(日)までです。
最終日は混雑が予想されますので、早めのお日にちでのご来場をおすすめします。

特別展入場チケットで本館の常設展・植物園もご覧いただけます。ぜひあわせてご覧ください。


「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」ホームページ
http://www.seimei-ten.jp/

日本地質学会が選定した「大阪府の石」
2016年06月07日

 一般社団法人 日本地質学会は、5月10日に全国47都道府県の「県の石(岩石・鉱物・化石)」を選定し発表しました。これまでに都道府県の花や樹木、あるいは鳥はありましたが、石は選定されていませんでした。
 日本は国土の面積こそ小さいのですが、複雑な地質構造をもつ変動帯に位置します。このような日本列島の北から南までの各都道府県の地域特有の「県の石」を選定することによって、一般市民の方々に大地の性質や成り立ちに関心を持っていただき、大地とうまく付き合っていくことができるようになることを目指して選定されました。
 大阪府では岩石として「和泉石(和泉青石・砂岩)」、鉱物として「ドーソン石」、化石として「マチカネワニ」が選ばれました。

これまでは、大阪の自然誌展示室や第2展示室、本館2階ギャラリーなどに分かれて展示していましたが、本日からトピック展示として、ナウマンホールにおいてまとめてご覧いただけるようになりました。
ぜひご覧下さい。

IMG_8150.JPG
写真上部に「マチカネワニ」、下部の展示ケースに「和泉石」と「ドーソン石」を展示中

特別展「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」をブログで紹介いただいています
2016年06月04日

大阪市立自然史博物館 ネイチャーホールにて開催中の特別展「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」について、ブロガー招待にご応募いただいた皆様が記事を寄せてくださっています。

1.Yo's small yard
http://yo-yard.sakura.ne.jp/topics_seimei_daiyakusin2016.html

2.長居公園ご案内
http://blog.livedoor.jp/nagaipark/archives/58490184.html

3.いきもの は おもしろい!
http://ikimono8000.blog36.fc2.com/?tag=seimeidaiyakusin

4.PANGEA NOTE
http://pangea-note.com/blog/exhibition/post-63.php

5.徳承のブログはじめました
http://ameblo.jp/tokusyo/entry-12161429779.html




特別展「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」は6月19日(日)までです。
まだご覧いただいていない方、閉幕までにもう一度見ておきたい方、皆様お待ちしております。

特別展入場チケットで本館の常設展・植物園もご覧いただけます。ぜひあわせてご覧ください。

「生命大躍進 -脊椎動物のたどった道-」ホームページ
http://www.seimei-ten.jp/

大阪市立自然史博物館 館報 41(平成27年度)を公開しました
2016年06月04日

大阪市立自然史博物館の活動の資料である館報 41号(平成27年)を公開しました。
視察・調査などの参考情報にご利用ください。


PDFファイルで4.2MBあります。右クリック(コントロール+クリック)などで保存してご活用ください

過去の館報については35号以降を公開しています。トップページ右上の「博物館について」から「館報」を選択し、必要号をクリックしてください。PDFファイルにて公開しています。
それ以前の館報は博物館の図書コーナーなどで閲覧できますのでお気軽にお尋ねください。

自然史フェスティバル2016は11月19−20日に開催、出展者募集中
2016年06月03日

来る2016年11月に「大阪自然史フェスティバル2016」を開催することになりましたのでご案内いたします。
「大阪自然史フェスティバル」は、 自然関連のサークル、 地域の自然保護団体などが活動を紹介し、 交流を深め、 市民のみなさんに大阪の自然の現状や自然に関わる活動の楽しさを知っていただくイベントです。大阪市立自然史博物館にて、2003年より毎年のようにフェスティバルを開催してきました。

現在、出展頂ける皆さんを募集中です。
自然観察を行っているサークルや、地域の自然保護や生物多様性の調査に関わっている団体はぜひご参加下さい。また協賛くださる企業や、有料ブースに出展くださる団体・個人があれば、是非ご紹介下さい。
詳細は以下のリンクをご覧ください

予告サイト


月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧