What's New

子どもワークショップ・サポートスタッフ募集のお知らせ
2017年03月24日

 大阪市立自然史博物館では、子どもや親子連れのみなさんに展示を楽しんでもらう「子どもワークショップ」などを実施しています。スタッフや学芸員と一緒に、これらの運営補佐をして頂く学生ボランティア「子どもワークショップ・サポートスタッフ」を募集します。1年間の活動の最後(3月)には、みなさん自身がワークショップを企画・実施する「はくぶつかん こどもまつり」も行います。博物館での展示活用教育や子ども向けプログラムに関心のある方は、ぜひチャレンジしてください!

 対象:18歳以上の学生の方で、週末に行われるプログラムに2ヶ月に1回程度参加できる方。
 期間:2017年5月から2018年3月まで(年間登録制)
 募集人数:15〜20名程度
 応募方法:往復はがきまたはメール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp)に「ワークショップ・サポートスタッフ応募」と明記して、住所・氏名・学校名・学年・電話番号・メールアドレス・(博物館に行く際に使う)自宅最寄り駅を書いて5月8日(月)までに届くように博物館普及係あてに申し込んで下さい。なお、初回研修を兼ねた説明会を5月21日(日)午前10時〜午後4時に行います(本登録するかしないかはこの日に決めることができます)。希望者は必ず参加して下さい。また、1回目の活動は5月27日(土)・28日(日)(選択可)を予定しています。※初回研修(説明会)の詳細は返信でお知らせします
 その他:サポートスタッフとしての参加には規定の交通費を支給します。
 問合せ:動物研究室・石田
     〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
     大阪市立自然史博物館 tel:06-6697-6221 / fax:06-6697-6225

■見学会:サポートスタッフが企画したワークショップを見学してみませんか。当日は活動についてのご質問も受付けます。活動に興味をお持ちの方は、お気軽におこし下さい。
 見学できるプログラム 『はくぶつかん こどもまつり』
 見学・質問対応日時:3月26日(日) 午後2時〜3時
 集合:当日午後1時50分までに、花と緑と自然の情報センター(自然史博物館のとなりの建物です。入場無料)の学芸員相談カウンターへおこしください。事前申込みは不要です。

ミュージアムショップの一時営業休止(2017/3/31)について
2017年03月22日

2017年03月22日
平素より自然史博物館をご利用いただきありがとうございます。
花と緑と自然の情報センター1Fにて運営しております大阪市立自然史博物館ミュージアムショップは店舗改装と商品入れ替えのため3月31日終日閉店とさせていただいきます。
 翌日1日より一部営業を再開し、認定特定非営利活動法人 大阪自然史センターが店舗運営を行います。
通信販売(ネットショップ)も、これまで通りの運営となります。特段の変更はありません。


 なお、2016年度に販売商品などについてのお問い合わせなどは(株)トーマス(代表電話:078-531-1160)にお願い致します。
 
ご不明な点などは学芸員などにおたずねください。

プレスリリースの訂正とお詫び
2017年03月14日

平成29年2月21日(火)に報道発表しました、「特別展 『石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~』を開催します」において、一部誤りがございましたので、下記の通り訂正させていただきます。
皆様には大変ご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。




<対象プレスリリース>
平成29年2月21日(火)
「特別展 『石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~』を開催します」
※該当箇所は訂正しております


<訂正内容>
金澤芳廣化石コレクションの寄贈者・金澤芳廣氏に関する記述

(誤)
香川県さぬき市に在住の金澤芳廣氏

(正)
香川県丸亀市に在住の金澤芳廣氏


訂正後プレスリリースはこちらをご確認ください

8ミリ・16ミリフィルムの記録内容確認コーナー
2017年03月01日

3月5日(日)に公開シンポジウム「生物学における動画・音声データのアーカイブ - その意義と課題」を開催しますが、その会場内に「8ミリ・16ミリフィルムの記録内容確認コーナー」(協力:株式会社IMAGICAウェスト)を設けます。詳細は以下の通りです。

■8ミリ・16ミリフィルムの記録内容確認コーナー

 手元に古い8ミリや16ミリがあるけど、何が映っているかわからない、映写機がないので確認ができない、といったことはありませんか。今回、映画用フィルムを専門に扱う株式会社IMAGICAウェストの協力により、同社が開発した動画フィルムの簡易再生装置「テテレ」を用いて、その場でフィルムの記録内容の確認ができるコーナーを設けます。また、フィルムのクリーニングや維持管理、デジタル化についても専門技術者がアドバイスを行います。お気軽にご参加ください。

 日時:3月5日(日)10:00〜16:00
 場所:大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)※公開シンポジウムと同じ場所です。
 対象フィルム:16ミリ、各種8ミリ、9.5ミリ
 その他:料金等は不要です/音声の確認はできません/VHSなどの磁気テープは対象外です/博物館・大学等機関に限らず、個人の方のお持ち込みも歓迎です。
 協力:株式会社IMAGICAウェスト
 問合せ:動物研究室・石田


公開シンポジウム「生物学における動画・音声データのアーカイブ - その意義と課題」については、以下のページをご覧下さい。
http://www.omnh.net/whatsnew/2017/02/post_263.html

「石は地球のワンダー」展の共同開催を記念して大阪市立科学館と相互割引を実施します
2017年02月22日

大阪市立自然史博物館と大阪市立科学館は、「石は地球のワンダー」展の期間中、下記のチケットのご呈示で相互割引を実施します。


◆大阪市立自然史博物館 特別展「石は地球のワンダー」◆

【実施期間】平成29年4月22日(土)~6月4日(日)
大阪市立自然史博物館のチケットカウンターで、次の券、あるいは会員証をご呈示いただくと、特別展「石は地球のワンダー」の当日観覧券を割引料金でご購入いただけます。

一般300円→200円、大学生・高校生200円→100円

●大阪市立科学館の展示場またはプラネタリウムの観覧券(平成29年3月14日~6月4日のもの(前売券を含む)、半券も可)
●大阪市立科学館友の会会員証
※ご本人様のみ有効


◆大阪市立科学館 「プラネタリウム」、「展示場」◆

【実施期間】平成29年3月14日(火)~6月4日(日)
大阪市立科学館のチケットカウンターで、次の券、あるいは会員証をご呈示いただくと、「プラネタリウム」、「展示場」の当日券を団体割引料金でご購入いただけます。

・プラネタリウム:大人600円→480円、高校・大学生450円→360円、3歳以上中学生以下300円→240円
・展示場:大人400円→320円、高校・大学生300円→240円、中学生以下無料
※プラネタリウムは満席により観覧できない場合もありますので、あらかじめご了承ください

●大阪市立自然史博物館 特別展「石は地球のワンダー」の観覧券(特別展「石は地球のワンダー」期間内フリーパスを含む)、招待券
●大阪市立自然史博物館 常設展の入館券(平成29年3月14日~6月4日のもの)
●大阪市立自然史博物館にて小中学生に配布の「しぜんしはくぶつかん たんけんクイズ」
●大阪市立自然史博物館友の会会員証(家族会員証を含む)
※ご本人様のみ有効


*その他の割引サービスとの併用不可
*大阪市立科学館 企画展「石は地球のワンダー」は、平成29年3月14日(火)から6月4日(日)、常設展示場内で開催しています。月曜日は休館です。*ただし、3月20日(月)と5月1日(月)は開館、3月21日(火)と5月30日(火)~6月1日(木)は休館
*大阪市立自然史博物館 特別展「石は地球のワンダー」は、平成29年4月22日(土)から6月4日(日)開催、月曜日は休館です。*ただし、5月1日(月)は開館
*大阪市立科学館のスケジュール等は、大阪市立科学館にお問い合わせください。

特別展 「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」を開催します
2017年02月21日

 大阪市立自然史博物館では大阪市立科学館と共催で、平成29年4月22日(土)から6月4日(日)まで、特別展「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」を開催します。

美しい鉱物と珍しい化石、貴重なコレクションを大公開

 地球の営みによってつくられた、きれいな結晶を持つ鉱物、長い地球の歴史の中で生物の進化を教えてくれる化石。その美しさや不思議さはコレクターを虜にし、私たちにも地球のワンダーを教えてくれます。
 この特別展では、地球が生み出した不思議な石に魅了された二人のコレクターによる鉱物コレクションと化石コレクションを中心に石の魅力を紹介します。
 北川隆司鉱物コレクションは、鉱物学を研究した故北川隆司教授(広島大学)が生涯をかけて世界中から収集した、2,000点を超える鉱物コレクションのうち、選りすぐりの約160点を展示し、鉱物の美しさや不思議さに触れていただきます。北川隆司鉱物コレクションは全国を巡回してきましたが、まもなく終了の予定で、関西では最後の機会となります。
 金澤芳廣化石コレクションは、香川県丸亀市に在住の金澤芳廣氏から当館に平成28年8月に寄贈された化石コレクションです。大型のアンモナイトや巨大な材化石、海棲脊椎動物化石などで、コレクションの中には、当館学芸員を中心とした研究で明らかとなった、香川県で初めてとなる恐竜化石も含まれています。
あわせて、日本地質学会により選定された「47都道府県の石(岩石・鉱物・化石)」を同時開催します。日本列島を形作る、複雑で多様な地質を実感していただけることでしょう。


開催概要

■名 称
特別展「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」

■主 催
大阪市立自然史博物館、大阪市立科学館

■会 期
平成29年4月22日(土)~6月4日(日)
※開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

■休館日
月曜日(ただし、月曜日が休日の場合はその翌日)※5月1日(月)は開館

■会 場
大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL:06-6697-6221 FAX:06-6697-6225
HP:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
地下鉄御堂筋線「長居」駅下車3号出口・東へ800m
JR阪和線「長居」駅下車東出口・東へ1000m

■観覧料
大人 300円、高校生・大学生 200円
期間内特別展フリーパス 大人 500円、高校生・大学生 400円
※本館(常設展)とのセット券は、大人 500円、高校生・大学生 300円。
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。
※本館(常設展)、長居植物園への入場は別途料金が必要です(セット券を除く)。

■問 合 せ
大阪市立自然史博物館 TEL:06-6697-6221
HP:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/


北川隆司鉱物コレクションのうち、約40点は大阪市立科学館で平成29年3月14日(火)~平成29年6月4日(日)に開催される企画展「石は地球のワンダー ~鉱物と化石に魅せられた2人のコレクション~」において展示されます。「石は地球のワンダー」展について、資料を2会場に分割して展示することから、両会場とも見学する方のため、観覧料金の相互割引を実施します。
詳細は後日自然史博物館ホームページ等にてご案内します。


主な展示
石は地球のワンダー展_展示.jpg


詳細はプレスリリースをご覧ください
プレスリリース

テーマ展示「植物標本のタネは地域の自然を救う!? ~時を越えて発芽する植物標本のタネ~」 を開催します
2017年02月17日

ヒメヒゴタイ(大阪府1925年採集).jpg

タネの生存が確認された最も古いヒメヒゴタイの標本(大阪府産1925年採集)
ヒメヒゴタイは大阪府では既に絶滅


 大阪市立自然史博物館では、平成29年3月4日(土)から4月9日(日)まで、テーマ展示「植物標本のタネは地域の自然を救う!?~時を越えて発芽する植物標本のタネ~」を開催します。

 博物館の標本庫には100年以上前のものから近年のものまで、絶滅が危惧されている植物を含む数多くの植物の標本が収められています。標本にはタネ(種子)が残されているものも数多くあり、その中には休眠状態で今も生きているタネがあることが調査の結果分かってきました。もしかしたら、これらのタネを集めて蒔くことによって、ある地域で絶滅してしまった植物や、減少してしまった遺伝的多様性を回復させることができるかもしれません。

 この展示では、標本を用いた植物の保全に関する最新の研究成果をご紹介します。残されたタネの生存が確認された、大阪府では絶滅したと考えられているカワツルモやヒメヒゴダイの標本など、研究の重要な資料を展示します。


○期  間:平成29年3月4日(土)~4月9日(日)

○休 館 日:月曜日(ただし、月曜日が休日の場合はその翌日)

○開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

○場  所:大阪市立自然史博物館 本館2階イベントスペース

プレスリリースはこちら
特設ページはこちら http://www.mus-nh.city.osaka.jp/tokuten/2017hatsuga/

館内電源工事に伴うwebサービスの一時停止について(2月13日)
2017年02月08日

自然史博物館では館内の電源工事に伴い、
ホームページ、メール、メーリングリストなどのサービスを
2017年2月13日 9時から昼過ぎ頃まで 一時的にサービスを停止させていただきます。
復旧後、できるだけ早くサービス再開を予定しています。よろしくお願いいたします。

続きを読む "館内電源工事に伴うwebサービスの一時停止について(2月13日)" »

公開シンポジウム「生物学における動画・音声データのアーカイブ - その意義と課題」
2017年02月02日

生物学では、研究過程で動画や音声データを記録し、利用することが以前から行われてきました。いくつかの博物館や研究機関では、それらのデータを体系的に収集し、保存することも行われています。一方で、デジタル化による記録媒体のめまぐるしい移り変わりとデータ数量の増加、それに伴う収蔵・整理作業の負担増、著作権の複雑化、といった問題も顕在しています。このシンポジウムでは動画・音声データをアーカイブする機関や研究者から最前線の事例をご紹介頂き、その意義と課題を整理しつつ、近年進歩する映像認識技術などの適用も含めた将来展望について議論します。

日時:3月5日(日)13:00〜17:00
会場:大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
        アクセス:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/1attention/index.html#kotsu
        花と緑と自然の情報センターは自然史博物館に隣接した建物です。
申込み・参加費:不要
主催:大阪市立自然史博物館
共催:NPO法人西日本自然史系博物館ネットワーク


【プログラム】

13:00-13:10 趣旨説明

13:10-13:50
「深海生物・環境調査映像のアーカイブとWeb公開」
 齋藤秀亮(国立研究開発法人海洋研究開発機構)

13:50-14:30
「自然の音と音環境コレクション」
 大庭照代(千葉県立中央博物館)

14:30-15:10
「野生チンパンジーの映像エソグラム」
 座馬耕一郎(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

15:10-15:30 休憩

15:30-16:00
「生物学の動画・音声アーカイブに共通する意義と課題の整理」
 石田 惣(大阪市立自然史博物館)

16:00-16:40
「映像認識技術の現状と生物映像への適用可能性」
 柳井啓司(電気通信大学大学院情報学専攻)

16:40-17:00 総合討論

17:00 閉会


【各演題要旨】
「深海生物・環境調査映像のアーカイブとWeb公開」
 国立研究開発法人海洋研究開発機構では、保有する潜水船や探査機を用いた深海調査時に深海映像や画像を撮影し、3万時間分以上の映像をアーカイブしている。これらの映像は撮影されている深海生物名などのタグを付け、Webサイト「深海映像・画像アーカイブス」でインターネットに公開している。本発表では、膨大な深海調査映像のアーカイブや公開における当サイトでの取り組みについて紹介する。

「自然の音と音環境コレクション」(大庭照代)
 千葉県立中央博物館では、平成元年に「自然の音と音環境コレクション」の収集を始め、国内外で独自に録音した鳥や虫の個別音と各地の音環境の他、録音家からの寄贈、CD等の出版物等を含む。録音方式や機器の変遷に伴い多様な媒体と音声ファイルを受入れ、WAVEファイル化を行った。生物名や環境等で検索できるデータベース上での試聴を目指す一方、千葉県デジタルミュージアム『音の標本箱』等のプログラムが活用されている。

「野生チンパンジーの映像エソグラム」(座馬耕一郎)
 アフリカに生息する野生チンパンジーの長期調査地では、道具使用行動や社会行動など、さまざまな「社会的学習を必要とする行動」が報告されており、地域間で共通する/異なる行動は、チンパンジーの文化として知られている。本発表では、野生チンパンジーの多様な行動レパートリーを文字による記載と映像による記録で収めた“Chimpanzee Behavior in the Wild”の編纂経緯を紹介する。

「生物学の動画・音声アーカイブに共通する意義と課題の整理」(石田 惣)
 体系的に収蔵登録された動画・音声データは、研究者のマイニングによって新たな研究資源になる可能性があり、教育での活用も期待できる。一方、動画・音声を検索可能とするためのメタデータ付与の手間、ファイル形式の選択、データの保存方法、著作権者からの許諾条件の設定等が共通の課題と言えそうだ。私たちが行った研究者へのアンケート調査の結果も踏まえて、それぞれの課題について解決の道筋を探ってみたい。

「映像認識技術の現状と生物映像への適用可能性」(柳井啓司)
 コンピュータビジョンの研究コミュニティでは、50年以上に渡って画像・映像認識の研究が続けられて来たが、近年の深層学習の登場により、その技術は飛躍的な発展を遂げつつある。本講演では、主に映像認識に関して、最新の技術および研究例を紹介し、生物動画への適用可能性について考察する。

【シンポジウムに関する問合せ】
大阪市立自然史博物館 石田 惣
〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
tel:06-6697-6221 / fax:06-6697-6225
e-mail: iso@mus-nh.city.osaka.jp

※本シンポジウムはJSPS科研費(JP15H02955「動画を博物館の『標本』として収集・収蔵・利用公開するための課題解決と環境整備」)の進捗及び成果報告として行うものです。

続きを読む "公開シンポジウム「生物学における動画・音声データのアーカイブ - その意義と課題」" »

臨時休館(平成29年2月6日~2月28日) 改修工事による本館 臨時休館のお知らせ
2017年01月06日

大阪市立自然史博物館では、平成29年2月6日(月)より 2月28日(火)まで 本館改修工事のため臨時休館いたします。

なお、臨時休館中も開催可能な行事は行う予定ですので、ホームページのイベントカレンダーなどでご確認ください。

花と緑と自然の情報センター内のネイチャースクエア「大阪の自然誌」、学芸員相談カウンター、ミュージアムショップは、月曜日(2月6・13・20・27日)を除き運営いたしますので、ご利用いただけます。

たいへんご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。


月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧