What's New

8月31日(火)までの対面型行事中止のお知らせ
2021年08月01日

8月2日(月)~31日(火)まで、大阪府において新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が再発出されました。大阪府の新型コロナ警戒信号(赤色)も31日まで継続されることから、大阪市立自然史博物館では期間中の対面型行事を中止します。また一部の行事は、その内容や実施方法を変更します。
 
 
【中止する行事】
・8月28日(土)長居植物園案内・動物編「はじめての鳥の羽ひろい」
 
 
【すでに中止をお知らせしている行事】(再掲)
・8月7日(土) 長居植物園案内(8月)
・8月21日(土) 友の会行事「自作トラップでウミホタルの観察にチャレンジしよう」
・8月22日(日) 特別行事「標本の名前を調べよう」
 
 
【オンライン行事として実施する行事】(再掲)
※視聴方法や参加方法は、イベントページでお知らせしています。
・8月21日(土) 自然史オープンセミナー「砂浜の砂をのぞいてみたら」
 
 
【内容を変更して実施する行事】(再掲)
・子どもワークショップ(8月)「のぞいてみよう すなつぶつぶ」
 実施日:9月26日(日)まで
・子どもワークショップ(8月)「ハカセといっしょに 貝しらべ」
 実施日:8月14日(土)・15日(日) 
※どちらも個人で自由に展示を楽しんでもらう、ワークシート形式に内容を変更します。実施日の開館時間中、どなたでもご自由に手に取って楽しんでいただけます。ワークシートは、博物館本館ナウマンホールにて配布します。

子どもワークショップ「のぞいてみよう すなつぶつぶ」は、内容を変更して開催しています
2021年08月01日

大阪市立自然史博物館で7月31日(土)、8月1日(日)、8日(日・祝)、9日(月・休)、21日(土)、22日(日)に開催を予定していた子どもワークショップ「のぞいてみよう すなつぶつぶ」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、個人で自由に展示を楽しんでもらうワークシート形式に内容を変更して実施しています。 
対面でのワークショップを楽しみにされていた皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
sunaWS (1).jpg

開館時間中、いつでもだれでも自由に手に取って楽しんでいただけます。ワークシートは、博物館本館ナウマンホールにて配布しています。
 
【あそびかた】
はくぶつかんのハカセが、日本中の砂浜の砂を集めたよ。いろいろな砂、じっくり観察してみよう。
浜辺で出会える生きものもご紹介。ハマダンゴムシ、ハマボウフウ、アリジゴク…。
「てんじしょうかいカード」を手にとって、展示といっしょに楽しんでね。
6枚のカードを、家に帰ってつなげたら、「砂浜」のぬりえになるよ。

sunaWS(4).jpg sunaWS (2).jpg
テーマ展示「砂浜の砂とその自然」を楽しむための子ども向けワークシートです

【開催日】9月26日(日)まで ※テーマ展示「砂浜の砂とその自然」の開催期間
【場 所】自然史博物館 本館
【時 間】開館時間中、いつでも自由に手に取って楽しんでいただけます。用紙は本館ナウマンホールにて配布します
【参加費】無料(高校生以上の方は、本館入館料が必要です)
 

詳しくはイベントページをご覧ください。

イオン2店舗でパネル展を開催しています
2021年07月31日

大阪市立自然史博物館では現在、大阪府下のイオン2店舗にてパネル展を開催しています。

イオン藤井寺ショッピングセンターでは、博物館で作成している学校向け貸出資料や子どもワークショップ動画などをじっくりご覧いただける「ミニ自然史博物館」がオープン。
イオンモール大阪ドームシティには、身近な昆虫の世界を学べる自然史博物館のパネル展に加え、大阪市立科学館の「パノラマ天の川」、特別展「アインシュタイン展」の紹介パネルも展示しています。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

hujii1.jpg

hujii2.jpg
イオン藤井寺ショッピングセンター



ドーム1.jpeg

ドーム2.jpeg
イオンモール大阪ドームシティ

 
●イオン藤井寺ショッピングセンター
期間:8月19日(木)まで
場所:2階 イオンホール
※詳しくはイオン藤井寺ショッピングセンターHPをご覧ください

●イオンモール大阪ドームシティ
期間:8月15日(日)まで
場所:3階 キッズキャッスル
※詳しくはイオンモール大阪ドームシティHPをご覧ください


今週末も8月3日(火)からも開館します
2021年07月31日

 大阪府においては8月2日(月)から緊急事態宣言が発令されますが、開館いたします。
 開館にあたり、大阪府の緊急事態宣言措置に基づく要請に従い、これまで同様に人数上限を設定するなど、感染防止対策を講じていきます。
 来館のお客さまにも、感染症拡大防止対策のご協力をお願いいたします。

●お客さまへのお知らせとご協力のお願い●
・現在開催中のアインシュタイン展は、土日祝日が特に混雑しています。
展示室内での混雑時には、入場までの待ち列または整理券の発行する場合があります。
アインシュタイン展公式ツイッター で混雑状況は随時発信しています。


特に10時~11時、13時~15時ぐらいが混雑する傾向があります。

・大阪市立自然史博物館内での新型コロナウイルス感染防止の取り組みについては、下記でご紹介しています。ご来館時には、ご確認の上、ご協力をお願いいたします。
ご来館されるお客様へのご協力のお願い ⇒ http://www.omnh.net/whatsnew/2021/06/2021619.html  

関連リンク
大阪府の緊急事態宣言措置はこちら ⇒  https://www.pref.osaka.lg.jp/kikaku/kinkyuzitai-20210425/ 
博物館の業種別ガイドラインはこちら ⇒ https://www.j-muse.or.jp/02program/pdf/coronaguide0000.pdf 

※8月2日(月)は休館日です。タイトルの日付を訂正しました。(7月31日)

テーマ展示「砂浜の砂とその自然」 本日7月24日(土)より開催
2021年07月24日

大阪市立自然史博物館では、本日7月24日(土)よりテーマ展示「砂浜の砂とその自然」を開催しています。

砂展1.JPG

砂展2.JPG 砂展3 .JPG

このテーマ展示では、博物館で収集した日本全国の砂浜の砂を展示し、地域ごとに異なる砂浜の砂の多様性とともに、砂浜環境に暮らす動物・昆虫・植物について紹介します。また、開発や海岸侵食により危機的な状況にある砂浜の現状についても解説します。

砂展4.JPG 砂展5 .JPG


【会 期】令和3年7月24日(土)〜9月26日(日)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、臨時休館する可能性があります。
最新情報は、当館ホームページ等でご確認ください。

【時 間】午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

【休館日】月曜日(ただし8月9日・16日、9月20日は開館)、9月21日

【場 所】大阪市立自然史博物館 本館1階 ナウマンホール


◆詳細情報はこちら

長田庸平学芸員が森林防疫賞奨励賞を受賞しました
2021年07月17日

当館の昆虫担当の長田庸平学芸員が、全国森林病害虫獣害防除協会発行の学術誌「森林防疫」において第二著者として発表した論文で、2021年度の森林防疫賞奨励賞を受賞しました。




室 紀行・長田庸平(2020)ヨモギエダシャク(チョウ目:シャクガ科)によるスギコンテナ苗の食害事例.森林防疫 69 (4): 13-19.


本論文の内容は、スギの新害虫の蛾類を報告したものです。
スギコンテナ苗を食害する蛾の幼虫が発見され、第二著者の長田学芸員が幼虫と成虫の形態的特徴よりシャクガ科のヨモギエダシャクであると同定しました。

ヨモギエダシャクは非常に広食性の蛾で、農林業上では重要な害虫として知られていましたが、スギへの食害は今回の報告が初めてです。

今後は被害が広がる可能性があり、早期の防除のためには正確で迅速な種同定が必要になります。この論文がスギ害虫の防除に関する重要な資料になることが期待されます。




これらの論文はここでは公開できないので、読みたい方がいましたらメール(monitor@mus-nh.city.osaka.jp)でお問い合わせください。

ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」 本日7月17日(土)開幕!
2021年07月17日

IMG_7011.JPG

IMG_7013.JPG

20世紀最高の物理学者と称されるアルバート・アインシュタインの、ノーベル賞受賞100年を記念した特別展が本日より大阪市立自然史博物館ネイチャーホールで開催しています。

本日7月17日(土)午後2時からは、記念講演会「のぞいてみよう!アインシュタインの頭の中」をYouTubeで生配信します。
アインシュタイン展の監修者が、見どころやアインシュタインの魅力をリレー形式で語ります。ぜひご覧ください。

◆詳しくはこちら


アインシュタインは20世紀前半に相対性理論やブラウン運動の理論などを提唱し、光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞しました。
この特別展は、アインシュタインの科学理論や日本とのつながりについて、国内外の貴重な資料や、体験装置、ゲーム、科学玩具を通して、子どもから大人まで楽しみながら学べる内容になっています。
また、没後に多くの個人資料の寄贈を受けたヘブライ大学(イスラエル)の特別協力を得て、アインシュタインゆかりの品も展示しています。幼少時の挫折体験や晩年の平和活動など、深みのある人間性にもご注目ください。


【会 場】大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
【期 間】2021年7月17日(土)~10月10日(日)
【時 間】9:30~17:00(入場は16:30まで)
【休館日】月曜日(8月9日、16日、9月20日は開館)、9月21日(火)
【観覧料】大人1,500円、高大生800円、小中生500円
     ※未就学児、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)、は無料(要証明)
     ※上記特別展入場料で、大阪市立自然史博物館常設展(当日限り)と、
     大阪市立科学館展示場 (8月22日まで)も入場可能
【主 催】大阪市立科学館、大阪市立自然史博物館、読売新聞社、関西テレビ放送
【問合せ】大阪市総合コールセンター(なにわコール) TEL:06-4301-7285


◆詳しくは公式ホームページをご覧ください。

「忘れ貝」可憐な新種とそのゆくえ 万葉集・土佐日記にいう貝たちの「もののあはれ」と「鎖国の名残」
2021年07月16日

岡山大学学術研究院環境生命科学学域(農)の福田宏准教授、大阪市立自然史博物館の石田 惣主任学芸員、西宮市貝類館の渡部哲也学芸員、香川県水産試験場の吉松定昭元場長、国立科学博物館の芳賀拓真研究員の共同研究チームは、従来分類が極端に混乱していた日本周辺産ワスレガイ属(Sunetta)貝類の網羅的な分類学的再検討を行い、3新種(現生:ベニワスレ、化石:モシオワスレ・シチヘイワスレ)ほか5種(タイワンワスレ・シマワスレ・ランフォードワスレ・ワスレガイ・ミワスレ)の計8種を認知して、それらの種の実体、定義、識別点、分布域等を初めて明確化しました。現生種のうちミワスレを除く5種は日本周辺に固有で、それら全てが浅海環境の悪化によって減少傾向にあるか、またはもともと産出例の少ない稀少種と判明しました。

本研究成果は7月14日、日豪共同刊行の軟体動物学雑誌「Molluscan Research」にオンラインで掲載されました。

■研究のポイント
・アサリ・ハマグリ等と同じくマルスダレガイ科に属するワスレガイ属(Sunetta)は、「忘れ貝」として万葉集や土佐日記等にも繰り返し登場するなど、日本人には古くから馴染みの深い海産二枚貝類の一群です。
・歴代の本草学者も認識して図示してきたワスレガイ属ですが、分類は混乱しており、図鑑や論文ごとに種名と種そのもの(個体・標本)との組合せに一貫性がないという状態が長く続いていました。
・今回、主に殻形態による再検討の結果、日本周辺から3新種(現生1・化石2)を含む8種が認められました。
・新種の一つベニワスレは、大阪湾(淡路島厚浜)で採集され保管されていた当館所蔵の標本をホロタイプ(※)としました。しかしながら大阪湾では近年の記録が乏しく、全国的にも生息環境の悪化によって絶滅の危機にあると考えられます。※ホロタイプ:新種の記載の際にその種の「基準」として唯一定める標本
・今回の研究では、全国16の博物館等の機関に収蔵されている500点近い標本を比較検討に用いました。地域の標本を収集し保管するという各地の地道な博物館活動のおかげで本研究は実現しました。

ベニワスレs.jpg
今回新種として記載されたベニワスレ(淡路島厚浜産、大阪市立自然史博物館所蔵吉良哲明コレクション)

目八譜_3.jpg
江戸後期の貝類図譜「目八譜」に描かれた「忘介」の一つ。この図はベニワスレを描いている(武藏石壽, 1843, 国立国会図書館デジタルコレクション)

■プレスリリースはこちらをご覧ください。

■掲載論文
タイトル:The bivalve genus Sunetta Link, 1807 (Heterodonta: Veneridae) of Japan and the neighbouring waters – a taxonomic revision with the descriptions of three new species
掲載誌:Molluscan Research
著者:Hiroshi Fukuda, So Ishida, Tetsuya Watanabe, Sadaaki Yoshimatsu and Takuma Haga
DOI:https://doi.org/10.1080/13235818.2021.1937016

8月22日(日)までの対面型行事中止のお知らせ
2021年07月11日

大阪府内におけるまん延防止等重点措置の期間が、8月22日(日)まで延長されました。大阪市立自然史博物館では、期間中もアルコールによる消毒や来館者の方の体温測定などコロナウイルス感染症の感染拡大への対策を実施して開館します。
一方で、期間中は大阪府の「新型コロナ警戒信号」の赤色が継続となります。そのため、博物館が実施する対面型の行事を8月22日(日)まで中止します。また一部の行事は、その内容や実施方法を変更する予定です。


【中止する行事】
・7月24日(土) 長居植物園案内・昆虫編(7月)
・7月31日(土) やさしい自然かんさつ会「ツバメのねぐら」
・8月5日(木) ジュニア自然史クラブ「ミーティング 標本実習と長居公園の生き物探し」
・8月7日(土) 長居植物園案内(8月)
・8月21日(土) 友の会行事「自作トラップでウミホタルの観察にチャレンジしよう」
・8月22日(日) 特別行事「標本の名前を調べよう」


【オンライン行事として実施する行事】
※視聴方法や参加方法は、イベントページでお知らせします。
・7月24日(土)・25日(日) 友の会行事「夜の博物館・植物園を探検しよう!」
・8月4日(水) 教員のための博物館の日
・8月21日(土) 自然史オープンセミナー「砂浜の砂をのぞいてみたら」


【内容を変更して実施する行事】
・8月14日(土)・15日(日) 子どもワークショップ(8月)「ハカセといっしょに 貝しらべ」
→オンラインでのリモート開催を検討中です。詳細は決定し次第、イベントページでお知らせします。
・8月15日(日) 室内実習「ホネ標本の作りかた(未成年向け)」
→オンラインでのリモート開催を検討中です。詳細は決定し次第、イベントページでお知らせします。
・子どもワークショップ(8月)「のぞいてみよう すなつぶつぶ」
 実施日:7月31日(土)、8月1日(日)、8日(日祝)、9日(月休)、21日(土)、22日(日)
→新型コロナウイルス感染拡大防止のため、個人で自由に展示を楽しんでもらう、ワークシート形式に内容を変更し実施します。実施日の開館時間中、どなたでもご自由に手に取って楽しんでいただけます。ワークシートは、博物館本館ナウマンホールにて配布します。


【すでに中止をお知らせしている行事】(再掲)
・7月17日(土)ビオトープの日(7月)
・7月18日(日)テーマ別自然観察会「初夏のキノコ」
・7月18日(日)友の会行事「平城宮跡と水上池で生き物さがし」

大阪市立自然史博物館のTwitterフォロワーが1万人を超えました。
2021年07月08日

スクリーンショット 2021-07-07 21.55.22.png
平素より大阪市立自然史博物館のSNSをご利用いただきありがとうございます。
大阪市立自然史博物館のTwitter
https://twitter.com/osaka_shizenshi
は2008年1月より運用を開始しましたが、2021年6月末にフォロワー数が1万人を超えた模様です。
これもひとえに皆様の暖かなご支援とご愛顧のおかげです。
ユーザーの皆様に育てていただいたアカウントだと考えています。

これからもTwitterやFacebook,YouTubeなどのSNSも含め、
博物館の動き、活動をしっかり皆様にお伝えしていきたいと思います。
関連アカウント、学芸員アカウントなどとともに今後ともよろしくお願いいたします。


カテゴリー

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧