1 2 3 4 5 6 7 8

What's New

「メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-」を開催します
2016年12月27日

ポスター用.jpg


 大阪市立自然史博物館は、大阪南港・ATCホールにて平成29年7月25日(火)から9月3日(日)まで、「メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-」を開催します。

 地球で生命が誕生してから40億年。地球上で誕生した様々な生物たちは、それぞれの時代、それぞれの環境の中で、生き残るために多様な進化を遂げてきました。本展ではその中でも、恐竜やクジラなど「巨大化」という戦略を選択した生き物たちを多数展示、その姿や進化のメカニズムなどを紹介します。

 数十メートルもの巨大な体から伸びる非常に長い首、そしてその先にある小さな頭-。それが陸上で最も大きな体を獲得した動物である恐竜<竜脚類>の特徴です。竜脚類は体を巨大に進化させただけではなく、三畳紀後期から白亜紀末までの約1億6千万年にも渡る非常に長い間、ほぼすべての大陸で生息していました。そのため、竜脚類は最も成功した恐竜のひとつであるといえます。ではなぜ、竜脚類はそれほどまでに大きくなれたのでしょうか?なぜ、我々ヒトや他の動物はそこまで大きくならなかったのでしょうか?
 会場では、関西初公開となるスペインで発見されたヨーロッパ最大の竜脚類「トゥリアサウルス」の復元骨格をはじめ、多数の標本を一堂に展示。「なぜ、竜脚類は大きくなることができたのか?」を主テーマにその最新学説を紹介、<巨大化の謎>にせまります。

■名  称  メガ恐竜展2017-巨大化の謎にせまる-

■会  期  平成29年7月25日(火曜日)~9月3日(日曜日) 会期中無休

■開館時間  午前9時30分~午後4時30分(入場は午後4時まで)

■会  場  大阪南港・ATCホール 〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10

■主  催  大阪市立自然史博物館、読売新聞社、テレビ大阪、ATC


※展示内容、料金、その他詳細については、決まり次第お知らせいたします。


■主な展示
メガ恐竜展プレスリリース_主な展示_1.jpg
メガ恐竜展プレスリリース_主な展示_2.jpg

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧