What's New

5月5日までの行事中止および実施方法の変更について(オンライン実施を除く)
2021年04月07日

 大阪府「赤信号」かつ「医療非常事態宣言」が発出となり、
8日から大阪府府域全域における不要不急の外出・移動の自粛要請が出ています。
大阪府ホームページ→http://www.pref.osaka.lg.jp/kikaku_keikaku/sarscov2/44kaigi.html

 大阪市立自然史博物館では、このような状況下で、
府県をまたぐ参加者が多数発生する観察会などのイベントの実施が困難と判断し、
大阪府「赤信号」が解除されるまでの間、野外行事および館内での対面でのギャラリートーク、講演会、ワークショップの実施を見合わせることにいたします。

 楽しみにしていただいた多くの方にお詫びいたします。

 常設展示および4月24日から予定しています特別展「大阪アンダーグラウンド」は密を避けて観覧いただくことが可能と考え、当面は開館を続ける予定です。
 ただし、無理をせず、体調が悪い場合には来館をお控えください。

 対面で実施できないギャラリートークや講演会はオンラインでの配信を行っていきますので、そちらをお楽しみください。

 子どもワークショップも自分で展示を見て回るワークシートと動画でお楽しみいただく手法や動画配信でお楽しみいただくなど、代替の実施を検討しています。
また、各学芸員も行事の内容などをSNSやホームページで自然観察のヒントなどを配信していく予定です。

 引き続き博物館ホームページやSNSをお楽しみください。

●中止する行事
・4月17日(土)ビオトープの日(4月)
・4月17日(土)鳥類フィールドセミナー 
・4月18日(日)やさしい自然かんさつ会「レンゲ畑のいきもの」
・4月18日(日)友の会行事「春の淀川河川敷」
・4月24日(土)長居植物園案内・動物編「はじめてのバードウォッチング」
・4月24日(土)5月1日(土)友の会行事「友の会の夕べ」
・5月1日(土)長居植物園案内(5月)
・5月4日(火・祝)テーマ別自然観察会「川の地形と堆積物」
ーーーーーーーーーーーーーー

●そのほかの行事について

・4月11日(日)室内実習「鳥の調査の勉強会」 ※オンライン実施にするか現在、調整中。

・4月24日(土)25日(日)子どもワークショップ(4月)「じめんの したの いきもの」 ※ワークシートを持ち、ご自分のペースで展示を見てもらうような形で実施予定。

・4月25日(日)特別展普及講演会 「ちきゅう」で探る地球のなぞ-海底下に暮らす生命の話- ※YouTubeを使った配信のみになります。

・オンラインの行事は予定通り実施します。

点字の見学ガイドを作成しました
2021年04月07日

大阪市立自然史博物館では、視覚障がいをお持ちの方の展示見学をサポートするための「大阪市立自然史博物館 見学ガイド」を作成いたしました。
  
DSCN3697.JPG

博物館の展示の概要とさわれる展示の紹介、バリアフリー情報が掲載されています。点字のものと墨字のものがあります。必要とされる方には、点字版については貸し出し、墨字版については差し上げることが可能です。
必要とされる方は、自然史博物館本館入り口の受付でお声がけください。
 
また、墨字版のpdfファイルを、自然史博物館webサイト最上部の「読上用テキスト版利用案内」、または「ご利用案内」の「設備・福祉設備のご案内」の「目の不自由な方のために」、または下記URLからダウンロードできるようにしました。来館前の情報収集に、ご活用ください。

ダウンロードURL:http://www.mus-nh.city.osaka.jp/1attention/sumiji2021.pdf

4月1日からの入館について
2021年03月31日

4月1日から、長居植物園正門が開きます。
大阪市立自然史博物館へも正門を通って入館いただけます。
また、これまで通り、花と緑と自然の情報センター内の改札からも入館いただけます。

春の気持ちのよい季節、みなさまのご来館をお待ちしております。

メールサーバメンテナンスのお知らせ(順延となりました)
2021年03月26日

自然史博物館ではメールサーバーメンテナンスを行います。当初予定では3月26日14時から数時間の予定でしたが、今後年度末頃に断続的に行われる見込みです。。行事のお申込みもそれに伴い確認メールの発信・受領に障害が出る可能性があります。
ご不便をおかけしますがご了承ください。
なお、メールなどのご連絡でお返事が来ないなどの場合には博物館までお電話などでお問合せください。
大阪市立自然史博物館
代表番号 06-6697-6221

「Osaka Museums Card」(おおさかミュージアムズカード)の配布について
2021年03月12日

museumscard1.jpeg

常設展の改修工事が終わり、3月13日(土)から再開館いたします。

これにともない、「Osaka Museums Card」(おおさかミュージアムズカード)の配布場所も変更します。
カードになっている展示の前にカードを設置しているので、館内の地図を見ながら展示を探し、カードを集めます。
カードの場所を示した地図は、本館受付で配布しています。子ども達も大人の方も挑戦できますので、ご希望の方は、スタッフにお申し付けください。
※カードは、お一人様各種1枚ずつお取りください。
※なくなり次第終了です。

museumscard2.jpeg

「Osaka Museums Card」(おおさかミュージアムズカード)…
大阪市内の博物館・美術館の展示物や標本がカードになりました。裏面には、学芸員による解説もついています。大阪市内のミュージアムを巡って、カードを集めましょう。参加施設や配布方法は、チラシや大阪市博物館機構のホームページ(https://ocm.osaka/education/6163/)でご確認ください。

おおさかミュージアムズカード チラシ(PDF)

本館の改修工事終了と開館のお知らせ
2021年03月12日

大阪市立自然史博物館では、令和3年1月より実施していた本館改修工事を終了し、3月13日(土)から通常通りの運営を再開いたします。

工事期間中は臨時休館により大変ご不便をおかけしました。みなさまのご理解とご協力に心より感謝申し上げます。おかげさまで、エレベーターの更新をはじめ、展示室屋上防水、第2展示室壁紙補修等の改修を行い、更なる設備機能の向上を図ることができました。

展示も一部リニューアルし、各種行事についても引き続き感染状況を考慮したサービスの提供に努めてまいります。ぜひ今後も学習や余暇に大阪市立自然史博物館をご活用ください。
 


・当館の新型コロナウイルス感染症対策はこちら
 

・ご利用案内はこちら
 

・イベント情報はこちら

【ご来館されるお客様へのご協力のお願い 】2021年3月12日
2021年03月12日

大阪市立自然史博物館は3月12日(金)に工事休館を終え、13日(土)より従来通りの営業を再開いたします。
引き続き新型コロナウイルス感染防止の取り組みをしていきますが、来館される皆様にもご理解とご協力をお願いしたくご案内いたします。


◎「緊急事態宣言」解除等に伴う行事再開について→こちら


=========


一般の来館者の方は、予約不要です。また、ご予約はできません。
 

※団体・学校団体のみなさまは事前予約が必要です→参考【令和2年度 秋の団体見学のご予約・下見について】
 
 

◆博物館では、館内の滞留人数の上限を決めています。
上限を超える場合は一時的な入場制限を行います。2020年6月の再開館以降、これまで入場制限を行ったことはございませんが、検温に伴い入館時に少しお待ちいただく場合があります。

 
◆発熱や軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方は、ご来館をお控えください。
入館時には、館内に設置したサーモグラフィー等により検温を実施しております。発熱の症状がある方は入館をお断りします。

 
◆マスクの着用、咳エチケット、手洗い、手指消毒の徹底にご協力ください。
お持ちでないお客様の入館はご遠慮いただいております。※乳幼児や心身の都合でマスクの着用が難しい方については、マスク着用は必須ではありません。

 
◆感染防止と緊急連絡のため、大阪コロナウイルス追跡システムへの登録にご協力ください。
※大阪コロナウイルス追跡システムについては、大阪府ホームページへ→こちら
※大阪府コロナウイルス追跡システムへの登録、もしくはお名前と連絡先を記入いただくシートにご記入の上、入館時に提出ください。

 
◆集団での観覧や会話はお控えください(他のお客様との間隔はできるだけ確保願います)

 
◆展示物及び展示ケース、使用を中止している機器等には、お手を触れないでください。

 
◆その他館内では、係員の指示に従ってください。


 
【大阪市立自然史博物館における感染防止への取組について】

・職員のマスク着用、出勤前の体温測定を徹底しています。

・密接防止の観点から、
 観覧券購入等の際に十分な間隔をあけて整列をしていただくようにします。
 館内の滞留者数に応じて入場の制限などをする場合があります。

・施設出入口、館内トイレにアルコール消毒液を設置しています。

・案内カウンターに飛沫防止用の透明ビニールカーテン(又はシールド)を設置しています。

・多くのお客様が触れられる箇所は、適宜アルコール消毒を行います。

・トイレのハンドドライヤーは使用を禁止しております。

・空調設備等を利用して、換気強化を行っています。


ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

【掲載情報】WEB・情報誌で大阪市立自然史博物館を取り上げていただきました
2021年03月10日

大阪市立自然史博物館は3月12日(金)まで工事休館中ですが、
WEBや情報誌など様々な媒体で当館の取材記事がご覧になれます。

博物館の基本情報だけでなく、見どころや観覧プラン、
特別展情報なども取材していただきました。

再開館後のおでかけの参考に、ぜひご活用ください。


◆掲載媒体

・WEBサイト『縁結び大学』 様「迫力いっぱい! 楽しい博物館デート」特集
記事はこちら
 

・WEBサイト『大阪スケジュール』様
記事はこちら
 

・Osaka Metro沿線情報誌『OMLETS!』様「Vol3.地元に愛される人と店。 西田辺~長居~あびこ」特集
→Osaka Metro全駅で配布

テーマ展示「世界一変な火山展」を開催します
2021年03月10日

大阪市立自然史博物館では、令和3年4月24日(土)から5月30日(日)まで、テーマ展示「世界一変な火山展」を開催します。

kazan1.jpg

 世界遺産・北海道知床にある知床硫黄山は、大量の溶融硫黄を噴出する世界的にもとても珍しい火山として知られています。1936年の噴火では10万トンを超す硫黄が噴出し、海岸まで大量の硫黄が流れ込みました。
 当館外来研究員の山本睦徳(やまもとむつのり)さんは、この知床硫黄山の研究のほとんどを1人で行い、その地質や硫黄噴火メカニズムを明らかにしてきました。その成果は学会や論文で発表すると共に、2018年には「世界一変な火山 知床硫黄山ひとり探査記」(サンライズ出版)として書籍にまとめられました。
 このテーマ展示では、山本さんの研究成果や1936年の噴火の資料をもとに、1936年に噴出した硫黄標本や知床硫黄山の復元模型、多くの写真や図を展示し、「世界一変な火山」の知床硫黄山の全貌を紹介します。


■開催概要
○名  称:テーマ展示「世界一変な火山展」

○会  期:令和3年4月24日(土)〜5月30日(日)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、臨時休館する可能性があります。最新情報は、当館ホームページ等でご確認ください。

○開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

○休 館 日 :月曜日(ただし5月3日は開館)、5月6日

○場  所:大阪市立自然史博物館本館2階イベントスペース

○観 覧 料 :常設展入館料(大人300円、高大生200円)
※中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1名を含む)、
大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)。30人以上の団体割引あり。


■展示内容
①知床硫黄山の全貌
知床硫黄山は北海道・知床半島にある活火山です。大量の溶融硫黄を噴出する世界的にもとても珍しい火山です。知床硫黄山の地質やその歴史から、知床硫黄山の全貌を紹介します。

②1936年硫黄噴火
知床硫黄山は1936年に噴火し、116,523トンにも及ぶ溶融硫黄を噴出しました。その硫黄はカムイワッカ川を埋め尽くし、海岸まで流れ込みました。噴火当時の資料と、現在も残る硫黄噴火の痕跡から、どのような噴火であったかを探ります。

kazan2.jpg


③硫黄噴火のメカニズム
当館外来研究員の山本睦徳さんは、地質調査、温泉・ガス分析、電気探査など様々な手法を用い、知床硫黄山の硫黄噴火のメカニズムを明らかにしました。山本さんの研究成果を中心に、「世界一変な火山」の噴火について紹介します。

kazan4_mokei.jpg

プレスリリースはこちら

子どもワークショップ・サポートスタッフ募集のお知らせ
2021年03月10日

 大阪市立自然史博物館では、子どもや親子連れのみなさんに展示を楽しんでもらう「子どもワークショップ」などを実施しています。スタッフや学芸員と一緒に、これらの運営補佐をして頂く学生ボランティア「子どもワークショップ・サポートスタッフ」を募集します。1年間の活動の最後(3月)には、みなさん自身がワークショップを企画・実施する「はくぶつかん こどもまつり」も行います。博物館での展示活用教育や子ども向けプログラムに関心のある方は、ぜひチャレンジしてください!

 対象:18歳以上の学生の方で、週末に行われるプログラムに2ヶ月に1回程度参加できる方。
 期間:2021年7月から2022年3月まで(年間登録制)
 募集人数:15~20名程度
 応募方法:往復はがきまたはメール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp)に「ワークショップ・サポートスタッフ応募」と明記して、住所・氏名・学校名・新年度の学年・電話番号・メールアドレス・(博物館に行く際に使う)自宅最寄り駅を書いて5月23日(日)までに届くように博物館普及係あてに申し込んで下さい。なお、初回研修を兼ねた説明会を6月6日(日)午前10時~午後4時に行います(本登録するかしないかはこの日に決めることができます)。希望者は必ず参加して下さい。また、1回目の活動は7月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(土)(選択可)を予定しています。※初回研修(説明会)の詳細は返信でお知らせします。
 その他:サポートスタッフとしての参加には規定の交通費を支給します。
 問合せ:動物研究室・石田

■見学会:サポートスタッフが企画したワークショップを見学してみませんか。当日は活動についてのご質問も受付けます。活動に興味をお持ちの方は、お気軽にお申し込み下さい。
 見学できるプログラム 『はくぶつかん こどもまつり』
 見学・質問対応日時:3月28日(日)午後2時~3時  
 申込み:3月26日(金)午後5時までに学校名・新年度の学年・お名前を書いてメール(gyouji@mus-nh.city.osaka.jp)でお申し込みください。詳細は返信でお知らせします。
 問合せ:動物研究室・石田

月別アーカイブ


月別アーカイブ一覧